« poem(53) | Main | 今の子供っていいなぁ »

2006.12.19

美人ってちょっと大変かも~「ふぞろいな秘密」を読んで~

 最近、「ふぞろいな秘密」の検索で、ここに立ち寄られる方が多いようで、ちょっぴり恐縮しております。
 くだんの石原真理子さんの本、「ふぞろいな秘密」は先週の土曜、新宿の紀伊国屋でGETし、その日の内に目を通しました。ちょっと思うところがあり、感想を書くかどうか迷っていたのですが、「どんな本なんだろう?」と思われて検索され、ここに立ち寄られた方のために、紹介を兼ねて感想を記しておこうかと思います。

 有名人の本はゴーストライターが書く場合もあるわけですが、一応ここでは、石原真理子さん、本人が書いたというのを前提にします。読んだ感じでは、非常に率直に、思ったことを思ったままに素直に書いた感じなので、多分、これはホントに本人が書いたんだろうな~という気がします。

 で、思うのは。
 こういう女性っているんだろうな・・・

 子供の頃は、「男性恐怖症」な感じさえあるほど奥手なのですが、とてもかわいいし、人目を惹く容姿のせいもあって、異性に「求められる」ことが多く。
 本人は特に相手に対して恋愛感情があるわけではないけれど、求められればそれに応えようと思う。いろんな男性が目の前に現れて、誘われて、それに応える内に、本人の本当の気持ちとは別に、まったく違う「石原真理子」像が作られていってしまう。彼女はただ、仕事に対しても人に対しても、目の前のことに一生懸命だっただけなのに。

 なんだか・・・たまに、負け惜しみではなく「美人じゃなくてよかった」と思う時があります^^; おそらく人が、本当に愛し合い、信頼し合えるパートナーと巡り会える確率というのは、美人でもそうでなくても、実はそれほど違いはなくて。確率的にはどちらにしてもきっととても少ない。だとしたら、美人じゃない方がはるかに、楽に、自由に生きられるんだよなぁ。
 
 相手に求められればそれに応えたいと思う。デートに誘われればそれをOKする。付き合おうと言われれば付き合ってみる。でもそれはホントの相手じゃなくて、しだいに疎遠になり、そのうちにまた別の人が現れる。それを繰り返して最終的に○人・・・でも、それで彼女は幸せになれたわけでもなく。
 
 もちろん、私が言うのもなんですが、今の時代、結婚して家庭を持つことだけが女性の幸せではありません。ただ彼女が、付き合った人の分だけ別れも経験し、アメリカでもいろんな経験をし、そして今また、女優として復帰しようとしているのを見ていると、がんばってほしい、と思うのと同時に「どうしてこの人ばかりがこんな思いをしなければならなかったのだろう」と思えてなりません。

 でも、もちろん、嫌な思い出ばかりではなかった。彼女のためにすてきな歌を作ってくれた人、真摯に彼女を心配しフォローしようとしてくれた人がいた。そして彼女を心から愛した人も。これからは、そういういい思い出を宝物にして、いい仕事をしていって欲しい、と思います。

 思うけど・・・また彼女を狙う男が出てくるのかな。もうほっといてあげればいいのに^^; つくづく、美人って大変だなぁ~ 言い寄ってくる男なんて適当にあしらって、手玉にとれるくらいに、彼女が強い女だったなら。それこそどんなバッシングを受けたって、それをバネに女優として成長できるだろうに。芸能界なんてところはそうじゃなきゃ傷つくばかりだろうに・・・。

 ともあれ、また女優、石原真理子を何かのドラマで見られることを楽しみにしたいと思います。
 そうね・・・「女王の教室」の阿久津真矢先生なみの不幸な女の役なんかはまりそうだけどなぁ・・・ご、ごめんなさいm(_ _)mぺこり

|

« poem(53) | Main | 今の子供っていいなぁ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/13125118

Listed below are links to weblogs that reference 美人ってちょっと大変かも~「ふぞろいな秘密」を読んで~:

« poem(53) | Main | 今の子供っていいなぁ »