« 本格的に | Main | CoCo壱番屋に行きました。 »

2006.01.07

poem(34)

「空気」

きみを好きでいることは
私にとって空気の存在のように
当たり前で普通のことなんだけど
なぜか定期的に酸欠になって
苦しくなったりするんだよ

『無くなったら死んじゃうんだな』
っていつもいつも考えてる

|

« 本格的に | Main | CoCo壱番屋に行きました。 »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

BUBIさま、おめでとうございます♪ そしてコメント&TBありがとうございました。私からもTBしておきますね。

私にとって片思いは、煮詰まる日々の繰り返しです。
好きな相手に長らく会えなかったり、すれ違いが続いたりすると、自分や周りの空気が澱んでいくのが目に見えるようです(^_^;)
なので、空気とか酸欠という言葉が出てくるの、すごくよくわかります。
恋愛はノリと勢いだと思うので、できるならサラッと、気負いなく接したいところなんですが…。

Posted by: | 2006.01.07 at 23:42

いらっしゃいませー湊さん♪

恋愛はノリと勢いですか~
そんなふうに恋したことないわ~、私(爆)
だから重くなっちゃうのは重々分かっているのですけども^^;
ノリと勢いの恋愛をこれから目指すのはちと厳しいですが、
なるべく重くならない、優しくて穏やかな恋を続けていけたらなぁと思っています^^

Posted by: BUBI | 2006.01.08 at 20:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/8048519

Listed below are links to weblogs that reference poem(34):

» 台所にて [湊のよれよれ日詩]
何気なく お腹が空いたら何かを口にするように 本当に何気なく 人を好きでいることができればいいんだけど どうも私の想い方というのは 煮詰めてしまう分 それだけ多くの アクをすくい取らないといけないらしい... [Read More]

Tracked on 2006.01.08 at 22:40

« 本格的に | Main | CoCo壱番屋に行きました。 »