« NHK杯、見ましたか~ | Main | メンテナンスは失敗だったみたいね^^; »

2006.12.04

poem(52)

「本当に大切な思い出は」

本当に大切な思い出は
カンタンに塗り替えたくはない

きみと行ったレストラン
また行ってみたいから
名前も場所もちゃんと覚えているけれど
あの後 誰とも行ったことはない
きみのいた席に
誰も座って欲しくないから

きみと歩いた道
きみと見た景色
懐かしい思いは福音となる

きみに歌った歌
きみが歌った歌
あの曲を今年もまた歌おう

街に雪が舞う頃
心に降るたくさんの思い出は
今も私をこうして支えている

・・・でも あのレストランには
まだあの後一度も行ったことがない
きみとの思い出を
ありのまま語ることの出来る人とは
まだ出会っていない、から

本当に大切な思い出は
心の奥深くにある
カンタンに取り出すことさえ
きっと

|

« NHK杯、見ましたか~ | Main | メンテナンスは失敗だったみたいね^^; »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/12928672

Listed below are links to weblogs that reference poem(52):

« NHK杯、見ましたか~ | Main | メンテナンスは失敗だったみたいね^^; »