« 好きな言葉 | Main | リコーダーが好き♪ »

2005.08.27

大事な物は金では買えない~「ラッシュライフ」~(一部ネタばれあり)

 さて、伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」を読み終わりました。
 (以下、ネタばれあり)

 読後感がとてもさわやかな本です。5人の登場人物のうち、少なくとも2人には、救いがあって、物語が終わったような気がします。志奈子さんも賭けに勝ててよかった。
 このお話は面白いことに泥棒さんが一番かっこいい。そういう小説もとても珍しいかもしれません。散々調査したあげく20万しかとっていかないなんてそのポリシーがえらい。本作中では1円の収入にもなってないですが。
 彼は最後に、本気かどうかは分かりませんが、友人の勧めでカウンセラーになってみようかとちょっと思います。カウンセラーの方が泥棒よりも世の中のためになるし、彼に救われる人がこれから増えるなら、その方が実際いいかもしれないな、と読んでる私も思いました。

 ・・・本作中では1円の収入にもなっていない・・・
 これは、この小説のテーマの一つの、暗示なのかもしれません。

 そのテーマとは「世の中には金で買えない物もある」
 (いや、メインのテーマではないかもしれませんが)
 ガキくさいかもしれませんが、私もそう思います。
 本作の中で泥棒さんは「金に勝るものなど世の中にはない」と言い切ります。でもその泥棒さんが、この小説の中では1円も得していない。なんだかそれが楽しいですよ。ふふ。
 まあ、その泥棒さんに説教される「金に潰された友人」はね。確かに甘い。
 小説の中でその「友人」はこんなことを言います。

「戸田(大金持ちの男)にあって私にないものは資金と地位だ」

 私に言わせればそれ以上に足りないものが彼にはあります。「先を読む力」。洞察力や経営力というもの。戸田って男は金持ちですが、金持ちになるのには理由があり・・・それなのに、自分がそいつに負けたのは「金のせい」だけだと思ってるところが、彼の致命的な弱点だと思います。

 私自身にとっても、お金は必要なものですが、「一番」ではありません。
 何かに困ったときに、金がないとどうしようもないときもありますし、金さえあればなんとかなることはありますが、金は手段であって、目的ではないと思います。
 だから、私は、金を貶めもしないし、必要以上にあがめもしない。大事なものだから大事にはするけど、将来インフレもあるかもしれないから、信用もしておりません^^ 
 
 なので、最後に、私も、あの賭けの対象にされて、あの話を持ちかけられたら・・・

「お前の一番大事なものを、金で買おう。いくらだ」

 やっぱりお断り致します^^

・・・いえ、ほんとですよ。
 いくら、家を建ててくれるとか、実家が地主だとか言われたって、そんなんで結婚するわけないじゃないですか^^ 
 なぜ親も周りも、そういうことで「女はとにかく結婚した方が幸せだ」なんて思うのですかねえ。
 大事なものは金では買えません。今、心から・・・そう思います^^
 

|

« 好きな言葉 | Main | リコーダーが好き♪ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

なるほどぉ~,お金軸ですね.
あたしは,時間軸が気になっちゃって(^-^;

登場人物がそれぞれ違うものを大切にしているのが,面白いですよね.

実はですね,あたしは志奈子さんが,賭けに負けちゃえばよかったのに・・・という意地悪な気持ちもあるんですよ.だって,絵をわかってくれた佐々岡を裏切ったわけでしょ?そのくらいのリスクは覚悟の上だろうと思ったりもするわけです.

反面,この佐々岡に対しての感想は,あたしと違っていて新鮮です.そう言われれば,確かにそうですね.一言で言えば,『あまい』ということですね.なるほどです.

泥棒さんは,確かにかっこいい!同感です.(*^o^*)

Posted by: とと | 2005.08.27 at 21:53

>志奈子さんが賭けに負けちゃえばよかったのに

ふふ。こうして感想をお互いに話せるのって楽しいですね。
この違いが面白ーい♪

ととさんはか弱い男性に優しいのだなぁ^^
私は男性には厳しいけど、女性には、同じ女性だと思うからか、気持ちは分かると思ってしまいます。
佐々岡の奥さんほどではありませんが、夢だけを追い求める男性ってのは、
「自分に酔ってないで、現実を見なさいよ」
と言いたくなちゃう^^
泥棒さんに説教される佐々岡のシーンは胸がスカッとしました(笑)
最後のシーンでは「戸田、ざまあみろ」とも思いましたけど^^

Posted by: BUBI | 2005.08.27 at 22:09

>ふふ。こうして感想をお互いに話せるのって楽しいですね。
この違いが面白ーい♪
↑同感!(*^_^*)

この小説の登場人物を、あえて、『好』イメージと『嫌』イメージの二つに分けると、『嫌』イメージには京子と戸田と塚本が入ります。BUBIさんに見抜かれた通り(笑)、佐々岡に対しては『好』イメージなのだ。(^_^)
私って、弱い男を守る強い女なのかも?!(笑)

Posted by: とと | 2005.08.30 at 11:09

 じゃ、もしかして河原崎や豊田にも母性本能くすぐられちゃったりします?^^
 あら、こう書いてみるとこの小説って、女性はたくましい&したたかで、男性は(戸田や黒澤は別として)虐げられている人が多いみたい・・
 時間軸については、またゆっくり読み返してみようと思います。自分で、時間順にエピソードを並べてみようかと^^ ちゃんと並べれば黒猫は生き返ったりはしてないんだろうなぁ、きっと。

Posted by: BUBI | 2005.08.31 at 09:51

この方の本は色々リンクしてるらしいのですが、
泥棒さんはかなり人気なようですね~。
私も「素敵」と思いました。

私は読むのが遅いのでなかなか数読めません。
興味はあっても、だから新聞とかの新刊のチラシ
なんかであらすじ見て、名前だけは知ってるよ
みたいな作家さんが多いんです。
伊坂氏もそういう人で、ちょうどこの本が発売された
頃同じく興味のあった舞城王太郎氏の本も出て、
どっちにしようか迷った挙句、帯やら扉を読んで
「ラッシュライフ」を買いました。

新世代作家みたいなイメージで見ていたので、
もうちょっと派手かと思ったら、そうではなく
地に足のついた感じのお話だったので驚きました。
パズルみたいにパーツが色々ハマっていく感じは
綾辻行人氏を思い出したりもして。

Posted by: U4O | 2005.09.01 at 08:30

U4Oさん、いらっしゃい~おひさです^^
U4Oさんも「ラッシュライフ」読まれてたんですね~

>もうちょっと派手かと思ったら、そうではなく
>地に足のついた感じのお話だったので驚きました。

そうですよね。読みやすい文章だし、スルスルと読めるので好感が持てます。この作家さんの作品は初めてだったのですが、今度、図書館でも探してみようかなって思いました。
U4Oさんのお勧めも今度紹介してくださいね^^

Posted by: BUBI | 2005.09.01 at 17:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/5662877

Listed below are links to weblogs that reference 大事な物は金では買えない~「ラッシュライフ」~(一部ネタばれあり):

« 好きな言葉 | Main | リコーダーが好き♪ »