« あやしいチラシ(追記あり) | Main | 「まあ、いいや」の心理 »

2006.08.03

私にも学習能力があるんだなぁ~「ヤンガスと不思議のダンジョン」

 最近は、プレイステーション2の「ヤンガスと不思議のダンジョン」というゲームをやっています。
 私は、コンピュータゲームというとRPGオンリーなのですが、この「ヤンガス・・・」は、ゲームにまったく縁がない人でも名前だけは知っているであろう「ドラゴンクエスト」というRPGゲームの、シリーズのⅧに登場するキャラクターを使っていますので、珍しく手にとってみました。
 ゲーム通には「ダンジョンもの」と言っただけで、内容が分かるらしいのですが、簡単に説明すると、まず、迷路のような場所があって、そこにいろいろな宝物がある。主人公は、その迷路でいろいろな宝物を探す。
 基本的には、それだけが目的のゲームです。
 迷路には、うじゃうじゃと敵がいて、敵を倒しながら宝物を取っていくのですね。

 何が面白いんだ?ということですが、まあ、見たことのない宝物を見たり、見たことのない強い敵(モンスター)と出会い、それを倒したりするのが楽しいわけです。あまり突っ込まないで下さい(爆)

 RPGというものの説明が後になりました。
 RPGという言葉は、「ロールプレイングゲーム」の略で、言葉そのもののの意味はちょっと違いますが、コンピュータゲームの中のRPGとは、「主人公がゲーム中で成長していく」という設定で知られています。
 つまり、ゲームを始めた頃の主人公は、弱い敵とちょっと戦っただけですぐ死んでしまったりするのですが、何度も何度も戦う内に、しだいに成長し、強くなり、最後はものすごい強い敵にも勝利することができる・・・それがRPG。
 私は、最初に書いたとおりコンピュータゲームというとRPGしかやったことがないので、何度もプレイする内に、主人公は強くなっていくのが普通だと思っていました。

 ところが、この「ヤンガス」は違うんです。
 
 迷路に入って、敵と戦って、経験を積んでいくと迷路の中では強くはなるのですが、迷路を出てしまうと、また始めた時の状態に戻ってしまいます。
 ゲーム通の友達に言わせると「ダンジョンものなんだから当たり前」だそうですが、私にとっては、「えー、こんなゲームってありなの?」って感じでした。
 それでも、この「ヤンガスと不思議のダンジョン」というゲームでは、主人公のヤンガスは全く強くなりませんが、敵のモンスターと戦うと、その敵を、自分の仲間にできるというシステムがありまして。その仲間にしたモンスターは、迷路から出てもちゃんと成長したまま。迷路で経験を積めば積むほど強くなります。おかげで、主人公は弱いままでしたが、仲間達のおかげで、なんとかゲームをクリアすることができました。

 が、問題はここから。たとえば小説なら最後まで読んでしまえばそこで終わりですが、このゲームは、一度クリアしても、その後、さらに新たな迷路が現れます。今は、それをやっているところなのですが、なんと、その迷路は、仲間にしたモンスターも、武器も、道具も、何も持たずに、体一つで入らなければいけない迷路でした。

 迷路に入る → 敵と戦う → やっつけられる → 迷路の入り口に戻る → また迷路に入る →また敵と戦う → またやっつけられる → 入り口に戻る・・・エンドレス。

 なんなんだ、こりゃ、と。
 
 何度戦っても、敵にやっつけられて迷路の入り口まで戻されてしまえば、ヤンガスは全く強くならないですから、同じことの繰り返し。もう何度、この迷路に入り、入り口まで戻されたことか。

 さて・・・何も成長しないなら、全ては「徒労」。
 ここでみなさんに質問です。
 こういうゲームって一体何が楽しいと思いますか?(笑)

 迷路は地下1階からどうも地下30階まであるらしく。
 主人公のヤンガスは弱いままですが、最初は1階や2階でゲームオーバーになっていたのに、今は、がんばれば20階までいけるようになりました。
 何度も言いますが、ヤンガス自体は強くなってない。なら、なぜ最初は1階や2階までしかいけなかったのに、今は20階までいけるんでしょうか。

 それは・・・私が強くなってるんですね^^
 ヤンガスは強くなっていない。何度迷路に入っても、敵にやっつけられるたびに元に戻ります。
 でも、どうして失敗したのか、なぜそこでやっつけられてしまったのか、やっつけられないためにはどうすればいいのか・・・画面に数字となって現れたりはしませんが、プレイヤーである私はゲームをやった時間だけ経験を積んでいる。経験を積めば、同じ状況に遭遇した時に、どうすれば先に進めるかが分かってくるんです。
 罠の種類や敵の特徴を覚え、気を付けて進めば、0からスタートしても、いつかはきっと迷路の一番奥底までたどり着くことができる。「ヤンガスと不思議のダンジョン」というのはそういうゲームなんですねー。

 つまり、リアルRPGなわけだ。びっくり。

 ・・・いえ、すみません、普段いろんなゲームをやってる人には、当たり前のコトなんですが、普段RPGばかりをやりつけている私はちょっと、この発見にコーフンしてしまいました。
 そして。
 そうか、こんな私でもちゃんと日々、経験値を積み、成長してるんだなぁ^^と。

 RPGは、テレビの画面の中で、架空のキャラクターが架空の経験を積み架空の成長をしていきます。
 全てフィクションだから、それは小説を読むのに近く、現実のプレイヤーは何の成長もしていないわけです。まあ「遊び」というのは役に立たないからこそ「遊び」なんですけど。

 でも人には学習する能力があり。やればやっただけ、経験を積んでいく。
 すごいなぁと。この力があれば、もしかしたら・・・そう、もしかしたら・・・

 囲碁だって強くなれるんじゃないか!?(←それかよ)

 ちゃんと注意深く。罠を踏んでしまったら、次に踏まないためにはどうするか。敵の挟み撃ちにあってしまったら、そういう状況にならないためにどうするか。自分のHPを減らさずに、相手にダメージを加える方法がないか。その都度、しっかり考えて、二度と同じ失敗をしないようにすれば、最初は2階までしか行けなくても、30階まで行けるようになる。
 囲碁も、今は6級だけど、初段だって本当に夢じゃないかもしれない。きっとなれる時が来る。そう思ったら、なんだかとても勇気が湧いてきました。ありがとう、ヤンガス!

 というわけで・・・こらこら、そこの人。「囲碁もゲームじゃん」とか言わないように(爆)

|

« あやしいチラシ(追記あり) | Main | 「まあ、いいや」の心理 »

「ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/11243171

Listed below are links to weblogs that reference 私にも学習能力があるんだなぁ~「ヤンガスと不思議のダンジョン」:

« あやしいチラシ(追記あり) | Main | 「まあ、いいや」の心理 »