« 今、しなくてはいけないこと。~「女王の教室」最終回より~ | Main | 「自分流のすすめ」 »

2005.09.20

poem(26)

「もうきみしか愛さない」
そう思ったら楽になった

無理して誰かを好きになろうとしても
結局それは自分に嘘をつくこと、だから

『もう恋なんてしない』っていう歌があったね
好きな人と別れてしまったあとで

─ 二人で出せなかった答えは
    君の知らない誰かと見つけてみせる─

って歌だけど
それはきっと強がりなんだ

そうできるならいいけど
そうしたいとは思うけど
実際はそんなふうにできない
一度好きになった人を
別れてしまったからって
好きになってもらえなかったからって
忘れてしまうことなんてできやしない

「もうきみ以外 誰も愛さない」
それが今の私の
本当に正直な気持ち

ずっとずっときみを好きでいる

|

« 今、しなくてはいけないこと。~「女王の教室」最終回より~ | Main | 「自分流のすすめ」 »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/6032172

Listed below are links to weblogs that reference poem(26):

« 今、しなくてはいけないこと。~「女王の教室」最終回より~ | Main | 「自分流のすすめ」 »