2022.05.11

芸能人の自殺の報に触れて思うこと

2022年5月現在、芸能人の自殺が続いています。
相手が芸能人で会ったこともない人でも「自殺」の報を聞くといつもちょっと混乱します。
気持ちの整理のために今日のブログは書いてみたいと思います。

明日、5月12日はかつて東北で私の同僚だった女性が亡くなった日です。
GW空けのタイミングで本当に驚きました。
まるでそんな気配はなかったので…

最近の芸能人の自殺もどの方も「まさか」って感じですよね。
自ら死を選ぶほどに何に悩んでいたのか周りは誰も分からない。

全ての自殺がそうとは限らず、子供のいじめによる自殺などは、苦しんでいたのを分かっていたのに周りが関わりたくなくて放置した結果だったりします。
大人の自殺は原因が分からないことが多い。
本人も周囲に悩んでいることを言わないし、言えるくらいなら自殺しないでしょうし。
子供のように逃げる手段や方法を知らないわけでもないはず。
だから余計に周りは混乱してしまいます。

同僚が亡くなるもっとずっと前に、私の母の弟の妻、私から見ると叔母が自殺しました。
叔母は病気で入院していて、病院を抜け出して飛び降りたという経緯だったので、自殺の原因は病気だと当時子供だった私は思っていましたが、本当のところは分かりません。
優しくて素敵な叔母でした。治せない病気でもないはずだったのになぜ…
叔母が死ぬほど苦しんでいたのに気づかなかった自分にショックを受けました。
自分がもっと何かできなかったのかと。

私の実母はずいぶん前に病死していますが、その前からずっと病気がちで鬱状態になることがしばしばありました。
その度に「死にたい」と言っていたので、最後の病死の原因は癌でしたが、やっと苦しかった生涯を終えることができて本人はほっとしたんじゃないかとも思ったりしました。

自分もこの年になると、こんなふうに身近に亡くなる人が徐々に増えてきます。
友人、知人の親御さんの訃報を聞くことも多くなりました。

自殺の知らせはショックですが、人間はやっぱりいつかは皆、死ぬんだな、と思うしかないような。
もちろん、自分も含めて。

子供の頃は、母が死んだら自分も死ぬんだと思っていました。
でもいざ実際に母が亡くなったら、上記のように意外と「やり尽くした」感しかなくて、喪失感もまるでなく母の存在は自分に受け継がれているからいなくなった感じがしませんでした。
今も、です。
夢にはよく当たり前のように母が出てきます。

以前から何となく思っていることなんですが、自分もいつかは死ぬので先に逝った人達ともまた死んだ後に会えるだろうという気がしてなりません。
だからあんまり悲しくない…なんて書くと冷たい人に見られるかな。

自殺された方を「なぜ、どうして」と責めたくはない。

気づけなかった自分を責めても相手が生き返ってくるわけじゃない。

だったら「いつか私もそっちにいくからその時にまた会おうね」と思っていた方がいいんじゃないかな…いつかまた…きっとね。

| | Comments (0)

2022.04.17

父が肺がんになった2

 4月11日から予定どおり、父は入院し、抗がん剤による治療が始まりました。

 抗がん剤の投与は、入院せずとも日帰りで受けられるみたいなのですが、今回は初治療ということもあってとりあえず3日間の入院…の予定だったんですが。

 11日、12日、13日と入院し、14日には退院したんだろうと思って、15日に実家に電話したら、まだ退院してなくて入院しているとのこと。実家にいる義理の母には、父本人から電話が入っているらしいですが、いつ退院できるのかなどスケジュールがはっきりしていないようです。 

(初めて当ブログにいらした方のために書いておくと、私の実母はかなり前に病死していて父はその後、再婚しているので義理の母ということになりますが、実母が亡くなったのも再婚したのも私が成人して家を出てからの話。普通に付き合っております。)

 入退院のスケジュールがはっきりしない…それって普通なのかなー。家族にしてみると気が気じゃないんですけどねぇ。

 最初聞いたときは、抗がん剤の副作用が思ったよりも強く出て状態が悪いとかそういうことなのかと思って心配してしまったのですが、そうではなく、単に抗がん剤治療の後にまたいろいろ病院で検査をしていて、そのせいで入院が長引いているとか。

 それにしたって土日は治療や検査は休みなのだろうから金曜には退院するんだろうと思っていたら、結局、病院スタッフからは何も言われなかったとのことで、月曜日にも何やら検査があるらしく、土日も入院しっぱはなしでした。

 そんなアバウトなの?

 病院のベッドって次の入院患者の予定が詰まっていて、急病のような人はともかく父みたいなケースは居座られると次の人が入院できないから、とっとと帰されるのかと思っていたのに。

 それともやっぱり、思ったより症状が深刻だとかなのかな~

 …っていろいろ考えちゃうじゃないですかねぇ。

 まあでもこうやって書くほど、気をもんでいるわけでは私はありません。

 私は昨日が新型コロナウィルスの3回目接種だったので、かかりつけの病院で接種を受けた後、副反応が出ない内にと昨日は会員になっているスポーツクラブでいつものように筋トレを有酸素運動をして、その後、熱が出たときのためにいろいろ買い物をしてから帰宅。

 今日はずっと家にいますが発熱はなく、用意しておいた解熱剤の出番は今回もなさそうです。

 そうして日々は巡っていく…

 退院したら父から電話くれるそうです。

| | Comments (0)

2022.04.06

BLOGOSサービス終了

「BLOGOS」というサイトが5月末で無くなるそうです。すでに3月末で更新もストップされたとか。

私もこうしてずっとココログで「ブログ」をやっているんですが、これまでもこれからも、ネット空間に綴った言葉はここに蓄積され、遠い未来まで残り続けるものだという幻想を抱いていました。
でもどうもそうじゃないみたい。
全てのネットサービスにはいつかは終わりが来る。それはもしかすると私自身の寿命よりも短いかもしれない。
亡くなった方のフェイスブックやブログがそのまま残されていて、たくさんのコメントがあるなんてことを以前,聞きました。
私もそうなるだろうな、そうだったらいいなと思いながらこのブログを綴ってきたのになぁ…

思えばココログを始める前、私が最初にインターネットを始めた際によく使用していたサービスはYahooの「掲示板」でした。
その掲示板ももうだいぶ前になくなっちゃったものな。

ココログもniftyも時代の潮流にさらされ続けていますが、今のところこのブログは始めた頃の記事もそのまま残っています。

BLOGOS終了にちなんで掲載された記事を読んでいて少しドキッとしました。

「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来
https://blogos.com/article/581502/

…全てが今しかなくて今が過ぎれば何も残らないSNSっていうのは人の生、そのものですよね。
私達の大多数は死んだら何も残らない。
だから、私は文字で日々思うことや考えたことを綴っていました。
紙で残した日記は誰にも読まれず捨てられてしまうだろうけど、ネットに残した言葉はずっと残って、たとえば誰かがたとえば10年後、20年後に何か興味を持ったことを検索したときに、私のブログがヒットして私の感想だったり、思いだったりが共有されるんじゃないかと。
それが私の、ブログを続ける意味だったのになぁ。

もしかすると検索するのは人ではなく、人が滅びた後のAIかもしれないと考えたこともあります。
AIが人類を総括するときに「人」のデータの一つに私のブログもなるといいな、なんて。

そう思っていたのに、ある日突然、ココログのサービスが終了、なんてこともあり得る話。
結局、ネットの世界になっても人の思いや命は儚く、いやネットの世界の方が逆に一つ一つの情報の寿命は短いということなのかも。
そう考えるとちょっとさみしくなってしまいます。

私の言葉や思いは誰かに届いたのだろうか? 誰にも届かずにただ消えていくだけなんだろうか。

それも私の選んだ人生、ですけれどね…

| | Comments (0)

2022.04.03

父が肺がんになった

 長生きも半世紀に及ぶと、過去に何があったか検索する時にブログほど便利なものはありません。

 以前、父は胃がんをやってるわけですが、そのときの記事がこちら

 5年前か。そんなに大昔でもないですが何年前かと言われると正確には思い出せなかったのでブログに書いておいてよかったです。

 ということで今回のタイトルどおり、肺がんについても当ブログに綴っておきたいと思います。

 それと「父が肺がんになった」という話って語る相手を選ぶしなぁ。友達にもなかなか話しづらい。でも自分で日記にただ書くだけでは物足りない。こういうときにブログって最適です。

 健康診断に行ったら肺に影があるということで、調べてみたら肺がんだったと父から電話があったのは先月の話。

 父は昭和15年生まれの81歳なので、がんと聞いてもそんなに驚きはありません。話によると胃がんからの転移というわけではなく、今回、肺に新たにがんが発生したようです。

 自覚症状はないし、モノとしては小さいので初期かと思っていたら、がんセンターでの詳細な検査結果が先日正式に通告されたところによれば、リンパ節にも転移のある進行の早いちょっと質の悪いガンのようです。こう書くと胃がんのときも、確か「初期かと思ったら意外と質が悪かった」ので共通しているなぁ。

 最初に話を聞いたときもネットで少し検索したんですが「肺がん」って他のがんに比べて種類もいろいろで複雑。父のは「小細胞がん」というもので、ネットで「小細胞がん」で検索すると「平均余命は2年から2年半」なんて書いてある(汗)。まあガンの余命なんて人それぞれであくまでも「平均」ですけどねぇ。

 治療としては手術はせず抗がん剤投与となるという話があり、放射線治療の話は全く出てこなかったので、父の場合はおそらく「小細胞がん・進展型」と思われます。(参考記事

 進行が早く、どんどん増殖する…これは抗がん剤が効きやすいということでもあるようで。抗がん剤の投与でガンが小さくなったり消えたりする例もあるのだとか。まあ、こういうのも人によるよなぁ。

 小細胞がんは喫煙とのかかわりが強いらしく、父も今でこそやめていますがかなりのヘビースモーカーだったので、まあ肺がんはやむを得ないかな。胃がんになったのも喫煙が原因だったみたいだし、そういった意味ではそれでも80過ぎまで元気ということが逆にすごいと言えるのかもしれません。

 抗がん剤治療は4月11日から始まるようですが、噂に聞くように副作用は当然出そうなので、しばらくはその治療の様子見です。

 今、特に症状もないのに抗がん剤で副作用が出るってのはもし自分だったら憂鬱な話ですが、「効きやすく」「小さくなったり消えたりする可能性がある」と聞くと、近藤誠信者の私でもダメ元でやっぱり「治療してみようか」とは思っちゃうわね。

 それにほっとくと肺がんはけっこう末期がきついみたいだしなぁ…緩和ケアを受けるためにもやっぱり病院のお世話にならないわけにはいきません。

 人間、いつ何があるか分からないとは分かっていますが、こうなるとこの2年のコロナ禍はちょっと悔やまれますね。80歳記念に父と海外旅行にいきたいなんて話していたのに叶わないかも。

 私にとってはたかが2年ですが、全国の小学生、中学生、高校生、大学生達にとってはコロナ禍前と比べて、修学旅行に行けなかったり、部活動が思うようにできなかったりしたコロナ禍の2年が、高齢者にとっても切実なんだということを実感してしまいました。

 もちろん、志村けんさんや岡江久美子さんのように直接的に新型コロナウィルスによって亡くなられた方もいらっしゃるわけだし、多くの人の運命を変えた2年ではあったわけです。

 「あった」なんて過去形にしていますが、すでに感染第7波が始まっているという報道も始まっていて。

 私自身のこの2年は長い人生のたかが2年ではあるのですけど、これからの2年も悔いのないように父の治療を応援して行こう。

 とりあえず来週ちょっと顔見てくるかなぁ。お彼岸には一緒に母の墓参りに行ったんですけどね。普段、用があるときしかいかないのに用もないのに顔出したらびっくりさせちゃうかな。父に会うのための口実に悩むことが出てくるなんて自分でも意外です。

| | Comments (0)

2022.03.27

新型コロナウィルスによる感染状況の記録55 他、近況

 3月21日で新型コロナウィルスの感染防止対策としてのまん延防止重点措置が全ての地域で解除されました。

 オミクロン株という変異種によるものと思われる感染者が爆発的に増えて、一時期は国内でも1日の感染者数が10万人と越える過去最大の感染者を出していましたが、徐々に落ち着き3月26日の新規感染者数は47338人。まだ少ないとは言えない数字ですが、病床ひっ迫は解消されているのかな。ただ東京都の今日の新規感染者数は先週よりも仙人以上増えているとの報道もあったし、沖縄では過去最大となっているようですし、なかなかまだまだ安心とは言えない感じ。

 でも…新型コロナよりももっと深刻な問題が発生してしまい、報道もそれどころじゃなくなっています。

 北京五輪が閉幕した直後、2月24日にロシアがウクライナに侵攻しました。

 当初、ウクライナの首都、キエフの陥落まで1週間かからないだろうと言われていましたが、3月27日現在、まだ首都陥落には至っておらず、停戦協議も行われてはいるもののなかなか進展せず、戦争状態が続いています。連日、ウクライナの各都市がロシアの攻撃にさらされて、多くのウクライナの人々が国外への避難を余儀なくされ、一方、男性は国内に残りロシアとの戦闘を継続している様子。

 ロシアの一方的な侵略にさらされているウクライナに対し、西側諸国と言われるヨーロッパやアメリカは、ロシアとの全面戦争となるのを恐れ、今のところ表立っての軍事支援はできていません。ロシア側は核兵器の使用もちらつかせ、他国の介入をけん制しています。

 …こんなことって…

 私、もう人類は第二次世界大戦で凝りて、人間同士で争うのはバカバカしいと悟ったんだと思っていました。イラン・イラク戦争や湾岸戦争、9.11などももちろんありましたけど、それらはごく一部の地域でのもので、まさか大国ロシアが世界中から非難されることを承知の上で、ウクライナを侵略するなんて。

 米ソの冷戦だってすっかり過去の物となっていたはずなのに、何てことだろう。

 平和が一番だと人類は等しく悟ったんじゃなかったのか。世界はグローバル化したんじゃなかったのか。

 この戦争が世界中に与えた衝撃って多分、新型コロナ禍に匹敵するんじゃないかと思います。人類はこれからどうなっちゃうんだろう。

 とりあえずまだ核兵器は使われていませんが、何が起こってもおかしくない。2022年で世界が終わってしまうことにならないように祈ります。

| | Comments (0)

2022.01.27

poem(126)

※2022年、元旦、今年の年賀状に書いた詩です。

 

この辛く苦しい上り坂の向こうには

一体何があるんだろう

あの頂まで登ったらさらにその向こうに

もっと険しい道が見えるのか

それとも

見たことのない景色が広がってる?

未来はいつも見えないけれど

この朝の光の中を

今日も貴方と歩いていく

 

 

| | Comments (0)

2022.01.22

新型コロナウィルスの感染状況に関する記録54

 感染者が急激に増えていてもう検査も意味なくなってきているけれど、おそらくオミクロン株と思われる新規感染者数が全国で急増し、まん延防止重点措置が1月21日から16都県を対象地域として発動しました(東京、埼玉、千葉、群馬、神奈川、新潟、愛知、岐阜、三重、香川、熊本、宮崎、長崎、広島、山口、沖縄)。

 でもテレビ報道など見ていても非常に混乱しています。

 何をするべきで、何はしなくてもいいのか…ステイホームはしなくていいらしいですが、大勢で宴会とかはしちゃだめだし、まん延防止重点措置の対象地域では、また飲食店が8時とか9時に閉まってしまうようになりました。仕事で帰りが遅くなると、またコンビニだわ…

 てか、飲み会はずっとしてないし、友達と遊びにもいかなくなってるし、結局、感染者が減ってた時期も、増えている今も私自身はやってることは同じ。マスクもずっとしているし。もともと鼻炎持ちで、花粉症もあるため、くしゃみや鼻水でティッシュの使用量は増えているけど、これが実はオミクロンだったとしても分からない。

 結局のところ、みんなそうなんじゃないだろうか。感染力が強いけれど、症状は比較的軽症で、肺炎などで重篤になることは少ないと言われるオミクロン。もちろん、風邪だって人によっては命に関わるわけだから感染していいわけじゃないけれど、もうなんとなく感染者が増えたからって、まん延防止重点措置を発動してステイホームだ、人流抑制だというのは意味がない気がする。

 でも何もしないで感染者が増えていくのを放置するわけにもいかないから、一応、まん延防止重点措置出してみました…くらいな感じじゃないのかな…

 そうなると、感染者やその濃厚接触者の隔離措置や、経過観察なども必要なの?って思うよね。必要だ、やらなければ、となっているから保健所もとても追いつかないし、入院できなくて自宅待機の人に食料やパルスオキシメーターを送らなくちゃいけなかったりして、現場はひっ迫している。3日くらいで治るのに、その後もずっと自宅待機だから大変なわけで。一方で、無症状で気が付かなくて、普通に生活している人がきっとたくさんいて、そこから感染が拡がっているとすると、もう感染が分かった人だけ自宅待機にする意味がないんじゃないだろうか。

 と、素人の私でも思うので、実はみんなそう思っているのに、そう言っちゃうとこれからもっと感染が拡大していったときに責任問題になるのが怖くて誰も何も言えず、どっちつかずで結局はあまり意味のない「まん延防止措置」だけが一人歩きしているような。

 いや、分かんない。それが必要な地域もあるのかもしれない。結局、誰にも何も分からない。だから意味があるのかないのか分からないけど、とにかくやれることをやってるんだよね。

 なんかなぁ。

 このコロナ騒動が過去のものになったときに、当時がこんなにドタバタしていたことは未来に向けて何かの教訓になるんだろうか。

 未知のウィルス、未知の病が発生したら、人類って結局こんなふうに対応するしかないんだろうか。

 一つだけ言えるのは…トンガの噴火もそうだけど、自然災害も何もかも過去になかったからって「あり得ない」ことなんかない時代になってしまっているということ。

 私自身は今はトンガの噴火がやっぱり心配です。トンガでの海底火山の大噴火は2022年1月15日、日本時間で13時10分頃に発生。日本でも空震によるものと思われる潮位の上昇がありました。小型船舶の転覆などはあったみたいですが、それ以外の被害は報道されていません。

 でもトンガは多分それどころじゃない。海底ケーブルが切断されてしまったせいで情報が全然入ってこないけどまさに前代未聞の大噴火。これがトンガじゃなくて日本列島で起こることだって十分あり得る。関東地方が丸ごと吹っ飛ぶような噴火が。

 そして、今後気象にも影響があるのかも。

 本当に何があってもおかしくない。でも、結局、私達はこの世界で、これまでの経験では予測できない何かが起こり、世界が変わっていっていることを予感しながらも、少ない経験値でそれ以上のことは起こらないことを信じながら毎日を生きていくしかないんだよなぁ。

 そういう不安をみんなが感じている。それが人々の心と身体にもたらす影響も小さくなさそうで心配です。

| | Comments (0)

2022.01.12

新型コロナウィルスの感染状況に関する記録53

 ついにオミクロン株による第6波が始まってしまいました。12日の新規感染者数は全国で13000人超。

 ワクチン打ってても、感染するらしいです。

 でも風邪と同じような症状が出て3日くらいで治ってしまう症例が多いみたい。

 それじゃ感染してても分からないよなぁ。

 私だって寒いとくしゃみや鼻水は普通にあるし…

 肺炎や発熱を伴わないのであれば、感染者が増えても、過去の感染拡大期と同じような医療ひっ迫は避けられるんじゃないだろうか。

 症状が軽くて収まることがワクチンの効果なのかもしれない。ワクチン打っても感染しないわけじゃないけど、軽く済むんだったらワクチン接種しといてよかったってことよね。

 あまり大騒ぎせず、様子見でよいでしょう。

 もちろんマスクはして、ね。

 

 

| | Comments (0)

2022.01.01

あけましておめでとうございます

2021年から2022年への年越しは久々に、自分の住まいで過ごしました。

一人暮らしをするようになってしばらくは、年越しは実家に帰って親としていたんですが、そもそも近年は実家に泊まりで行くこと自体がなくなりまして…

そうなると、正月に一人でただ家にいるのってなんとなく寂しいんですよね。

なので、最近は31日から元旦にかけては旅行にいくことが多かったです。初日の出バスツアーとか、初日の出クルーズとか。

去年はコロナ禍でさすがにクルーズはできませんでしたが、代わりに都内のホテルに一泊しました。

元旦は墨田川まで散歩に出かけ、勝どき橋から写真を撮ったりしました。

特に何か都内に用があるわけでもないのですが、チェックアウトの後、銀座をぶらぶらしながら家に帰ってきて…そういうのも新鮮な体験でよかったです。

今年もそうしようかと考えてはいたのですが、今年の年末年始はあまり休みが長くないので、家で過ごすことにしてしまいました。

元旦に作るお雑煮の材料を買い集め、煮しめの代わりに肉じゃがを作り…

家で過ごすのもたまには悪くないわね。

2022年。コロナはまだまだ落ち着かず、もうすでに日本は人口減少の時代に入り、下り坂に入りつつあるように思います。

私は人生の折り返しは過ぎているので、日本が本当に人口が少なくなり、労働力も減り、地方から共同体が立ち行かなくなっていく時代まではいないと思うのですが、そうなったらなったでその時代の幸福というのはあるはずなので、あまり自分がいなくなった後の世界の心配はしていません。

ただ…自分は未来のために何ができたかなぁ。いや、何ができるかなぁ。

ずっと子供の頃から「ポーの一族」やら「火の鳥」やらを読んで育ったので、自分がこの世界から消えた後に続いていく人類の未来、みたいなものに、つい思いを馳せてしまうんですよね。「銀河鉄道999」もですが「永遠の命」をフィクションではなく、そういうものが本当に世界に存在すると刷り込まれてきたので、自分が死んでしまう何十年後とかがあまり想像できなくて。

ただ、こうやって考えるってことは、そろそろ私も年貢の納め時なんだろうなぁ。

半アンドロイド化したり、意識をコンピュータに記憶させたりして、半永久的に生きられるように人類がなるにはまだちょっと早くて、私には残念ながら間に合いません。

「死ぬことが普通だった時代」に生きたことは、もしかしたら人としては幸福なのかもしれないけれど。

でも、正直な話、もうちょっと先まで人類の行く末を見届けたい。

そのためには、少なくとも直近の数十年をしっかり生きられるように、今年もがんばっていきたいと思います。

当ブログも更新が少なくなってはしまいましたが、今年も書いていきますのでどうぞよろしく。

| | Comments (0)

2021.12.31

新型コロナウィルスの感染状況に関する記録52

 前回の「記録51」から約1ヶ月。

 まだ日本の感染状況は落ち着いていますが海外ではすでに「オミクロン株」の感染が拡大しています。

 フランスでも12月30日に感染者が1日20万人と過去最多となり、アメリカやデンマークでも同じく過去最多と報道されています。

 日本でもジワジワと感染者数が増えていて、東京では今日は新規感染者数78人という発表がありました。

 ワクチンの3回目接種も始まっています。

 まだまだ終わりにはならないまま、2022年を迎えます。

| | Comments (0)

«プレバトのファンです2