2022.08.18

新型コロナウィルスの感染状況の記録59

 本日8月18日の全国の新規感染者数が過去最大の255,535人となりました。

 先週は減ってきていたので、峠は越えたのかと思っていたのに、単にお盆で検査数が減っただけだったっぽい。死亡者も増えているし、東京でも沖縄でも、入院ができなくてみんな自宅療養。

 高齢者施設でもクラスターが出ているそうですが、入院はできなくて、感染が分かっても何もできない。そのまま亡くなる方もいるそうです。

 まだまだ増えるのかな…

 それでも非常事態宣言などは出ません。ほったらかし…どうなっちゃうんだろう。

 

 

 

| | Comments (0)

2022.08.15

ウクライナでの戦争が問いかけるもの

8月15日は終戦記念日です。
日本は先の戦争で多くの犠牲者を出しました。
だから「絶対に戦争はしてはならない」わけですが…
ウクライナへのロシア侵攻以降、この言葉にはこう疑問符が付きます。
「絶対に戦争はしてはならない…たとえ愛する人が目の前で殺されようとも?」

ウクライナへのロシアの侵攻によって、こちらから手を出さなければ相手も何もしてこない、なんていうのは甘いということが分かってしまいました。
平和に穏やかに暮らしているところにいきなり戦争はやってきます。
いきなりミサイルが撃ち込まれ、家が破壊され、住まいを奪われ、逃げなくてはならない。
そうなったときにも「戦ってはいけない」のだろうか。
私達はウクライナの人達にそんなこと言えるんだろうか。
私はとても言えません。自分の故郷を護ろうと武器を手にする人達に「やめろ」なんて。

ロシアにはロシアの言い分があるのでしょう。
結局のところ、自分の信念のために他国を侵略し、他民族を迫害してもそれを当然と思えるメンタルが人間には存在する。
ましてロシアにとってウクライナは「他民族」でも何でもない。信じるものが違うだけの同胞なのに。
そういう人が国のリーダーとなって軍隊を率い、他国民を戦争で大勢殺害したって、ロシア国民はそれを止めることができなかった。
その無力感たるや…「平和が大事」なんていくら言ったって、信じたって何にもならないってことじゃないですか。

かと言って、他国に侵略されることを恐れ、互いに軍拡していき、核兵器を保有することなんて馬鹿げていることは分かっています。
どうすれば、プーチンのような人間に権力を与えないことができるのか。
それを考えなければ「戦争をしない」ことなんてできない。

結局のところ、殴られた時に、黙って殴られ続けたら殺されてしまうので、殴り返さなくちゃいけない。
殴り返せないなら殴るやつのご機嫌を取り、殴らせないようにするしかない。
世界はプーチンに「殴らせない」ことができなかった。
殴り合いは始まってしまった。だとしたら後は戦いしかない。

もう殴り合いになってしまったロシアとウクライナの戦争は誰にも止められない。
互いに疲弊するまで戦いは続く。
だとしたらせめてこの先、第二、第三の戦争を起こさないために人類は何ができるのか?
全ての国が核の傘の下に入ること? 

…何かできないのかな。プーチン一人が戦争したくたってできない「仕組み」みたいなもの。

昨日、「鎌倉殿の13人」を見ていて、勝つためなら丸腰の相手でも殺すことをためらわない北条を見ると結局どんな仕組みも役に立たないんだなぁと思っちゃった。
ちなみに江戸時代が260年続いたのは封建制度があったから。
崩壊したのは諸外国からの圧力で開国せざるを得なかったことが一因。
うーん…「戦争をしない」ために、封建制度のようなガチガチの管理体制が必要なのだとしたらそれもまたいいとは思えない。
「絶対、戦争はしてはならない」
難しいね。

| | Comments (0)

2022.08.14

「流浪の月」(ネタバレあり)

大絶賛の作品なのに自分には響かなかった…たまにそういう本に出会うことがあります。
逆ももちろんあります。世間的には不評なのに私はすごく「好き」っていう作品ね。

「流浪の月」は2020年の本屋大賞に選ばれ、映画化もされたベストセラー。
これねぇ、全然響かなかったのよねぇ。
なぜなのかを考えてみたいと思います。

主人公の女性、更紗は幼い頃に父を亡くし母は娘を置いて出て行ってしまい親戚にひきとられますが、そこで従兄弟の男性から性的な虐待を受けます。
環境の変化に加え、虐待が嫌で家に帰りたくなくて一人で公園にいた9歳の更紗。
そこに一人の男子大学生が優しく手を差し伸べてくれます。
家に帰りたくなかった更紗はその大学生の一人暮らしの部屋で過ごし、その居心地の良さにそのまま居着いてしまいますが、当然、捜索願が出されます。
男子大学生にねだって動物園にパンダを見に連れて行ってもらった際に、更紗と大学生は警察に捕まり、大学生は更紗を誘拐し、監禁したことになってしまいます。
悪いことに更紗は従兄弟の性的虐待を恥ずかしさで口にできず「なぜ家に帰りたくなかったか」を説明できなかったため、大学生とは引き離されます。
いったん家に戻りますが、また更紗を触ろうとしてきた従兄弟に暴力で対抗したため、更紗は施設へ。
そのまま時は流れ…再会した二人は、お互いに相手を傷つけてしまったことを気にしてなかなか近づけませんが、結局は両思いということが互いに分かり。
世間には全く理解されず、かつで大学生だった男性は「女の子を誘拐監禁した小児性愛者」というレッテルを貼られたまま、女性はその被害者と誤解をされたままですが、二人はそんな過去を知らない土地へ移り住み、ひっそりとお互いを大切に思い合い、生きていく。

…そんな話です。
なんで響かないのかなぁ。けっこう好きそうな話なんだけどなぁ。
私も…いえ誰もが感じる感覚なのかもしれませんが、自分が何か周囲と違っていて、世界に受け入れられないという感覚が子供の頃からすごくあって、その意味では彼と彼女に感情移入できてもいいはずなんですよ。
なのにどうしてか、あんまりそこにピンとこなかった。
理由は、多分、上に書いたとおりで
「そんなのは誰にでもある」
と感じてしまうからなのかもしれません。
ちょっと人間、長くやり過ぎたかな。

子供の頃、思春期の頃、若い頃…その頃は世界で自分が何か特別な存在だと思いがちです。
私も特別だと思っていましたよ、自分のこと。
だけど、実は全然特別じゃないことに…いつ気づいたのかなぁ。
人間って誰もがいびつで、同じ人間も同じ家庭環境も存在しません。
私が子供の頃は世の中には「普通」がはびこっていました。
普通にお父さんとお母さんがいて、普通に学校に行って、普通に就職して、普通に結婚していく。
私は中身は特別なつもりでしたが、なるべくおとなしく目立たなくしていたので「普通」のレールに乗れるつもりでいました。

ところがどうでしょう、就職まではなんとか普通に行ったけど、普通に結婚できなかったし、普通に子供も作れないまま今に至る。
でも、そんな人が今はいっぱいいる。

みんないびつで、特別なのが普通。「オンリーワン」が普通。
私としてはずいぶん生きやすい世の中になりましたけど、多分、そのせいで人はとても孤独になりました。
で、そんな、皆が「特別」なのが普通な世界にあって「流浪の月」の二人がどれだけ「特別」なのか私には疑問です。

子供に対する性的な虐待ってものすごくたくさんあって、その被害に遭ってる子供も大勢いて。
文のように大人になれない男性だってきっといるでしょう。
そういう世の中で自分達だけがまるで特別のように語られてもなぁ。
結果的に二人は出会えてよかったんだと思います。
でもさ、世の中には、そういう相手に出会えずにずっと自分の孤独を抱えっぱなしの人がもっと大勢いると思うのよ。

「ファンタジー」だよなぁ。
いや、ファンタジーは私は好きですが、甘っちょろい絵空事のように感じてしまいます。

もうね、世の中に普通なんてないのよ。
夕飯にアイスクリーム食べられるだけで幸せなのよ。
ちょっとばかり特殊な状況にある文には同情する気持ちがないわけじゃないけど、
「だから何なんだ」
と思ってしまう気持ちの方が私は強い。
体は普通でも結婚もできないし、子供もいない男性が今の世の中には本当にたくさんいて、それでも何とか自分らしくこの世界を生きていくしかないのよ。

…うーん、お互いに必要な人に出会えてしまった小説の中の二人に対する嫉妬みたいでやや恥ずかしいんですが、これが正直な私の感想です。
書かずはいられませんでした.

| | Comments (0)

2022.08.11

新型コロナウィルスの感染状況の記録58

2022  新規感染者数が過去最大、医療現場がひっ迫して、発熱しても病院にかかれない厳しい状況ですが、緊急事態宣言など特に対策もとられないまま、お盆に突入。

 昨日、8月10日の全国の新規感染者数は250403人。

 そろそろピークアウトしたんじゃないかと言われていたんですが、昨日は多かったですね…

 本日11日は山の日。高尾山がめちゃ混みだったようです。

 私は全然山の日っぽく過ごせていませんが、先月の海の日も同様だったしなぁ。

 8月5日~6日は3年ぶりの仙台七夕にいってきました。5日の前夜祭ではこれも3年ぶりに花火見物も!!

   七夕飾りは、いつもの年よりも人が触れないように少し小ぶりでしたが、これはこれでよかったです。

| | Comments (0)

2022.07.29

新型コロナウィルスの感染状況の記録57

 ついに埼玉も7月28日の新規感染者数が1万人を越えて13058人。東京都は4万人越えで、全国では23万3100人ですって。もう桁違いでどれだけすごいのか分からなくなってきた…

 どこまで増えていくんだろう。

 とりあえず私自身はワクチン3回接種済み。

 クーラーのせいか、たまに鼻水やくしゃみは出ますし、夏の暑さでぼーっとなることはありますが、発熱はありません。でもこの先、不安だなぁ。いつ自分が感染するか分からないものなぁ。

 感染しても病院にはかかれない。そう考えるだけでもけっこうプレッシャーです。

 皆様、可能な限り、感染防止してご自愛ください。

| | Comments (0)

2022.07.25

新型コロナウィルスの感染状況の記録56

 このタイトルで書くの久しぶりです。

 もう終わりかと思っていたのに~!!

   第7波の感染が7月に入って急増、過去最高になってしまいました。

 7月23日の新規感染者数は全国で20万965人。1日で!!

  東京都は今日、25日も2万人越え。6日連続2万人超ですって。埼玉県も9,000人超。

 なんと言ったらいいか…いや、もうワクチンも3回も打ってるし、感染したって重症化しないんだから増えたって平気でしょと思っていたのですよ。ところが、これだけ増えると重症化する人も増えて、医療機関がもうパンクしているそうです。

 3回打っても感染するし、重症化するの? それとも打ってなかった人が重症化しているの? 今のこの状況をどう捉えたらいいか分からない。報道も追いついていない感じです。だって、感染爆発していてもイベントは3年ぶりとかって普通にやってるのよ? 週末の駅や百貨店は人でいっぱいだし、昼時のレストラン街は行列だし。どれだけ流行ってももう医療機関がひっ迫なんかしないと思っていたのに、何が今、起こっているんだろう。そして、私達は今、どうすればいいんだろう。

 これだけ流行っても緊急事態宣言は出る気配はないし、事態は放置されている。

 とりあえずワクチン4回目を打つしかないのかしら? 

 「コロナ禍」…前代未聞の事態は3年目の今年も現在進行形です。

 

| | Comments (0)

2022.07.19

安倍元総理に寄せて

2022年7月8日、安倍晋三元総理が参議院選挙の応援演説中に銃で撃たれ亡くなりました。

安倍元総理の私の印象は「いい人」。
そして自分の信じるもののためには「細かいこと」にこだわらない人であったように思います。

いい人だったから、安倍さんを利用しようとする人に対しても冷たくできなかった。
篭池夫妻に利用されてしまったことなどはその典型。
いい人だったから、自分に忖度する人達の善意や好意をそのまま受けてしまった。
桜を見る会の騒動がそう。
加計問題もそうかもしれない。自分に働きかけてくる人には利便を図ってあげたい。
えこひいきととられても、その人がやっていることは正しいのだから、と。
それを追求されると細かいことにこだわらないから次々とボロが出て「嘘つき」となってしまった。
悪人ではなかった。
細かいことにこだわらず、全体を見るのはいい上司の典型のはず。
でも本当に…全体を見ることができていただろうか。

安倍さんはいい人で、それなりに優秀な人でもあった。
努力家でもあったろう。
ただ、いかに優秀であっても全てを自分ができるわけではない。
それならば信頼できる優秀なブレーンが近くにいて、安倍さんを補完できればよかった
安倍さんが気にしない「細かいこと」を拾い、篭池氏のような人を遠ざけ、「桜を見る会」の拡大を抑え込み、憲法改正草案を変なイデオロギーに偏らずに作れるような。
いなかったはずはないので、安倍さんが頭が上がらない誰かの圧力があったんじゃないかとも思う。
本当に優秀で安倍さんのバランスを取れる人は遠ざけられ、持ち上げて安倍さんの地位を利用する人達だけが周りに残ってしまった。
総理を支えるのは激務だと思うので「やってられない」と離れていった人がいたとしたら、それは仕方がないと思うんだけど。
安倍さんはそういう人を護らなきゃいけなかったよ。
みんなに「いい人」じゃだめで。自分を律してくれる人を護れなきゃいけなかった。

安倍さんは優秀でいい人だったけど、普通の人だった。
好きか嫌いかと言われると私は「好き」ではない。
結局、あの政治の世界にあっては「普通の人はここまでしかできない」という限界を見せられているようで辛かったから。
だからといって、卓越して優秀な人が総理になったら功罪両方の面があるだろうから「普通」がちょうどいいとも言えるんだけど、「普通」では日本の未来はズルズルと後退していくだけ。
世の中の生きにくさは増していき、少子化は進行し、日本は全体として衰退していく。
誰も何もできず、手をこまねくのみ。

でもそれも仕方ない。
何かを一気に解決できる魔法なんて存在しない。
昔よりも今がよくなったこともある。人は昭和の頃よりもずっと自由になった。
安倍さんは現状を変えようとして、自由になった人々を「日本」に取り戻そうとしていたんだろうけど、それはかなわなかった。
でもそれでよかったんだよ。政界は引退して奥様と穏やかで静かな生活を楽しんでいただきたかったな。

安倍元総理のご冥福をお祈り致します。

| | Comments (0)

2022.06.30

初めての人間ドック

 こちらも未来の自分のための記録。

 2022年6月に初めて「人間ドック」を受診しました。職場では毎年集団検診があって、それで充分だと思っていたのですが、年をとるに連れ受診しなければいけない検査が増えて、だんだん検診が辛くなってきました。

 一番嫌なのはバリウム飲んでやる胃のレントゲン。発泡剤飲んでバリウム飲んで、レントゲン撮影のために身体をグルグル動かすのがものすごく大変で、それを職場でやって、その後仕事に戻らなくちゃいけないっていうのがどうにも負担で、それならば職場じゃなくて、自分で選んだもっと快適そうな病院で人間ドック受けた方がいいんじゃないかと。

 以前に転勤で仙台に勤務していたことがあるのですが、仙台での健診は職場ではなく、近くの医療機関で受けるようになっていて、その方が全然楽でした。

 ということで今年は自宅最寄りの消化器内科で人間ドックやっていたので、そこで受診しました。

 胃はレントゲンではなく胃カメラです。鎮静剤を打って受診できるので、以前(初めて胃カメラは5年前の2017年)は意識を失っている間に終わっていました。しかし。

 診療時と人間ドックだと何か違うのか、以前は飲まなかった喉の麻酔も飲まないといけませんでしたし、何より鎮静剤が今回、あまり効かなくて、カメラを入れる時にかなりえずいてしまいました。苦しかったーーーーー!!!

  これならバリウムの方がまだよいかも…。やれやれです。

 あと超音波の腹部健診。これも職場でやると外で待っている人に話が筒抜けでめっちゃ嫌なんでそれは人間ドックはよかったですが…どうも子宮筋腫が大きくなっちゃってるみたいですねぇ。

 以前、子宮筋腫の診断で手術しようか、どうしようか迷ったのはそれも2017年。2017年は1年で3回もCTを撮ることになった厄年でした。当時、複数の子宮筋腫があることやかなり大きいので手術するとしたら子宮全摘出の大事になることが判明し、大きい病院に行って医師に手術の相談をしたところ、その医師が超やる気なくてめんどくさそうだったし、特に日常生活に支障がある症状もなかったので、手術は見送ることにしたんですよね。

 その時の記事はこちら

 その後も特に症状はないのでそのままになっていたのですが、今回の人間ドックでの超音波検査では技師を驚かせるほど大きくなっているようで…

 20cmくらいあるかも、ですって。子宮って普通は7~9センチらしいじゃないですか。え~!? ほんとかいな。

 最初にCTを受けて子宮筋腫が分かった時も「外から触って分かる」と言われていたのですが。

 今の時代、こういうときネットって便利ですね。

 子宮筋腫が大きくなって手術した体験談ってネットで検索するとけっこうたくさんヒットします。

 大きくても開腹手術ではなく腹腔鏡手術で行われたという治療の記録もあるし、やっぱり開腹よりは全然予後が違うようで、5年前開腹しか提案されなかったのは、当時の標準治療がそうだったのか、医師が経験がなかったのか…

 ネットの情報なので話半分とするにしても「子宮筋腫の手術適応は大きさでなく症状」とのこと。貧血に悩む人や生理痛が辛い人は受けた方がいいのでしょう。私は特に困ってないのよね…とりあえず人間ドックの結果を待って、婦人科行った方がよければ行ってみます。

 でも、言われることはほぼ分かっている。

 大病院に紹介されそこでは「手術しますか、しませんか」と聞かれ、するかしないかは自分自身の自己責任。なんだかなぁ。

 とりあえずは結果を待ちますわ。 

| | Comments (0)

粉瘤記

人間も長くやってると、あちこちにガタが来るのはしょうがない。

大きな病気はしたことありませんが時折トラブルはあり、そんな時、このブログは「病歴」を検索するのに大変役立ちます。

なので今回も未来の自分のための記録です。

2022年6月に「粉瘤」の手術をしました。場所は右胸の下、ちょうどアンダ―バストに当たる部分です。数年前からプツッっと小さく黒くなんかできてる感じはあったのですが、赤く腫れて痛くなりました。ネットで調べると粉瘤の症状。

近所の皮膚科を受診するとやっぱり粉瘤で、腫れは塗り薬と飲み薬の処方で1週間ほどでひいたんですが、粉瘤自体を手術でとってしまうことになりました。

最初に受診してから3週間後に手術。

手術術といってもすぐに終わるたいしたことない手術です。イメージとしては親知らず抜くくらいな感じの小事なはずでしたが、手術を担当した医師いわく「開いたら中で広がってて、膿もまだ残ってた」とのことで、傷口は比較的大きめ。切りとって洗浄して縫って…手術自体は麻酔もしてたし痛くはなかったです。1週間くらいで抜糸。今はまだ傷口は残っていて消えるまでにはまだ時間がかかりそうです。

粉瘤の手術はこれが初めてでしたが、そういえば実家の父もたまにおできができて腫れてたりしたのを見たことあるから体質的になりやすいのかも…またいつかありそうなのでその日のために記録しておきます。

| | Comments (0)

2022.06.27

シン・ウルトラマンにはまった…

 酷暑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 私は遅ればせながら2022年6月25日(土曜日)に「シン・ウルトラマン」を映画館に見に行き、はまってしまいました。

 もともと「シン・ゴジラ」も好きでね~

 でもちょっと「シン・ウルトラマン」へのはまり方は「シン・ゴジラ」のときとは違う。

 昔、高校生の頃「日出処天子」を読んだ時、しばらくそのことだけで頭がいっぱいになって他のことを考えられなくなかったことがありましたが、あの感覚に近い。

 TwitterやYoutubeでツイートや動画を見倒して、米津さんのM八七を何度もリピートしています(汗) やばい。

 土曜日に見た後、違う映画館で日曜日に二回目も見に行ってしまいました。

 映画を見終わった瞬間は実はそんなに「感動した」とか「世界観変わった」というほどでもなかったんですよ。

 私はそもそもオリジナルのウルトラマンは見たことなくて「帰ってきたウルトラマン」や「ウルトラセブン」や「ウルトラマンタロウ」くらいの世代なので、元ネタはほとんど知らないし(ゼットンに負けた、くらいの情報しか知らなかった)、「ウルトラマン」という作品を純粋に1本の映画として見た感じです。

 細部までリアリティにこだわった「シン・ゴジラ」と比べると、多分、原作をリスペクトしてあまりにかけ離れた改変をしないためだと思われますが、ややチャチに感じる部分やエピソードがぶつ切りな感じもありました。米津さんの主題歌もちょっと地味に感じたし。

 でも、全体通して面白かった。これは脚本が上手いのでしょう。さすが庵野さん。

 そして、メフィラスの怪演。山本耕史さんがめっちゃはまってるし、尺をたっぷり使って興味深いエピソードを盛り込んでる。人気が出るの分かるなぁ。

 土曜日に見終わって帰ってきて…面白かったんですが何となく消化不良な感じがしました。私はウルトラマンをあんまり知らないから。

 いろいろ考えて、考察とか見ている内にどんどんはまってしまった感じがします。

 「ウルトラマン」という宇宙人がなぜそこまで地球を守ろうとするのか???

 

 映画冒頭、一人の青年が子供を守って自分が命を落としてしまいます。

 まあ、昔のアニメによくあるベタな展開を言えばそのとおり。

 でもその姿を見て一人の外星人が不思議に感じます。なんで自分の命を犠牲にしてまで他人を守ろうとするんだろう?

 それは、私達がウルトラマンを見ていて感じる疑問と実は同じだったりするんですよ。

 なぜ、地球を守ってくれるの? あなたはそんなに強く、人よりも寿命も長く、知恵も力もある存在なのに、なぜこんなに愚かでちっぽけな人間を守ろうとするの?

 答えは、そう、ウルトラマンが人間を好きになったから。

 何というか…好きに理由なんかないんですよね。なぜそこまでするのかに理由はない。そのことに少し感動してしまいました。

 ウルトラマンを見ていると、人類はちっぽけだけどこんなに愚かじゃいけないという気持ちになります。誰かに「愛される」というのはそういうこと。そんな気持ちを「シン・ウルトラマン」は思い出させてくれました。

 劇場公開は後少しで終わってしまいます。まだ見ていない方はぜひ!!

| | Comments (0)

«芸能人の自殺の報に触れて思うこと