« 余命を宣告されたら | Main | 姫神の音楽~ブルガリアン・ヴォイスバージョン~ »

2006.01.16

「ホテルアンダティバリゾート伊豆高原」へお帰りなさい

 伊豆に、私の大好きな宿があります。それが「ホテルアンダティバリゾート伊豆高原」。
 先週末、1泊2日で行ってきたので、今日は、このホテルの紹介といきますか。
 (画像はないので、見た目はリンク先をどうぞ♪)
 「伊豆高原」駅のすぐ近くにあるバリ島風を模したホテルなんです。「アンダ・ティバ」というのはバリの言葉で「お帰りなさい」という意味だそう。

 「ホテルアンダティバリゾート伊豆高原」(以下「アンダ」)は、カラオケチェーン「パセラ」の姉妹店でして。カラオケの「パセラ」には、私、ずいぶんお世話になっております。
 パセラっていうカラオケ店は都内を中心にあるのですが、なんていうんでしょう、「豪華」なんですよね。最近でこそカラオケ店も食事を充実させてる店が増えてきましたが、昔は、カラオケ店の食事なんてのは、電子レンジでいかにもレンジでチンして作りましたっていうたこ焼きや焼きそばやピラフばっかりでした。まあ、カラオケでの食事なんてそんなもの、と思っていたのですが、その中にあってパセラだけは違っていて。おいしいんですよねーなんでも。料理でまずいものがあったら、返金します、なんて書いてあったりもしまして、以前から料理には気合いを入れていたようです。誕生日のスペシャルハニートーストの無料サービスも何度かしてもらいました。料理だけでなく、店の雰囲気やきれいな部屋などもお気に入り。「致せり尽くせり」の店なんですわ。

 で。そんなパセラの系列である、伊豆高原の「アンダ」もまた「致せり尽くせり」。
 バスタオルやタオルはもちろんですが、歯ブラシからドライヤーから部屋着から風邪薬、そして、マンガ、DVD、ゲーム、無料のドリンクサービス、風呂にいけば備え付けのシャンプーはいろんな種類があるし、クルクルドライヤーもあるし、マッサージのチェアは当然無料だし・・・このサービスの充実度が私は大好きなのです。
 そして、部屋はバリ島風のとても広い部屋。くつろげますなー。
 玄関を一歩入るといい香りのお香が焚かれていて、その香りもとても好きです。
 私はここに来るのはこれで二回目です。伊豆に旅行に行く、というよりはのんびりしにいくのにいい感じ。実は先週の土曜日などは伊豆も大雨で、観光には最悪の天候だったのですが「アンダ」に泊まってリラックスしてきました。もちろん、食事もいいですよ。量もほどほどの(←これ重要です(笑))創作料理フルコース。焼きたてのパンがまたうまい^^
 どうですか。行ってみたくなったでしょう^^ 私も帰ってきたばかりですが、また行きたい、です。今度はいっしょにいかが、ですか~♪

|

« 余命を宣告されたら | Main | 姫神の音楽~ブルガリアン・ヴォイスバージョン~ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

BUBIさん、こんにちは。

はい、行ってみたくなりました(笑)
一人でも行きたい!

私は、記事にもしていますが、12人という団体一歩手前状態で旅行に行く事が多く、さらに幹事ですから、楽しいけど大変なんですよ~。
実際ありがたいことなのですが、でもたまにはこういうホテルでゆっくりまったりしたいです~(^。^)

Posted by: チカママ | 2006.01.17 at 13:57

いらっしゃいませ、チカママさん♪
私の知り合いの方で、結婚してからずっと20年以上、自分だけで一人旅はもちろん、友達と一泊で旅行にでかけたりもしたことないという人がいて、話を聞いた時にびっくりしてしまいました。
お母さんって大変なんだなー。

でもたまにはほんと、ゆっくりまったりするのもいいですよ。チカママさんとこは子供たちももう大きいし、チカパパと二人でアンダ・ティバぜひおでかけ下さい。
私も今回は女性の友達と行ったのですが、お互いに
「次は彼氏と来たいねー」
なんて言っとりましたわ^^(←いつも言ってるらしい)

Posted by: BUBI | 2006.01.17 at 20:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/8185682

Listed below are links to weblogs that reference 「ホテルアンダティバリゾート伊豆高原」へお帰りなさい:

« 余命を宣告されたら | Main | 姫神の音楽~ブルガリアン・ヴォイスバージョン~ »