« 家族、とは | Main | 「年金分割」のニュースを見て »

2006.10.10

poem(49)

「雪待ち歌」

日差しはまだ暖かいけれど
もうしばらくたてば
今年もまた
あの冬がやってくる

あまり寒さが厳しくないといい
でもちゃんとした冬であればいい
厚手のコートに身を包み
えり元をマフラーで守るその季節 
晴れた夜にはオリオンを見上げ
曇り空の昼には雪の気配に空を見る

私も・・・
雪になれたらいい
音をたてずただ降り積もり
明るい日差しには消えてしまうだけでも
この冬も雪は
必ずここへやってくる

約束があるわけではなく
会えると信じたわけではなく

ある寒い朝
白く曇った窓の外に
降りやまぬ雪を見つければ
私はまた
大切なきみを思い出すのだろう

大切な想いを・・・思い出すのだろう

|

« 家族、とは | Main | 「年金分割」のニュースを見て »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/12223353

Listed below are links to weblogs that reference poem(49):

« 家族、とは | Main | 「年金分割」のニュースを見て »