« 分からん・・・復党問題 | Main | 寝る瞬間の記憶 »

2006.11.28

人を信じて傷つく方がいい・・・?

 私と同期入社の男性で、とんでもない人がいます。
 とにかくいつもお金に困っている。同期でも何人かお金を貸して返ってこない人がいるとか。
 私の知っている友人も、
「あ、銀行で下ろすの忘れた。ちょっと2000円くらい貸して欲しい」
 と言われて貸したことが度々あるとか。それは返ってきたらしいですが。
 
 で、よくよく聞くと、どうもいわゆる多重債務を抱えているらしく。職場にもよく借金取りから電話がかかってくる。入社したての頃には、課の親睦会費の使い込みまでやらかしたらしいです。そんなにお金に困っているのはなぜかといえば、しょうもないことに賭け事大好きなのだとか。

 しかし、いずれも噂。というか、本人には不名誉なことですから、知っている人は知っていますが口外しないのがマナーって感じで。なので、知っている人は知っている、知らない人は知らない。そんな状況で入社10数年。彼は相変わらず金に困っているようです。

 実は最近のこと。
 ある、人のいい先輩が、彼を信用し、出張にいくときの切符の手配をお願いしました。そうすると、彼は、先輩の代わりに切符を買い、あとで先輩から料金をもらった。
 ところが、その切符は、旅行会社で手配した割引のチケットで。先輩には、正規の料金だといって、偽の領収書までつけて、正規料金をもらっていたんですね・・・

 領収書は絶対に必要です。なぜなら、その出張の旅費は、会社が精算するから。
 
 人のいい先輩は、職場にその、偽の領収書を提出しました。詳細は省きますが、それが偽だということが発覚し、偽の領収書で会社に旅費を請求した、その先輩の処遇の問題となっています。

 その先輩は彼を心配し、彼の名前を最後まで出しませんでした。自分で切符を買わないで、人に買わせた自分も悪い。だから自分が責任をとって、もらった旅費は全額返還すると言っています。

 ・・・しかし、それでいいのか。金を返せばいいってもんじゃない。
 
 彼は仕事はできるみたいです。人当たりもよく、一見、好人物。でも金にだらしがなく、人にそうやって迷惑をかけている。
 そんな人だと知らない誰かがまた、そうやって彼をうっかり信用して、お金を貸しちゃったりするかも。それでも知らないのが悪いのかしら。そういう人だって知っていても、黙っているのがマナーなのか?
 
 信じられぬと嘆くよりも?
 人を信じて傷つく方がいい?
 
 そんなこと言ってていいのかしら。洗いざらい彼のやってきたことを公にし、二度とこんなこと起こらないようにしないといけないのでは。いや、そもそも、そんな人を雇用し続ける事自体、我が社は大丈夫なのか。

 人を処罰するなんて誰だってやりたくないです。でも、いくらなんでもこれはひどすぎる。
 彼は職場そのものをなめています。首にはならないだろうと思っているし、うまくやった人間が得をするんだと思っている。そう思っていなければ、これまでだって、散々、迷惑をかけておきながら、なぜまたこんなことをしでかすんだか。

 ・・・もう、モラルもへったくれもないですね、こうなってくると。
 私はけっこう人を信じやすい人間ですが、裏切られたら、そのことを忘れません。
 彼には相応の処分があって然るべきと思います。
 しかし、職場の男性方は、彼に甘いんだよなぁ~~~ なぜなんだ^^; わからんっ!

|

« 分からん・・・復党問題 | Main | 寝る瞬間の記憶 »

Comments

もしや・・・
男性だけにしかわからない、妙な弱みを握られている?とか。

私もこういうタイプは一番嫌いです。
お金にだらしない人って、最低です。
その上、人の心まで踏みにじっているところが溜まらないです。

Posted by: pg | 2006.11.28 21:35

信じられぬと嘆くよりも
人を信じて傷つく方がいい


これは、人に裏切られた人が、
「もう誰も信じられないわ」
ってなった時に、
「いやいや、そうじゃないよ」
っていうフレーズであって、
信用に値しない人を信じろ、
と歌っている訳ではありませんから、
私は、この場合、誰かが真実を告げるべきだと思いますよ。

だって、その先輩は悪くないですよね?
ただ、その先輩は、
領収書が偽だと知っていたのに、
それをそのまま提出していたんだとしたら、
それはそれで問題だと思いますけれど‥。

まあ、今回の事はともかく、
「あの人は信用なりませんよ」
という風に回りに釘を刺す事は、
ケースバイケースで必要だと思います。
悪意があったらそれは詐欺ですものね。
でも、こういうのは、
とてもデリケートな問題だから、
直属の上司とかに相談するのが無難なのかなあ?

でも、お金にルーズなのに、
周りに疎まれないって言うのは、
ある意味人柄ですよね。
世の中、少し間違ってる気がしてきます。

Posted by: あきら | 2006.11.29 00:45

pgさん、あきらちゃん、コメント、どもです~

・・・実はこの話、その「先輩」の話もどこまで信頼できるのか定かじゃないのですよね・・・

確かに「彼」は金にルーズな人間で、過去、トラブルを起こしてきた実績があり、「先輩」がそう言えば誰もが
「ああ、またヤツか~」
ということで片づくわけですよ。

この話を知っている友人は、その先輩も「心配してる」なんて言いながら、絶対、自分が傷つかないようにも考えているに決まってる、と言います。
今のところ、本当に「彼」と「先輩」の間でそういうことがあったのかは「先輩」の話でしかないわけです。

pgさんが言うとおり、「何か」がなければ、先輩がそこまで「彼」を庇う理由も思い当たらないわけですな。

彼の責任にしてうやむやに済まそうという意志があるとすれば、その「彼」にきつい処分が下されると先輩だって困っちゃうのかも。

疑い出せばきりがない。
ただ私もだまされている可能性もある。

・・・まいっちゃうのは、なんで、こんなふうに身内の人間を疑い、誰が悪いのか、犯人捜しをしないといけなくなるのか・・・

「信じられぬと嘆くよりも」
それは、彼ら、というよりも私に還る言葉のようで。
しかし、このケースは「傷つく」のが私個人だけならとも、我が社、です。信用第一の我が社がこんなんでいいのか~(泣)

Posted by: BUBI | 2006.11.29 12:36

男って,そうやって誰かを庇っている自分が好きだったりしません?また,男同士のあうんの呼吸とか,仲間内のなあなあとか,そういう情の部分への思い入れが女より強い気がします.
反対に女って,ここぞというときは非常にドライで原理原則に基づいて動こうとするような気がします.なので私なら,白黒はっきりさせちゃいますね,間違いなく.(←こわぁ~)
だから談合とか贈収賄とか,そういうのって女が絡んでないし,女が絡むとそういう話はまとまらないというか・・・(笑)
だから会社のトップとか政治家とか自治体の偉い人にもっともっと女が入り込めば,料亭での会合とかも無くなって,いろんなことがクリアになっていくんじゃないかと思うんですけどね.・・・飛躍してる?(笑)

Posted by: とと | 2006.11.30 11:59

ととさんもコメント、ありがとうございます。
その先輩ったら、そいつがどうしようもないのは分かっているはずなんですが、
「あいつ最近、変なんだよな・・・『今、死んだらボーナスでないんですよね』と言うんだよ。かなりアブナイから、あまり追いつめないでやってくれ」
とか言うんですよね。私なんか、それ聞いたって、
「そんなこと知るか。それと、これとは別でしょ!」
って思っちゃいますが、上司はそう言われただけでかなりびびってます^^;

だって、彼がそういうことになるのは、今回が初めてじゃないんだもの。目の前の嫌なことから逃れるためには「死ぬ」とか「ダメだ」とか言う人間なのです。

・・・ふふふ、ととさんがおっしゃるとおり、こういうときに情が通じないのは、女性の方かもしれません。

ただ、ちょっと付け加えるならば、女はおそらく好きになった男にだけは情けが深く、そうでない人には男、女問わずドライなのではないかと^^
だから「誰にでも優しい男」というのは女から信用されないのかもしれません。
余談でした~

Posted by: BUBI | 2006.11.30 12:18

うーん、良くわかりませんがその人は死んでからボーナスを使いたいのでしょうか?(^_^;)
アブナイと心配する前になにかが破綻してるような・・・いや、そこがアブナイのか??

まあ、あまり人の噂に振り回されないようにマイペースで♪

Posted by: Rucca | 2006.12.01 18:50

Ruccaさん、どもです~

いやいや、奥様も子供もいる人なので、自分が死んじゃうとボーナスもらえないし、家族が困るだろう、という意味です。
私はその人自身は何があっても自業自得だろうと思っちゃうのですけどね。
万が一のことがあれば、借金は保険金とかでチャラにできるかもしれないし・・・(こらこら)

Posted by: BUBI | 2006.12.01 20:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人を信じて傷つく方がいい・・・?:

« 分からん・・・復党問題 | Main | 寝る瞬間の記憶 »