« いい打ち手になりたい | Main | ドラゴンクエストⅧクリアしました »

2006.05.02

poem(44)

思い出したよ
私はこうして生きてきたんだった
人間てみんなしょせん一人なんだし
私はそれで幸せだった

なのに
誰かといっしょの人生を考えてしまったのは
やっぱりきみと出会ったから

似ているところが多過ぎて
もちろん違うところも多いんだけど
それぞれに違う孤独を抱えていて
それがひきあってしまったのだろう

面倒を見てくれる誰かなんて
私には必要じゃない
ちゃんと一人で生きていける

誰かに必要とされなくていい
私の書いたものがほんの少しでも
見知らぬ誰かの心を温めてくれればそれで

私はこの世界で
それだけの小さな存在で
それだけで幸せだった
なのに

「ひとりじゃないかも」
って思っちゃった
つまりそれが恋っていうこと

きみが大好きだよ
今この瞬間も泣き出したいくらい
きみのことが大好きだけど

・・・思い出したよ
私はこうして生きてきたんだった
きみと出会うまでずっと一人で

だから
きみが遠くにいってしまっても
もう誰も愛さなくても
ちゃんと一人でやっていける

きみを好きになってから
長いことすっかり忘れていたんだけど

やっと・・・本当にやっと今
思い出したんだよ

|

« いい打ち手になりたい | Main | ドラゴンクエストⅧクリアしました »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/9841694

Listed below are links to weblogs that reference poem(44):

« いい打ち手になりたい | Main | ドラゴンクエストⅧクリアしました »