« アイネクライネナハトムジーク | Main | poem(51) »

2006.11.20

♪今日もいい天気~♪byサザエさん

 土曜日は、実はギターの演奏会へ行く前に、別件がございました。

 11月は、父と母の結婚記念日のある月でして。私の父母は、二人とも再婚でこの11月で結婚2周年となります。
「結婚記念日に何かあげるよ」
 と父に言ったところ、「母に服を買ってあげて欲しい」との要望でしたので、土曜日は母といっしょにショッピングにいくことにしました。大きな百貨店のある駅で母と待ち合わせをしたのですが、てっきり二人で買いものにいくつもりがなぜか父までついてきちゃって。
 ・・・おいおい。昔は百貨店にショッピングなんて絶対来なかったくせにぃぃぃ~
 まあラブラブ夫婦に茶々をいれてもしょうがない。女性二人で服を選び、父は黙ってついてくる、という図で、母はスーツを購入。とても喜んでくれてほっとしました。

 で、実はこの日、私にはもう一つ、目的がありました。
 先般、「出会い系パーティ」で会った人のお店が近くにあるので、そこでランチをしようと計画していたのです。母と二人で行くはずが、父までついてきちゃってかっこつかないったら^^;
 まあでも、仕方ない。せっかく来たので、結婚記念日のお祝いも兼ねて、その方の経営するフレンチレストランへ。幸い空いていたので、料理の合間に相手の方と我が一家は、いろいろな話題でおおいに盛り上がりました。父とその人は元々知り合いでしたし、母も今度仲間内で利用したい、と言っていて、相手の方も新規顧客の開拓になりそうでとても喜んで下さったようです。

 が。なんのために、その人のお店にわざわざ行ったやら^^;
 結局また携帯番号も渡せずに帰ってくるはめになりましたわよ。いや、聞かれてもいませんけど(爆)。

 お料理もおいしかったし、父も母も相手の方もみんな喜んでいてハッピーなんですが・・・あ~あ、思いっきり空振り。私が男性だったら、いきなり両親連れて会いにくる女なんてドン引きもいいところです~。まさか父までついてくると思わなかったところが戦略ミスではあるのですが。

 なんというか・・・つくづくいろんな意味でついてないというか縁遠いなぁというのを実感してしまったエピソードでございました。
 日曜日に、久々、サザエさんを見てましたら、このエピソード、まるで「サザエさん」みたいだわ、と思うことしきり。
 ♪ル~ルル、ルルッル~、今日もいい天気~♪
 

|

« アイネクライネナハトムジーク | Main | poem(51) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

BUBIさん、こんばんは。

>なんというか・・・つくづくいろんな意味でついてないというか縁遠いなぁというのを実感してしまったエピソードでございました。
そうかな~。
何だかとても良い感じに読ませてもらったのですが、それとこれとは違うのかしら。

よいお店で良かったではないですか。
1回行ったから、今度は一人で行ってみるとかはどうでしょう。

お父様の結婚記念日おめでとうございます。
明日はいい夫婦の日、ですよ~^^。

Posted by: チカママ | 2006.11.21 at 21:52

チカママさん、どもです~

>何だかとても良い感じに読ませてもらったのですが、それとこれとは違うのかしら。

ふふ・・・違わないですか^^
違うと思うのは私の気のせいかな~
こうして「いい人&ただの知り合い」で終わる予感がヒシヒシとしますけども(爆)。

でもまあ、年も年だし、もう男女とかそういうのなしで、どんな人とも「いい人&ただの知り合い」でいいのかもしれませんね~
「恋愛」とかなんだとかすっとばし、そこからいきなり「家族」へとんじゃうという手ももしかしたらありなのかもしれません。
そうか、それが「ご紹介」や「お見合い」ってことなのかもな。

しかし・・・私がそれじゃちょっとまだいやかも^^;

Posted by: BUBI | 2006.11.22 at 11:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/12755153

Listed below are links to weblogs that reference ♪今日もいい天気~♪byサザエさん:

« アイネクライネナハトムジーク | Main | poem(51) »