« 彼と彼女の物語2 | Main | ブログと「責任」の話 »

2006.05.24

またおめでた^^;

 今、私と同じ係の女性が二人、産休&育休中ですが、またまた、今度はさすがに同じ係じゃないんですが、同じ課にいる女性に子供ができたとのこと。産休に入るのはしばらく先ですが。

 ・・・いや、まあ子供ができるのはめでたい。日本の将来のためにも・・・
 ・・・しかし・・・しかしなぁ・・・

 この女性も子供、三人目です。三人も子供がいて、それでも働くなんて、大変じゃないのかなぁ?
 実際、今までも残業はできなかったし、残業しなくても大丈夫なような、あまり忙しくない係にいます。
 彼女は、それをどうも「当たり前」だと思っているみたい。
 「子供がいるんだから」ってね。
 当課に配属になったときも、課長に「がんばってね」と言われて「子供がいるから、がんばれません」と言ったとか。
 そこまで割り切ってしまえるということは、周りには何と思われてもその人は構わないのでしょうが、目の前でそういう姿を見せられてしまうと、私自身のモチベーションが下がってしまいます^^; 一生懸命働くのが、ばかばかしくなってきちゃう。同じ女性だから余計、なのかな。

 でも、男性からはそういうのってどう見られているんだろう。
「女だからしょうがない」
ってことになるんだろうか。これじゃあ、メスくさい課とか言われてもしょうがないのかな^^;;;; うう・・・なんかやだ。
 

|

« 彼と彼女の物語2 | Main | ブログと「責任」の話 »

「仕事」カテゴリの記事

Comments

 BUBI様、こんにちは。
 教員の世界では、教員どうしの夫婦も多いですし、管理職にならないと決めている人は「子どもがいますので」で割り切っている人が多いですね。

 私個人の意見としては「管理職にならないと決めている人はご家族をお大事に・・・。管理職を志している人は両立してくださいね。」といったところでしょうか。

 でも私だったら「がんばれません」のコメント聞いた瞬間にモチベーションはガタッと落ちますね。
 「頑張っているこっちはなんじゃい!」と思うかも・・・(^^;)。

 最後に、先日すてきなアドバイスを伝授していただきありがとうございました。おかげで吹っ切れて、元気にやっております(^^)。
 

Posted by: 中見盛 | 2006.05.24 at 20:37

BUBIさん、こんにちは~

>モチベーションはガタッと落ちますね
そうですよね。 解ります。 その気持ち。

一方で、彼女の様に公言して憚らないか否かは別にして、「母親」にとっては子育てが絶対に第一優先事項のはず。
だから、仕事は生活の為に自分の時間を切売りする程度の感覚の人は多いですよね。

こういう「母親」を社会や会社組織が、どう受容れるか・・・。
おそらく、「母親」サイドの意識が変化する可能性は少ないですよね。本能的に第一優先事項だから。
この「母親」は、昔の相互助合い社会には溶込めたが、今の実績・能率・時間効率重視の競争社会には適応できない。

>日本の将来のためにも・・・
「母親」希望者を如何にして増やすかって考えると、きっと社会の方が意識変化するしかないよね。
たぶん、モチベーションが下がるのでは無くて、
--よし!みんなで「母親」を頑張って支えるぞ~--
って社会でなければ、本質的には解決しないんでしょうね。
・・・・・ムリだな。^^

Posted by: はじめ | 2006.05.25 at 10:55

どうもです。都筑てんがです。

<当課に配属になったときも、課長に「がんばってね」と言われて
<「子供がいるから、がんばれません」と言ったとか。

「子育てが大変ですけど、自分の出来る範囲で頑張ります」ぐらい
言えないものかなぁ…。(*´д`*)
明らかに士気を下げてるんですけど…。

「メスくさい」と言う人がいるのも、
こういうのが要因なのかしら…とか
ちょっと考えてしまいました。

…。
……。
………。

…それはそれとして。

囲碁が「オヤジ臭い」「ダサい」「暗い」
っていうのと、上と似たような感じで
そう思うだけの原因があるのかな…とか。

…まぁ、「オヤジ臭い」「ダサい」「暗い」って
NHK杯を見れば一目瞭然なんですけど

_| ̄|○

NHK杯の番組構成をなんとかしないと、
「オヤジ臭い」「ダサい」「暗い」っていう
レッテルはいつまでたっても剥がれないと
思わずにいられない今日この頃です。

Posted by: 都筑てんが | 2006.05.25 at 19:47

みなさま、コメント、ありがとうございます。

>中見さん
 難しい状況は続いているようですが、元気で何よりです。また、「まいったなぁ」と思う時はブログで吐き出すことも大事ですよ~

>はじめさん
 レスしようとしたら長くなっちゃったので、記事の方でまたちょっと続きを書きました。よろしければまた読んでやってくださいまし。

>てんがさん
てんがさんて男性ですよね?
私、囲碁の女流棋士ってみんな美人だなぁと思うんですよね。

男性棋士だって、探せば、新庄やイチローみたいな人がいるような気が^^
この間、ちょっと記事にした倉橋九段なんてけっこうイケてますよ。

ダサい、オヤジくさい、暗いなんて、囲碁やってる我々が、自分でレッテル貼っちゃいけません。物は考えようです、何事も前向きにいきましょう(笑)

NHK杯は、あまり派手に演出のしようもないし、私はあんなもんじゃないかと思っています。解説の女性が美人ならいいじゃありませんか^^・・・ち、違います?^^;

Posted by: BUBI | 2006.05.26 at 11:59

NHK杯については、ウチのブログの
以下のエントリで愚痴ってます。
http://punigo.jugem.jp/?eid=18
http://punigo.jugem.jp/?eid=20

あんなに退屈な2時間番組って
他にあるのかしら…ってぐらい
時間の使い方が悪い気がします。

ていうか、この棋士の方々、誰?
…って、経歴だけ紹介してどうするよ?
ていうか口頭で説明されても分かるかいな。
録画でしょ?なんで編集しないの?
なんでCG使わずに手で並べてるの?

弱小の地方テレビ局ならともかく、
「天下のNHK」でしょ?

…などなど。

…。
……。
………。

…NHK杯は、人間としての温かみが
ほとんど感じられない、ただ淡々として
退屈極まりない番組構成なもんで、
「オヤジ臭い」「地味」「暗い」っていう
囲碁のネガティブなイメージがそのまま
当てはまってしまう番組だと思ってます…。

もうちょっと、「人間味」を伝える
努力をしようよ…NHKさん…。

Posted by: 都筑てんが | 2006.05.26 at 17:39

こちらへのレスが遅くなりましたが、てんがさんの記事の方にコメントをつけさせていただきました。

私はNHK杯、けっこう好きなんです。
最初はなんだか分かりませんでしたが、今はけっこう見ていて面白い・・・時もある(笑)
けだるい日曜の午後、昼ごはん後のまったりとした時間に
「10びょ~う、20びょ~う・・・・」
いやぁ、ちょうどいい子守歌に・・・え?いや、ほんとに好きなんですってば~(爆)

Posted by: BUBI | 2006.05.28 at 22:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/10218335

Listed below are links to weblogs that reference またおめでた^^;:

« 彼と彼女の物語2 | Main | ブログと「責任」の話 »