« みんな働きものなんだなー | Main | 軽くさばく »

2005.04.22

poem その⑳

自分が何のために生きているのか
分からなくて途方に暮れているなら
私のため、だと思ってほしい

私はきみが笑ってくれただけで幸せになれる
きみがそこにいてくれるから私は生きていかれる

きみがもし私のために生きてくれるというなら
きみの望みを叶えるためなら何だってするよ

きみは何をしている時が一番幸せ?
私が元気でがんばっている姿を見るのが好きだと君が言うなら
私はいくらだってがんばってみせる

私はきみがいるから生きていかれる
だからきみは私のために生きてくれる?
きみが幸せなら私は幸せ
私が幸せならきみも幸せならいい
そのためなら
私はいつだって幸せでいる
きみのためにきみよりも先に
誰よりも幸せになるよ

・・・だから
もう一人でさみしがったりしないで

いつだって私はそばにいるからね

|

« みんな働きものなんだなー | Main | 軽くさばく »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/3810752

Listed below are links to weblogs that reference poem その⑳:

« みんな働きものなんだなー | Main | 軽くさばく »