« イノベーションって何じゃ! | Main | 映画「鉄コン筋クリート」 »

2007.01.19

poem(54)

きみがいないと朝は来ない
夜毎入れ替わる「好き」と「嫌い」
きみの名を呼んでようやく眠る
酒に酔わずにきみに酔い
夢など見ずに朝を待つ

春に散るのは桜
夏に降るのは雨

夢が墜ちたその後も
水たまりは空を映す

愛されないのに懲りはせず
愛することには不器用で
それでもずいぶん長いこと
きみを思うのはなぜなのか

終わらない歌があるように
終わらない愛もあるだろう
きみが幸せであればいい
叶わない思いなど消えてしまえ

秋に散るのは枯葉
冬に舞うのは雪

時のオルゴールがまわる
終わりと始まり 渦となり
あの空へ舞い上がれ
この歌を巻き込んで
あの月まで舞い上がれ

|

« イノベーションって何じゃ! | Main | 映画「鉄コン筋クリート」 »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/13573583

Listed below are links to weblogs that reference poem(54):

« イノベーションって何じゃ! | Main | 映画「鉄コン筋クリート」 »