« 「ボルケーノ」にびっくり | Main | 恋愛対象でない、存在 »

2005.09.27

「まさしく愚考だ・・・」byラインハルト

 「銀河英雄伝説」(著・田中芳樹)という小説があります。

 宇宙歴八世紀、後に帝国の皇帝となる、若き天才戦略家、ラインハルト、そしてその宿命のライバル(←本人は「そんな大層なもんじゃないさ」と言いそう)であり、唯一その天才とタメを張れる正義の味方、ヤン・ウェンリー(ついだから、こんなふうに肩書きをつけて面白がってしまいます^^)の物語でございます。

 その冒頭はこんなシーンから始まります。四万隻、自軍の倍の敵軍に包囲されようとしている帝国軍。それを率いるは、天才、ラインハルト。しかし、周囲の人間は、この若造を全然信用していません。ラインハルトが当時の皇帝の寵愛を受けている愛人の弟なので、コネだけで成り上がったやつだと思われていますので・・・

 まあ、つまり、この戦いが、ラインハルトの全ての戦いの始まりになりますから、結果は自ずから明らか。
 ラインハルトは、この戦いをひっくり返します。

 一方の敵軍、同盟軍の方に、ライバル、ヤン・ウェンリーがいるんですが、こちらはまだ准将でして、艦隊全てを率いる立場にありません。慎重に「負けない」ための、作戦案を出すものの、上官がそれを握りつぶします。なんせ、圧倒的な兵力差。普通に戦えば勝てるのです。
 そう、普通に戦えば・・・・

 無能な上官は、「非常識」(ヤンに言わせれば「想定の範囲内」)なラインハルトの用兵術に翻弄され、結果としては大敗を喫します。
 戦いの途中で、上官が怪我をして、ヤンがそこから指揮権を引き継いだため、一応、帝国軍に一矢報いることにはなるのですが・・・(それでラインハルトも「ヤン」という名前を覚えるのであった)
 この戦いがアスターテ会戦と呼ばれる、銀河英雄伝説という小説の最初の会戦です。

 と、まあ小説の話はどうでもいいっちゃいいんですが。
 私も先日の碁で、圧倒的有利だと思っていたのをひっくりかえされてしまいました。
 いや・・・置き碁でハンデをもらって打つことが多いので、いつだって、圧倒的有利なんですけどねえ。(笑)
 無能な戦略家はいつでも、自軍が圧倒的有利でありながら、目先に捕らわれて、敗北を喫してしまいます。

上官「キミは第四艦隊を見殺しにしろというのか!?」 
ヤン「今から行ってもどうせ間に合いません」

 いやはや。碁は元々、そういう戦場での用兵をゲームにしたものだと言われるのですが、なかなか、やはり、天才ラインハルトや、ミラクル・ヤンのようにはいきません。自分のやってることが、無能な上官そのものなのに気付き、昨日は思わず、自分の棋譜を見ながら失笑してしまいました。

 全体を見る・・・目先に捕らわれない・・・そして戦略の重要さは、散々「銀英伝」で見てきたのに、何やってんだかな~

 ラインハルトやヤン・ウェンリーなんて言わないけど、もうちょっと、普通の戦いで、普通に勝てるようになりたいです。せっかく艦隊指揮権が自分の手にあるのですから。
 碁の何が面白いって、きっとそれなのでしょう^^

|

« 「ボルケーノ」にびっくり | Main | 恋愛対象でない、存在 »

「囲碁」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

囲碁関係のブログをカキコミ専門で放浪している碁キチです。
TVアニメの「銀英伝」はよく見ていました。
イゼルローン要塞の攻防の場面が「銀英伝」では大好きでした。
よく見ていたといえばNHKの「囲碁講座」も長い事見ているつもりですが相変わらず万年級位者です。
またお邪魔します。 

Posted by: gokichik | 2005.10.04 at 01:48

いらっしゃいませ。
囲碁講座は、今度のクール、私、とても楽しみなのですよ。ちょうど、いろいろ思いこみの壁にぶつかっているところなので、それを変えてくれる、目からうろこの講座になりそうで。
大竹先生のときに、見るのをちょっとさぼりがちだったので、10月から、また、がんばろうと思っています。
そういう目からうろこの発見もまた記事にできたらいいなぁ。

碁の話以外にもいろいろ書いているブログですが、また、思い出した時にはいつでもお寄り下さいませ^^

Posted by: BUBI | 2005.10.04 at 12:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/6139761

Listed below are links to weblogs that reference 「まさしく愚考だ・・・」byラインハルト:

« 「ボルケーノ」にびっくり | Main | 恋愛対象でない、存在 »