« 上手と下手:すれ違いの訳 | Main | 囲碁ブログ選手権 »

2005.10.04

二番目の夢

♪ 人生は二番目の夢だけが叶うものよ
   ほら だって あの人は 私に残らない・・・
               (中島みゆき「シュガー」より)
 
 自分にとって二番目の夢ってなんだろうなぁと考えてみました。
 そしたら、私の場合だと「囲碁が強くなりたい」とか「病気をしないで健康でいたい」とか、いろいろあるんですが。夢には二種類あるのに気づきました。自分で努力すれば叶えられる夢と、絶対叶うはずはないんだけどそうなったらいいなぁという夢。
 たとえば、星新一の短編に出てくるような、海辺で壺を拾うと、中から魔神が出てきて、三つだけ願いを叶えてくれるっていうシチュエーションがあるとします。こういう時の夢は、後者ですよね。絶対叶うはずがないからこそ、魔神にお願いをしようとするんだよな。
 「シュガー」の歌に出てくる「二番目の夢」は、この場合だと前者な感じがします。自分でがんばって叶えようとする夢。でも一番は叶わない。二番目だけが叶う。
 二番目の願いは、私の場合もたくさん叶いました。二番目だから、たくさんっていうとちょっと変ですが^^
 でもね、それにはちょっとこつがあるのですよ。

♪宝くじを買う時は 当たるはずなどないと言いながら買います
                      (中島みゆき「あした天気になれ」より)

 これです。「何につけ一応は絶望的観測をする」(「明日天気になれ」より引用)これよ、これ(笑)。
 そうしとけば、はずれてもがっかりしない。当たったときはとっても嬉しい。そうやって生きてれば、常に二番目、三番目の願いは叶って、いつもHAPPAYでいられます。

 ああ、でも考えてみれば。だから、いつも一番目の願いは叶わないのか・・・(爆)

|

« 上手と下手:すれ違いの訳 | Main | 囲碁ブログ選手権 »

「中島みゆき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/6245934

Listed below are links to weblogs that reference 二番目の夢:

« 上手と下手:すれ違いの訳 | Main | 囲碁ブログ選手権 »