2021.05.08

新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録40

 4月25日から東京、大阪、兵庫、京都の4都府県に出されていた3回目の緊急事態宣言は、5月11日が期限でしたが、5月31日までの延長が決定しました。5月12日からは新たに愛知、福岡が追加されます。

 埼玉県は「まん延防止重点措置地域」でさいたま市と川口市が指定されていましたが、さらにその周辺の川越市、所沢市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市及び三芳町も追加になりました。

 指定された地域では、飲食店の営業の時短要請が行われています。でも私も含めた一般人にとってはあまり、指定地域であっても、それ以外であってもそんな変わらないのよね。県のホームページによると

・飲酒はやめて

・食事のときもマスク

・県境をまたぐ移動の自粛

・不要不急の外出の自粛

などが指定地域内外問わず呼び掛けられているようなんですが、あまり実感ないかも。

言われなくてもマスクは当然として、人混みは怖いし、飲酒はもともとしないしなー。「生活や健康の維持のために必要」なら外出はしてもいいわけだし。

 東京都でも、大阪府でも今日の新規感染者数は1000人を越えていて、やはりまだ第4波のピークは越えていない感じです。

 世界ではインドの新規感染が爆発的に増えていて危機的な状況。一方、アメリカはワクチン普及で外出できるようになったみたいです。日本は高齢者へのワクチン接種が始まっていますが、まだまだこれからなんだよなぁ。オリンピックに間に合うのかしら。

 

| | Comments (0)

2021.04.29

新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録39(追記)

4月29日、今日の東京都の感染者数が1000人を越えてしまいました。

大阪では1172人。

まだまだ第4派のピークは越えられないようです。どこまで増えるんだろう。

医療現場がホント、心配です。

できるのは、自分はしっかり感染予防して病院のお世話にならないようにすることだけ。

去年も同じこと言ってた気はするけど、感染者数が比較にならないほど今年の方が多い。

その内、無症状の人はともかく、病院の治療を受けないと命にかかわるような人はどれだけ増えているんだろうか。

志村さんや岡江さんのように亡くなってしまう方がもうこれ以上出ませんように。

| | Comments (0)

新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録39

 4月28日の日本全国の感染者数は、Yahooの「新型コロナウィルス感染症まとめ」ページの情報によると5789人。

 東京が925人、大阪が1260人、埼玉224人、神奈川257人、千葉144人。

 あと気になるところで、福岡440人、北海道217人。宮城は42人でだいぶ減ってきていますね。

 いや、新規感染者数の数字にばかり注目するな、と言われますが、やっぱり毎日、気になります。東京が1000になってしまいそうですし、大阪の数字はなかなか減らないし。

 今日からゴールデンウィークですが、一人一人が感染予防に気を付ける生活は、これまでと何ら変わりません。

 ただ、私自身の感覚としていえば、昨年は何がダメで何がよいのか分からなくて、とにかく家に閉じこもっていて、買い物だけ空いてそうな時間にささっとしていたような気がします。

 そうだ、こういうときのために日記つけてるんだっけ。

 ちょっと昨年の記述を見てみたら、テレワーク生活が始まって、自炊も増えて、YOUTUBE見たりしてけっこう楽しそうに過ごしていました。

 今年は、というと、この4月からスポーツジムに新しく入会し、通い始めました。意外に続いてて今月はもう11回も行けました。スポーツジムは昨年、一度クラスターが出て、しばらく足が遠のいていたのですが、家に閉じこもってばかりじゃどうしようもないので、会費が安くて24時間営業のところの会員に。行き始めたらけっこう楽しいです。

 ジムでトレーニングするときもマスクしたままですし、他の会員さんも黙々と自分のトレーニングをしていて、おしゃべりしている人はほとんどいない。マシンなどのトレーニング機器は使い終わったら自分でアルコール消毒。このジムはロッカーが狭く、着替えのスペースは個室なので、そこでもしゃべってる人や長居する人は全くいません。女性よりも男性が多いのもあるかなー。

 以前、行ってたスポーツクラブはプールやジャグジーがあって、プールはさすがにマスクできないでしょうから、私は新型コロナのことがあってから行っていないけど、今、どうなってるんだろう。

 そんなわけで、連休もジム三昧になりそうです。

 親も含めて今のところ、身近に感染者は出ておらず、それにもほっとしています。

 ただ気を付けてたって感染するときはしちゃうのでしょうし、感染した人は気を付けてなかったから悪い、みたいな風潮には注意したいですね…。

| | Comments (0)

2021.04.26

新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録38

 2020年の年末から2021年の年明けにかけての感染者の激増を受けて2回目の緊急事態宣言が発出されていた間、しばしば考えていたのは、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の1都3県ではもう飲み屋も飲食店もやっていけないから店を閉めるしかなくて、でも、それ以外の対象ではない地域では、普通に経済活動できるのだから、チェーン店のようにいろんな地域で展開している店は、1都3県以外でしっかり営業して、経済をまわしてもらうしかないんじゃないか、ということでした。

 2回目の緊急事態宣言は当初、1ヶ月だったけど、それがもう一ヶ月延長されて、その内、感染者も減らなくなるし、このままじゃどうしようもないんじゃないか…という感じになってきた時には、もう、1都3県は諦めて、それ以外の地域でもうGotoもやってがんばってよ、とも思っていました。

 そういう個人的な思いと世間の動きが必ずしも一致しているわけじゃないのですけど、結果、先行して解除された大阪や仙台で一気に感染者が増えてしまったことを考えると、自分のところが対象じゃないからと言ってゆるんじゃだめなんだなぁという気がします。

 あまりテレビでも言われないけれど…というか、なぜ言わないのか分からないけど、昨年のこの時期と今の一番の違いは、昨年の緊急事態宣言は対象地域が「全国」だったんですよ。「全国」だとまさに他人事じゃなくて、日本人全体で「ステイホーム」だったから、まさに人流も抑えられ、その代わり経済的な打撃も相当だった気がするけど。

 「全国」で緊急事態なのと、「東京」と「大阪」で緊急事態なのとじゃ全然インパクトが違うのは当然でしょう。

 テレビ局は東京にあるからか大騒ぎですが、私は今回はまだ対象でない地域に住んでいるので、昨年とは意識はやっぱり違うな、と思います。

 なので、「東京」でいくら緊急事態であっても、隣接している県でOKだったらあまり意味ないような。私は今回の飲食店での酒類の提供禁止の効果には懐疑的ですが、もしそれをホントに抑えたいんだとしても、東京へ通勤している人は、職場の近くで飲まないで帰ってきて自宅の最寄り駅近くで飲むだけなんじゃないのかなぁ。

 それって意味あるのかな。

 個人的にもまだ対象地域になっていない段階では、今週から何か変わったかと言うと何も変わりません。なっても変わらないかもしれないけど。しばらく東京にいかないのも。

 実はちょっと心配です。東京はこれで感染者数下がるんだろうか。隣接県はこれから増えないだろうか。

| | Comments (0)

2021.04.23

新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録37

 ついに、3度目の緊急事態宣言が発出される雲行きです。

 大阪の新規感染者数が連日1000人越えで、一向に山を越える気配がなく、東京都も今日は759人。大阪ではすでに医療崩壊していて、感染して症状が重い方もベッドの空きがなく自宅にいる人が増えているようです。中にはそのまま亡くなる方もいるようでまさに「非常事態」。

 いや、外での酒盛りが悪いとか飲食店の営業時間短縮とかやってる場合ではなく、今、まさに感染して苦しむ人をなんとか救う方が先では?   

 テレビでは外で騒ぐ人ばかりを映し、時短要請に泣く飲食店を映しますけどね…

 私個人は、もうずっと旅行にも行ってないし、友人にも会ってないし、外食はいつも一人だし、夜はコンビニ飯だし、何も変わらないよなー。そういう人が大半で、それでも感染しちゃうのが変異種なのでは? 酒を禁止したからってホントに感染拡大を防げるの?

 なんかもう対応が訳が分からない感じになってきていて、一人の一般人としては何がよくて何がだめなのかもう分からないです。まあ今までどおりしかできないけどね。

 飲食店での酒の提供禁止は、なぜそういう発想になるのか、今一つピンときません。そもそも4人以上の会食がだめなわけで、一人で、または家族とか恋人とかのごく親しい人で、静かにワインでも飲みながら食事するのもダメなの? 

 感染拡大のために何をしたいのか、何をしなければいけないのかが全然分からない。8時以降、町を暗くするくらいなら「外出自粛」「ステイホーム」を改めて打ち出せばいいのに。

 ちなみに今回の緊急事態宣言は、まず大阪、京都、兵庫、東京に出るようです。

 埼玉、千葉、神奈川は今のところ「まん延防止等重点措置」地域になっていますが、緊急事態宣言の対象ではないとのこと。「まん延防止等重点措置」は市町村単位で指定されるので、埼玉県はさいたま市と川口市のみに今は出ています。期間は4月20日から5月11日まで。飲食店の時短要請だけだから、個人的には何もその前と変わらないけどね。仕事帰りにご飯食べて帰ることができなくなったくらいか。

 それにしてもなんだかなぁ。

 1年以上もうこの状態で、1年前よりも感染者数はかなり多くて、1年後が想像できないけど、ワクチンが普及し、来年はさすがに落ち着いているんですかねぇ。

 桜もネモフィラも芝桜も藤も見に行けない春は、さすがに今年で終わりだろうか。

| | Comments (2)

2021.04.19

新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録36

 医療従事者や高齢者へのワクチン接種が始まっていますが、3月21日の緊急事態宣言解除後、東京でもジワジワと新規感染者が増えてきています。東京では3月12日から23区と6市で「まん延防止等重点措置」が適用されましたが、4月20日から埼玉、千葉、神奈川でも適用されることが決定しています。

 先に同措置が適用された大阪ではそろそろ2週間経ちますが、4月13日から毎日1000人以上の新規感染者が出ていて、感染拡大はまだ止まりません。仙台はどうなったんだろう。…今、見たら、宮城県は下がってきていますね。

 大阪の感染拡大は新型コロナウィルスの変異株と言われていて、より感染力の高いウィルスのようです。

 この土日、外にはでかけましたが、最寄りの駅までしか行きませんでした。テレワークの時など全然家で動かないのでこれではいけないと、4月から近くのスポーツジムの会員になったので通っています。マスクしてマシンやマットを使ったら都度、消毒。エアロビのスタジオやプールがないマシン特化型のスポーツジムなので、誰もおしゃべりしていないし、黙ってトレーニングしているだけなので、仮に無症状感染者がいたとしても感染は…まあ、しないかな。いや、新型コロナが流行し始めた当初、スポーツクラブでクラスターが出たので、スポーツクラブからは足は遠のいていたのですが。

 ただ4月になってからは仕事が繁忙期なので普通に毎日通勤しています。

 昨年から1年延期された東京オリンピックは今のところまだ今年、開催予定です。

 

 

| | Comments (0)

2021.04.05

新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録35

 緊急事態宣言は3月21日に解除になりましたが、関東、1都3県では新規感染者数の微増が続いています。横這いではなく、微増。第4波がくるんじゃないかとビクビクです。

 桜は先週あたりが満開でした。近所でしか見ませんでしたがきれいだったな。昨年よりは、近場なら外出して、普通に動けたような気がします。先週はフル出勤だったしね。

 一足先に緊急事態宣言が解除されていた大阪は、「大阪市」で「まん延防止措置」が適用になりました。今日から他に「仙台」「神戸」「尼崎」「西宮」「芦屋」の6市で発動。

 関東も時間の問題な気がするなぁ。

 一時期よりもテレビでコロナ関連の報道が減っていて、去年は本当に「緊急事態」って感じだったのに、よくあるニュースの一つみたいな感じになってきてしまいました。

 いや…また毎日、1000人、2000人になってしまったら…それも「日常」になるんだろうか?

| | Comments (0)

2021.03.28

「約束のネバーランド」のアニメ二期のお話

 この3月は、毎週楽しみに見ていたアニメが二本、最終回を迎えました。一つは「呪術廻戦」。私、この作品、アニメが始まるまで全然知らなかったのですが、同じ時間にアニメになる「犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい」をTwitterでいつも見ていて、アニメになるというので、録画したらなぜか「呪術廻戦」も録れてたという…

 「呪術廻戦」見てみたら面白かったんですが、セリフだけ聞くと「ん? 何て言ってるの?」っていうのが多く、脳内で文字にうまく変換できない言葉を知りたくて原作も読んだら一気にはまってしまいました。

 「呪術廻戦」は10月から始まり、半年、24話放映されました。アニメも面白かったなぁ。あまりアニメに詳しくない私でもとてもクオリティが高いのは分かります。物語はほぼ原作マンガどおりなんですけど、ちゃんとアニメとしての表現もされていて「領域展開」をアニメでどう見せるのっていう期待に対し、期待以上のものを見せてくれる。五条先生の「無量空処」など凄すぎてビックリしました。

 原作の展開以外に番外編としてちょっと挟まれる「じゅじゅさんぽ」がまたぶっ飛んでいて最高。私は真衣さんが高田ちゃんの握手会に行く回が一番好きでした。

 いや、すみません、記事のタイトルは「約束のネバーランド」なのになかなか本題に入れないw

 作る方は誰だって駄作を作ろうなんて思ってなくていいものを作ろうとしているのに「呪術廻戦」みたいに見る方が100%以上満足するものが作れる場合と、そうでない場合があるのは一体なぜなんでしょうね。

 最近Youtubeでいろんなアニメレビューを見ていると駄作のアニメもめっちゃいっぱいあるみたいで驚いてしまいます。私はその何分の1しか見ていないのですけど。

 ということでやっと「約束のネバーランド」二期の話。一期は2019年1月~3月に放送されました。もう2年前なのね。

 私は「約束のネバーランド」(以下、「約ネバ」)は原作コミックから読んでいました。ホントに面白くて「デスノート」以来の傑作だと衝撃を受けた大好きなマンガでした。

 原作は2020年8月に無事、完結しました。ちょっとラスト、駆け足気味で個人的にはもうちょっと感動したかったなぁ。まあでも、ああいう終わりもよかったかな。とりあえず無事、完結おめでとうございます。

 アニメも一期は録画して何度も繰り返し見るほどお気に入りなので、二期、エマ達の脱獄の後の物語もアニメになると知って、やっぱり絶対見なきゃと思ったのを今でも覚えています。

 ただ正直なところ「約束のネバーランド」というお話は、エマ達の脱獄までの物語が練りに練られて作られていて、その後の物語は都度「ジャストアイデア」でジャンプで連載を続けてきたんじゃないかな。もちろん、それでも面白くないわけではありませんが。二期を作るとしてどうするんだろうとちょっと思っていたところはあります。

 「約ネバ」アニメの二期は、最初こそ原作どおりに始まりましたが、結論として言うと、原作を大幅にカットし、無理やり一期と二期合わせて全24話で終わらせた、という形になりました。だいぶ、それが世間では不評です。

 もうちょっとうまく短くできたんじゃないかな、と思うのですが、あまり変えると「約ネバ」じゃなくなっちゃうし(完成した形も十分「約ネバ」じゃないといえばそうですが)原作の名セリフも無理やり入れつつ、何とかまとめたのがこの形だったんだろうなぁ。

 大人の事情で二期で「約ネバ」アニメを終わらせたかったのなら、原作の最終回までいかず、途中で終わることになったとしても、普通に原作をなぞった方が原作ファンの反発も招かなかったし、最後が「ダイジェスト」にならずにも済んだのに。

 原作の途中までしか作られないアニメなんて山のようにあります。「はいからさんが通る」とか「僕の地球を守って」とか(例えが古くてすみません)。「ドラゴンクエスト」のアニメもと唐突に打ち切りになってびっくりしたっけな。「ガラスの仮面」とかもそうだし。まあ「ガラスの仮面」は原作も完結してませんが。

 原作改変でひどいアニメもけっこうありますね。私の知る限りだと「黒執事」や「地球へ…」。

 こうして振り返ると成功した方が少ないか。「デスノート」のアニメは成功だったのではないでしょうか。クオリティも最後まで高くてね。原作と違う部分もありましたけど、私はアニメの「デスノート」好きだったなぁ。

 「地球へ…」の惨状のとき思ったのですが「脚本」は一人の人が担当して欲しい。リレー小説じゃないんだから。前の話で振った伏線が次の話でスルーされてたりするとほんと萎えます。

 脚本家は複数が担当するのが何らかの事情で仕方ないなら「シリーズ構成」を担当する人がしっかりして欲しい。作品全体を俯瞰して、何をどう見せるか、うまく調整するのがシリーズ構成の仕事よね?

 youtubeで「ひどいアニメ」のレビューを見ると、それ以前に予算不足、人手不足、でも納期は容赦なくやってくる、仕方がない、これでもう完成とするしかない、というブラックな感じがするアニメもあるようなんですが、ひどいものを作って放映しちゃっても誰も得しないような気がするけどなぁ。まあ「仕事」としてアニメ制作を請け負ったら、酷くても何でも納期までに完成させなくちゃいけないのかもしれないけど。「約ネバ」二期も、どうも納期ありきだったようですね。実写映画とアニメの二期の時期を合わせるために。

 しかし…映画もなぁ。映像は素敵でしたがレイ役の少年の演技が酷くて見てられない出来。あの子を降ろせなかったのも大人の事情なんだろうな。

 という「約ネバ」のアニメ二期のお話でした。原作を読んでいる私は、原作の記憶が強すぎて、アニメは何が起こっているのかさっぱりでした。アニメだけを見ている人は最後のダイジェストでわけわからなくなったことでしょう。原作どおりになぞれないなら、最後もあんなダイジェストにせず、アニメ独自のストーリーとしてしっかり完結させるのがアニメ作品としての責任だったと思うのですが、結局はどっちつかず。作っている人達もどうしたらいいのか、分からなくなっちゃったのかも。

 そう考えると私はあまり責める気にはなれません。ただ、いろんな事情抜きに、純粋にこのアニメがどうだったか、と聞かれたら「約ネバのアニメは一期だけ見る方がいいよ」と答えると思います。

  「呪術廻戦」は映画も二期も期待しています!

| | Comments (0)

2021.03.20

見送り(poem(110)より再掲)

2015年の3月に書いた「見送り」という詩を再掲します。

たかが人事異動、昔は淋しくなることなんてなかったのにな。

最近になって、何気なく「またね」なんて別れてそれでもう二度と会えないこともあるんだって分ったせいか、今までこんなに一緒にいろんなことをやってきたのにもう二度とこの日々は戻らないんだってことがとても切なく感じられるようになってきました。

この3月も、任期が終わり去っていく人がいます。

2年一緒にやってきて、本当にお世話になって感謝の気持ちでいっぱいですが、伝えきれる自信がまるでないな。

今日はささやかながら餞別の品を買ってきました。どうか思いが伝わりますように。

「見送り」

3月 たくさんの人が職場を去っていく
定年退職の人
異動の人
出向する人
出向で来ていて元の職場に戻る人

私はもうしばらくここに残る
桜の中 みなを送る立場だ

人の出会いは一期一会
もう二度と会わない人もいるだろう

去る側よりも
見送る側
残される側
置いていかれる側に
私はなることが多いのだけど

きっとそれは私だけじゃないんだろう
生きている限りずっと人は
誰もみな見送る側にいるのだから

去っていく人達に
敬意と
愛情と
いたわりと
エールと
そしてありったけの感謝をこめて

「ありがとう
 私もここでがんばるから
 あなたもがんばって」

かける言葉はこれだけ

分っていたはずなのに
どうしてだろう この春は
大好きだった人達と会えなくなるのが
いつもよりちょっとだけ余計に 
さみしい

優しくしてもらったこと
頼ってもらったこと
悩みを打ち明けてくれたこと
今になってそれがとても懐かしい

いつか思い出になり
忙しさに紛れて忘れてしまうまで
一時 このさみしさとともに
涙がこぼれないように
桜を見上げようか

| | Comments (0)

2021.03.15

プラチナをやっと売却しました

 2018年の4月に購入したプラチナを、3年かけてやっと売却しました。

 貴金属の購入は初めてだったんですが、買ったとたんに値下がりしだし、こりゃ失敗だったかなとやきもきしつつも、どうしようもないのでそのままにしておいて、先月、何故だか株式相場が上昇しているらしいと、ふとプラチナの価格をチェックしたらこちらも値上がりしてる!!

   購入当時、いくらになったら売ろうという想定をしていて、その想定価格を昨日時点では少しだけ下回ってはいましたが、ずっと安値で推移していたので、今の価格は御の字です。

 3年間ずっと一緒だったので、手放すのはちょっとだけ淋しい気もしたんですが、グズグズしていてまた値が下がると眼も当てられないので、サヨナラしてきました。

 いやぁ、とても勉強になりました。

「プラチナ」というモノは、もちろん食べられないし、持っていても何の役にも立ちません。でもこれをお金に変えると、お金ってのはそれで食べるものを買うこともできるし、旅行に使うこともできるし、何にでも代えることができます。そう考えるとお金の方がいいわけですが。

 プラチナというモノの値段が高くなる、ということは、現金の価値が下がっているということでもあります。

 つまりお金の状態でずっと持っていると同じ1000円でも1000円で買えるものが少なくなってしまう。使える価値が下がっていきます。

 これがいわゆるインフレ。

 だから「モノ」にしておく。

 ずっと価値が変わらないもの。よくCMで「駅近の土地」なんて言われてますが(笑)、土地という不動産も確かにそうですね。

 でも不動産はなー。管理コストがかかるしなー。それに売ろうと思った時に簡単に売れないし。

 その点、プラチナはいいわ。管理コストはほぼ0ですから。お金も銀行に預けておけば管理コストほぼ0ですが、預けっぱなしだと上に書いたように物価上昇とともに価値が下がっていくので、価値が変わらない「モノ」にしておくのがいい。

 売ろうと思ったときに簡単に売れるのも今回「売却」というのを初めてやってみてよく分かりました。とても簡単でした。

 お金で持ってるとジワジワ価値が減っていく今の世の中で、多少、やっぱりモノにしておくの大事です。

 今回、分かったのですがプラチナはどうも「価値が変わらない」わけではないようなので、次は「金」にしようかな。でもプラチナよりは金の方が高いんですよね。また相場の様子を見ながら今度は金を買ってみたいな。

 もうちょっと安くなりますように。

| | Comments (0)

«新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録34