« 東国原知事、大丈夫かな | Main | お知らせです♪ »

2007.02.07

poem(55)

(2/7にちょっとだけ加筆修正)

 道端に咲く雑草の花は
 誰にも必要とされなくても
 一生懸命に咲いている
 ただその生を全うするために

 命って
 もともとそういうものなんだね

 だから
 ただ一生懸命に生きればいい
 誰にも必要とされなくたって

 私は
 きみに必要とされる人になれなかった
 
 片思いの構造はとても単純
 私にはきみが必要だったけど
 きみには私が必要じゃなかった、それだけ

 でもね
 それでも生きていくんだよ
 だって命って
 そういうものだから 

|

« 東国原知事、大丈夫かな | Main | お知らせです♪ »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/13808749

Listed below are links to weblogs that reference poem(55):

« 東国原知事、大丈夫かな | Main | お知らせです♪ »