« Let's play 中島みゆき 2 | Main | ライブドア騒動 »

2005.02.21

poem その⑱

「もしも私が」

もしも私が美容師だったなら
君の髪をシャンプー台で洗ってあげられるのに
たまには誰かに洗ってもらうのも気持ちいいよ

もしも私が整体師だったなら
君の体をマッサージしてあげられるのに
毎日忙しくてつかれてるでしょ?
肩こりはしてない?

もしも私が歌手だったなら
コンサートでは君にとっておきの席を用意してあげる
いつもその席は空けておくからね

もしも・・・もしも・・・
私は君に何ができるだろう
美容師でも整体師でも歌手でもない
ましてや恋人でもお嫁さんでもない

ただとても君が好きなだけのフツーの女
君に何もしてあげられることがない
それがとても悔しい時もたまにあるけど

私の恋は私だけにしかできない
何のために生まれてきたのか
それは私が決めること

もしも私が もしも君が
考えたって仕方ない
誇りを持って生きる君を
誇りを持って愛してく
ずっとずっと愛してく

|

« Let's play 中島みゆき 2 | Main | ライブドア騒動 »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/3027319

Listed below are links to weblogs that reference poem その⑱:

« Let's play 中島みゆき 2 | Main | ライブドア騒動 »