« 風邪三日目 | Main | 風邪四日目 »

2006.01.09

古畑任三郎はいかがでしたか?

 正月の3日、4日、5日、三夜連続で古畑任三郎スペシャルが放映されました。ご覧になりましたか?
 私、好きなんですよね、古畑~。

 1話:今、蘇る死
 いや、私、全然、誰が犯人かなんていう予備知識はなく見たものですから。今回のゲストは藤原竜也で、犯人も藤原竜也だとばかり思って最初から見ていたので、彼が、猟銃で死んでしまうところでびっくりしてしまいました。誰かが影で全ての脚本を書いていた、としたら、あのことも、このことも、と思い当たる伏線に、その時点で気付き、そういう意味では、古畑さんと同じ目線で衝撃を受けていたので、この作品は文句なく、楽しめました。
 これほど完璧な殺人計画を私も、知りません。やっぱりすごいや、古畑任三郎って~! 2話も3話も絶対見るぞ、と思った瞬間でした(笑)

 2話:フェアな殺人者
 イチローがゲスト出演する話。イチローって演技、うまいですねー。本職の俳優かと思うほどの存在感。野球やめたら、俳優をやれますね、彼。ということで、イチローがすごい、というだけの2話でした。だって、フェアも何も、イチローが犯人なのは決まってるし、うそつかないなら、自白で決まりでいいのではないかと、思ってしまう私って単純かしら。

 3話:ラスト・ダンス
 松嶋菜々子がゲスト出演する話。これは、ミステリーではなくて、たとえば今回の1話とは違う視点で見るドラマだったようです。殺されたのは姉か、それとも妹か、分かるまでちょっとどきどきしたけど、グラスの口紅と黄色いコートに気が付かなかった時点で、私にはすぐに真相は分かりました。あとは古畑さんが追い詰めるまでもなく、ぼろがでてしまう、哀れな殺人者、姉・もみじ・・・
 古畑さんが好きになったのはかえでさんで。殺されたのがかえでさんだった、と知った時は古畑さんはちょっとショックだったろうなぁと思います。
 ミステリーとしてはすぐに入れ替わりが分かっちゃいますから、そこは「あれれ」って感じですけど、ラスト、結局、あれだけ大胆な計画をし妹と入れ替わろうとしたのに、何もかもうまくいかずに、妹を殺した、という事実だけが残ってしまう犯人の悲しさ、にはちょっと心を動かされました。古畑さんとのラストダンスのシーン、よかったです。
 私は1話の方が好きですけど^^

 古畑任三郎、これでもう見られないのか・・・ちょっとさみしいなぁ。
  

|

« 風邪三日目 | Main | 風邪四日目 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/8080219

Listed below are links to weblogs that reference 古畑任三郎はいかがでしたか?:

« 風邪三日目 | Main | 風邪四日目 »