« Junoさんと初対局 | Main | 水族館占い »

2006.02.07

poem(36)

  オトナになるために

オトナになるために
一番大切なことは
「ひとりで生きていけること」
なんじゃないか

誰にも頼らずに生きていけるようになれば
自分の悲しみや苦しみを
誰かのせいにしなくて済むようになる
苦しい時や悲しい時に
誰かを責めずに済むようになる

そう・・・それは
悲しみや苦しみを
自分のココロで乗り越えられる
不思議な力を手に入れることに等しい

オトナになるために
一番大切なことは
「ひとりで生きていけること」

そうしてオトナになったあとに
一番最初に覚えることは
「ヒトを愛すること」

生きるのもひとり 死ぬのもひとり
でもたくさんの人を愛せれば私たちは
孤独ではないんだよ・・・きっと

|

« Junoさんと初対局 | Main | 水族館占い »

「詩」カテゴリの記事

Comments

 BUBI様、こんにちは。
 とても説得力があり、考えさせられ、最後に希望の光がある・・・なんだか読んでいて心があたたかくなる詩ですね。
 「ひとりで生きていけること」の次は「人を愛すること」。学ぶことがとても多いですね。
 自分も早く「ひとりで生きていける」用になりたいなと思います。
 それでは失礼いたします。

Posted by: 中見盛 | 2006.02.08 at 19:39

中見盛さん、poemにコメント、ありがとうございます^^
ブログ、いつも拝見してますよ。
子供達と分かり合えてよかった~

私は、母がそううつ病だったので(うつとそううつの「うつ」は違うらしいので一概にはできませんが)ココロの病気については多少知っているつもりです。
病気だと、良い方に向いていたいと自分では思っていても、どうしても気持ちが落ち込んでしまったりするものです。
それでまたそういう自分を責めてしまうんですよね・・・
うつになったときは、中見さん自身がダメなんじゃなくて「うつ」という病気のせいなんだから、ということを思い出して下さいね。

Posted by: BUBI | 2006.02.09 at 12:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/8548250

Listed below are links to weblogs that reference poem(36):

« Junoさんと初対局 | Main | 水族館占い »