« 雨が続いています | Main | もっといろいろな手を打てるようになりたい »

2006.09.15

poem(48)

きみがそばにいなくても
私はちゃんと生きていけるんだけど
きみがこの世界からいなくなったら
どうして生きていけばいいんだろ

 ☆     ☆     ☆

失うものなんて始めから
何もないと思っているのに
まだ失うのが怖いんだ・・・と思い知らされる毎日

どうしてか信じられない
遠くにいても
「きみが元気で幸せでいる」
って

連絡が来なくなると
日が経つにつれ
きみのことしか考えられなくなっていく

きみは元気でいるだろうか
私を忘れて・・・そう、ただ忘れて
新しいことに夢中だったなら
それならそれでいいのだけれど

(何のために?)
なんて私にも分からない
理由も何もないけど
ただきみを失うのが怖い

きみは無事でいるだろうか
病気になってしまっただろうか
事故にあったんじゃないだろうか
・・・
・・・
そうしてきみからくる一通のメール
それがどんなに私を救うのか
きみはきっと知らないだろう

きみが私にとって何なのか
答えを出そうとすれば比較的簡単
名付けてしまえば多少のニュアンスの違いはあれど
それらしく聞こえるだろう

だからあえて名前はつけない
きみはきみ
大好きな、私の・・・

|

« 雨が続いています | Main | もっといろいろな手を打てるようになりたい »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

別れても、離れても
こんなことを想ってくれていたら、
嬉しいでしょうね・・・

Posted by: k | 2006.09.15 at 20:46

kさん、おひさしぶりです^^
コメントありがとうございます♪

いやぁもう、想うことしかできないもので^^;
いえ、想わずにはいられないんですよね~
元気でいるといいな。

Posted by: BUBI | 2006.09.19 at 00:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/11906043

Listed below are links to weblogs that reference poem(48):

« 雨が続いています | Main | もっといろいろな手を打てるようになりたい »