« 「ダ・ヴィンチ・コード」の不思議 | Main | 中パッパは大切です。 »

2006.06.30

poem(46)

「根拠」

きみを失うなんて考えたことがない
ずっといっしょにいられると信じていた

それが何の根拠もないことに
今朝いきなり気付いてしまった
だって手紙も届いたことがない
電話番号も知らない

今日も明日も明後日も
お互いがそれぞれの場所で
幸福でいられるなんて
なぜ何の疑いもなく
信じていられたのだろう

『今日きみを失うかもしれない』

そう思ったら怖くなった

『明日きみを失うかもしれない』

きみのいない世界でも
臆病な私は死ぬことさえできはしないだろう

「もう二度と会えないかもしれない」
そう思ってきみの側で泣いた
あの夜にもう一度 還(かえ)りたい

「またいつか会える」

根拠などなくても
信じなければきっと
私にとっての未来は
私にとっての明日は

|

« 「ダ・ヴィンチ・コード」の不思議 | Main | 中パッパは大切です。 »

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/10733459

Listed below are links to weblogs that reference poem(46):

« 「ダ・ヴィンチ・コード」の不思議 | Main | 中パッパは大切です。 »