« 「スーパーサイズ・ミー」 | Main | 「中毒」の仕組み »

2006.01.22

ブログの定義

 ライブドアの堀江氏が自らのブログで、証券取引法違反の容疑について、関与を否定した、というニュースがyahooのニューストピックスにでておりました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060122-00000046-mai-soci

 記事そのものよりも、ここのところでちょっと「ん?」っと思いましたです。

ブログ(日記風の簡易型ホームページ)

 へえ。ブログって「日記風の簡易型ホームページ」だったのか・・・

 いえ、その・・・日記じゃないですよね、ブログって。そう思いませんか? 日記として書いてる方もいますが、私は日記というのは、基本的に自分のために書くものだと思うのです。自分だけが読むから、他人が読むとなんだかよく分からない記述があっても、どんな形式で書いてあってもかまわない。
 私は日記はこれとは別につけています。毎日書いているわけではないので、正確にいうと日記ではないのかもしれませんが。

 基本的には、ブログは人に読まれることを前提としています。自分以外誰も読まないのを前提にするのが日記。
 これってものすごく大きな違いだと思いますが、どんなもんでしょう。
 
 ブログを日記だとすると・・・いや、実は私、知り合いに「日記をネット上に公開してる人の気が知れない」と言われたことがありまして^^; それ以降、必死に否定するようにしています。
 「ブログは日記じゃないってばー!」
 ブログ上の記事は、なるべく他の人が読んでも何が書いてあるのか分かるように書くことにしていますし・・・。
 では日記じゃないとすると、ブログを誰かに説明するときになんと表現するのが適切なのでしょう。

「簡易型ホームページ」っていうのは、まあ確かにそうなんですが・・・
実際にやり始めて思うのですが、ホームページとブログって大きな違いが一つあって。
それは、ブログっていうのはコンテンツが一つしかないこと、です。
普通、コンテンツが一つしかないホームページなど、存在しません。
その代わり、ブログは一つしかないからこそ、毎日更新していくことができます。これこそブログの大きな特徴ですよね。

 結論。ブログは「ブログ」としか表現しようがない^^; ホームページとも日記とも違う新しい形式の表現形態だと思います。とはいえ、知らない人にはやはり何か説明しないといけませんよね・・・まあ「簡易型ホームページ」は仕方ないか。私も、人に説明するときは「ホームページの簡単なやつ」とか言ってるし。

 みなさんは「ブログやってる」と人に説明するとき、「ブログって何?」って訊かれたらどう答えますか?なんかうまい定義、ないですかねぇ?

|

« 「スーパーサイズ・ミー」 | Main | 「中毒」の仕組み »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

Comments

blogは人に見せる事を前提として書くもの。日記は自分だけが見るものとして書くもの。というのは最もだし、バランス感覚のある認識だと思います。ただ、このあたり事が結構曖昧な方が多いですよ。
その為に、人の目の付く場所で書くことじゃないだろうというような事を書いてトラブルになる事が起こるわけです。

それに、土佐日記があるように、古来より日記と称される文学もあるわけですから、日記=自分だけが見るものと定義しきれないと思います。

>、「ブログって何?」って訊かれたらどう答えますか?
ネットでエッセイ書いていると説明するのはどうでしょう。日々感じたことや自分の考えをつらつらと書いてますというのが、BUBIさんの感覚に一番近いんじゃないでしょうか。

Posted by: cherry | 2006.01.23 at 00:30

こんにちは。
私は当初、日記として自分のページを始めようと思ったんです。
でも、私のページに登場したローカルなキーワードを辿られて、「私」がちょっとバレつつありまして、、、
それ以来、本来日記に書くような内容は書けなくなりました。
そもそもブログを公開しているんだから、こんな事態になることは当然予想されたんですけど、こんなに簡単にバレるとは思ってもいなかったもので。。。
ちょっと考えてみましたけど、私の答えも、cherryさんのコメントに近いかもしれないですね。
それでも、読んでいただける皆さんに向けた記事ばかりではなく、自己満足のみで書いている記事も多いから、ちょっと日記に近いかもしれないです。

Posted by: HR-Miller | 2006.01.23 at 07:48

>cherry様

なんだかcherryさんにBUBI「さん」と呼ばれるとちょっと怖いわね^^; BUBIって呼び捨てでいいですよ~ 私ももしOKがでればcherryさんじゃなくてここではcherryって呼んでいいかしら?

 ブログの定義についてのコメントありがとう。「土佐日記」かぁ・・・なるほど。元々の「日記」という言葉自体には「人に見せない」という意味はないのね。
 ちょっと考えてみたんですが、人に見せることを前提に日々の出来事を綴るとすれば・・・それって「日誌」じゃないかな、とふと思いました。
ほら「学級日誌」ってあったでしょう?あれって、先生に読まれることを前提に学級であったことを日々綴る。
 ブログってまさしくそういう意味では「日誌」なのかも!?
 続きは、HR-Millerさんへのレスにて。

Posted by: BUBI | 2006.01.23 at 10:15

>HR-Miller様
 HR-Millerさんの記事は、私のような知らない人が読んでも充分に読める記事なので、当初は日記としてスタートしたなんて、ちょっと意外です^^
 ネットという公開された場所で、どこまでを書くべきか、書いていいのか、というは、きちんと定義づけがあるわけではないのでしょうが、それが自己満足かどうか、ということとは別に、「人に読んでもらいたい」というのが動機付けとなって書かれているのがブログだと私は思っています。「自分以外の誰かに読んで欲しい」という思いがある以上は、それは日記とはちょっと意味合いが違うかな、と。
 自己満足かどうかには、私はあまりこだわってはいません^^; あらゆる他の創作物だって、きっと最初は、作者が一番満足して作り上げているのでしょうから。
   
 私もたまに自分の恋愛事情などをブログのネタにすることがありますが、やはりそれも「誰かに聞いてほしい」という思い故でして。cherryさんが書かれていたように「人の目の付く場所で書くことじゃないだろう」かっていうのは常に自問するところではあるのですが・・・

 中島みゆきの歌でこんなのがあります。

♪身の上を知ればこそ明かせない悲しみもある
♪通りすがりの人なればこそ言える罪状もある
 
 中島みゆき「カーニバルだったね」より

 私にとってはブログを書くときってそういう意味もあったりします。
 まあ、だから「私」がばれるとちょっと恥ずかしい気がしたりもするんですけどね^^

Posted by: BUBI | 2006.01.23 at 11:49

私もblog=日記っていうのはちょっと抵抗あります。
不特定多数の方に見られる前提(キーワード入力などの規制がある場合は無視)なら、それなりの配慮があるようにって。
だから、私はblogは「(原則)毎日更新のコラムだ」と言うようにしてます。

日記みたいに毎日更新しちゃうから、どうしても日記風味になっちゃう人が多いけど、webで晒しているだけに、そこには一般市民のなんでもない日記があっても、お客さんはリピートしてくれないわけですから。

もう一つの使い方として、たとえば囲碁なら対局結果を分類(「勝」のカテゴリと「負」のカテゴリわけ)して積もっていくのを見ていく、という手もありますよ(何勝何敗か、カテゴリで分類すれば一目でわかる!)

去年どれくらい対局したのか思い出せなかったので、今年はこの方法で、対局結果をつけていこうかな?と思います。晒しモノになってるから、かくしていないのでばれるでしょうけど、それはそれでいいかな?と♪
その時に思った感想や、反省点も書いてますし。
でも、自分だけのスペースとして、他人には広く宣伝していません。

簡単な操作で作れるblogですが、作ってすぐ放置ってのもあるから、乱立しそうでちょっと不安(汗

Posted by: pg | 2006.01.25 at 08:34

いらっしゃいませ、pgさん。
時々考えるのですが、訪問されるみなさんのことを考えると、ブログはテーマごとに分けるべきなのだろうと思います。
私だったら「囲碁」「詩」「映画やテレビの感想」「その他」くらいに。
ただ、それだと更新が限られちゃうのですよね^^;
それこそ作ってすぐ放置しちゃったりして。
「日記」とは違うのですが、毎日更新することはブログの命でもあります。
そのためには、書くことはやはり「なんでもあり」にならざるを得ないのかも。

私はぶっちゃけ、書く内容は、
「一般市民の何でもない一日」
でもいいと思っています。
でも、同じ一日を書くのでも「日記」とそうじゃない記事というのはかなり違ってくる。
読む人の目を意識したときから、それはもう日記じゃなくて「コラム」だったり「エッセイ」だったりするのかもしれません・・・というかやっぱそうであって欲しいですね~。

Posted by: BUBI | 2006.01.25 at 16:35

BUBIさん、こんばんは。

「日記」を辞書で引くと『毎日書く』みたいなことが出てくるから、それでブログが日記と言われたりするのではないでしょうか。
「簡易型ホームページ」って言うのも、今までのホームページより更新が簡単っていうことだから、言い得て妙ってことなのではないかなあと思います。

ホームページを持っている人たちもブログを始めるとブログばっかり更新してしまうみたいですよね。

私がブログって何?って聞かれたら何て答えるでしょう、う~ん。
「好きなことを書いてネットで公開している」かなあ。
私は何でもあり、の内容ですが、ネットで公開している以上、誰でも見ることが出来るわけで、出来るだけ、読んでくれているかもしれない人が不快な気持ちにならないようにって思っています。断定しないとか、考えを押し付けないとか、それは言葉一つ取ってみても変わって来ますよね。
まあ、それは私がどう書いてみても、感じるのは相手ですから、それこそあくまでも自己満足ですけどね。

ブログを生活の糧にしている人もいるようだし、ネット環境や生活パターン、使い方や感じ方も人それぞれだなあと、コメントや掲示板を見ていると感じます。

わあ、ごめんなさい、こういう話題、話が終わらなくなりそうだから、この辺で失礼します(^。^)

Posted by: チカママ | 2006.01.27 at 18:33

いらっしゃいませ、チカママさん。
自分でブログを書くようになってから、ブログって何だろうな、ってたまに考えます。

人それぞれではあるのですが、やっぱり自分だけのものじゃなくて、ネットの向こう側に誰かがいて読んでくれていることを意識しないといけないなぁと思います。
チカママさんのブログも私にも読みやすくて、ちゃんと読む人のことを考えて書いておられるなって思いますよ^^

で、それを意識して書いているなら「日記をネットで公開している人の気がしれない」と誰かに言われてもどきっとしないでいられるはず・・・
はずなんですが。
つい、私は
「日記じゃないってばー」
と言いたくなっちゃうんですよね(笑)

たくさんコメントをいただけるのは嬉しいです。
またたくさん書いてくださいねー^^

Posted by: BUBI | 2006.01.29 at 17:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/8286108

Listed below are links to weblogs that reference ブログの定義:

« 「スーパーサイズ・ミー」 | Main | 「中毒」の仕組み »