« 「恋人のことホントに好き!?」診断 | Main | バブルの頃って楽しかった? »

2007.02.01

「子供を産む機械」

「子供を産む機械、装置の絶対数は、これ以上、増えはしない。だから、一人頭でがんばってもらうしかない」

 あるところに、そんなような発言をした大臣がいました。
 言わんとしているところは分かります。

 少子化に歯止めをかけるためには、「装置」の絶対数は増えないのだから、その「装置」をいかに効率よく動かすかしかないと。まあそりゃそうですわ。
 
 私も30歳代の女性なので「装置」の一つではあります。
 しかし、この装置が、単独で稼働したって子供はできんのです。「一人頭でがんばる」ってどうすりゃいいの。

 少子化の問題はそこにある。

 私が機械だったなら、その辺の精力ありそうな男性にスイッチを押してもらって、子供を生産することもカンタンでしょ。

 でも機械じゃない。機械じゃないから大変なのよね。
 そんな当たり前のことも、当たり前だと思わない人がこの世の中にいるのかなぁ・・・(ため息)

 SFが好きな私は、「装置」というたとえ自体は、嫌いではありません。
 この社会全体が「子供」という次世代を創り出すための装置ならば、その社会全体の稼働率が落ちているわけで。どこが問題かと言えば、「女性」という、その装置の一部だけの問題ではない気が私にはします。

 教育か、それとももう一つの性である「男性」の問題か、はたまた・・・

 私は。
 永遠に成長し続ける経済というのを想定すること自体がおかしいと思います。人口も増えることを前提に計画を立てているからおかしい。
 
 人口は減る。
 過疎の村にどうしたって若者は戻らない。
 宮崎県が昭和40年代みたいに観光客でにぎわうことはない。
 どこかの山村でスキー場さえ作れば人が集まるなんてことはない。
 
 だって時代は変わるんだもの。
 変わっていく中でだって、人が幸せに生きていく方法は必ずある。
 変わっていくものを取り戻そうとするんじゃなくて、変わっていくのを前提に、これからどうするのかを考えなきゃ。
  
 みんな「チーズはどこへ消えた?」を読んだ方がいいです^^;
 そりゃ、今までチーズがあった場所に座り込んでいる方が楽なんだけど、それじゃ事態はどんどん悪くなるばかりで、よくなることはない。ならば、とにかく、新しいチーズのある場所を探すために「歩き出す」ことから始めなくちゃ、ね。

|

« 「恋人のことホントに好き!?」診断 | Main | バブルの頃って楽しかった? »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

どうもです。都筑てんがです。

…。
……。
………。

このお偉いさんは、
「一人頭で頑張ってもらうしかない」
と言っていますが。

逆です。

本当は出産を「頑張らなくてもいい」ようにするべきなんです。

当たり前の事なんですが、「産む」後には「育てる」事をしなくてはいけません。
「ただ産めばいい」…という問題ではありません。

「育てる」事をするためには、たくさんの時間と、たくさんのお金、そして、家族が健全に生活できるための環境が必要となります。

子供を「産まない」ことを選択している人達は、経済的、時間的、治安的、周囲の環境、その他の理由で、子供を育てることができる状態じゃなくなっているんです。だから「産まない」というか「産めない」。

子供を産めない人達は、「出産」「育成」のハードルが高く、そこを越えられない人達なんです。

…本当は、子供を産むことが重荷にならないように、
育てることが重荷にならないように、安心して暮らせる環境を整え、金銭的・時間的負担を軽くして、
出産・育成に対するハードルを下げていかなきゃいけない。

そういう事が見えておらず、「女性が頑張れば済む」程度にしか考えていないような人間に少子化の問題を任せるのは、自分はいかがなものか…と思います。

…。
……。
………。

…みたいなコメントをウチのブログで書いたんですが。

…なんだかんだで、出産するには「相手」がいないといけないし、誰でもいいって訳ではないですからね…。

相手がいなくて子供を産めるのはマリア様ぐらいじゃないかと。

心を通わせる事が出来る相手に恵まれて、かつ、たくさんのお金と、たくさんの時間と、安心して暮らせる環境が無いと…。子供を育てていくのは難しいです。

_| ̄|○ ←28歳無職ほっぺたフェチ。

Posted by: 都筑てんが | 2007.02.02 at 07:36

 てんがさん、いらっしゃい。
 私は発言をした人に聞いてみたいです。
「ほんとに『少子化の解決は女性ががんばればいい』と思っていらっしゃるんですか?」
 って。
 それこそYAHOOとかでアンケートしてもらって、世の中のどれくらいの人がそう考えてるのか知りたい気もちょっとします。。

 まさに「産む機械」世代の私にとっては、
「じゃ、どうすりゃいいのよ」
 とはがゆい気持ちがするんですよね・・・
 少子化によって、大変だ、大変だといわれるたびに責められてるような気持ちにもなるんですが、だって、だれかれ構わずSEXして、子供生めるわけない。
 きっと発言をしたあの人は、
「そんなこと言ってない」
 っておっしゃるでしょうけども。

 世間では、大臣の進退問題にしかなってませんが、もっと国会でもメディアでも、真剣に「少子化」が問題ならそれをどうすればいいのか、または「少子化」でも福祉や経済のいろんな問題をどう解決していけるのかを話し合ってほしいんだけどなぁ。

 

Posted by: BUBI | 2007.02.02 at 08:28

こんにちわ~。

チーズはどこに消えた?は、前に会社で読まされましたね~。で、読んだら会社を辞めたくなってしまった(^_^;)「会社」に私のチーズはもうないってわかったんですよね。そういう意味では目が覚めた本でした。

今からたくさん産んでもらおうと思うよりも、他に考えることあるだろ!!っていう気がします。「女が生めば解決する」て思い込んでて、時代の変化が読めてないんでしょうね。

>永遠に成長し続ける経済というのを想定すること自体がおかしいと思います。人口も増えることを前提に計画を立てているからおかしい。

まったく同感です。

Posted by: Rucca | 2007.02.02 at 09:54

 Ruccaさん、いらっしゃいませ♪

 私の目の前には、とりあえず、今、必要なだけのチーズはあるんですが、いつなくなるか分からないので、スニーカーは常に首にかけておこうと心がけています。たまには履いてみないと、いざというときに、スキーウェアがきつくなっちゃったみたいにきつくて履けないないかもしれないから気を付けなくちゃ~

Posted by: BUBI | 2007.02.02 at 12:09

●機械にたとえる必要性がない場面で「機械・装置」という言葉をポロリと出した事

確かに、今は「女性=産む機械・装置」という事場ばかりが先行してるように見えますが、
この発言の問題はそれだけで済む事じゃないんですよね…。

問題なのは、このお偉いさんが

●「産む」の後に「育てる」がセットでついてくる…という事に気が付いていない事

●「育てる」ためには、子を産んだ母親一人だけではなく、パートナーとなる男性や、子供の病気を診る医師の方々、子供に教育を施す教師の方々、安心して学校に通えるための治安を維持している警官の方々、通学のための交通機関の方々、その他周囲の人々のサポート、また、万が一の事故や病気で障害を負った人のためのバリアフリーの充実…などが必要であるが、「それが不十分な状態にある」…という現実に気づいていない事

●「経済的・時間的・環境的・その他様々な問題で、子供を「育てる」事が出来ないから産まない、産めない」という家庭が少なからず存在することを理解していない事

●そういう状態の人に「頑張れ」と言う事は、車椅子の人に「階段を登れ」というぐらい無理な話である事に気づいていない事

●「一人頭で頑張っていただくしかない」という言葉は、要するに、出生率1.26を上回るために「二人以上産め」と言っているのと同じである事

●出産や育児は、家族(夫や妻や子供)の幸福のために行うものであるのであって、国が「○人以上産め」とノルマを課すようなものではない…という物を分かっていない事

●また、上の言葉は「少子化については私は何も出来ません」と、自らの無能を露呈してしまっている「敗北宣言」であると取られても仕方が無い事

だから、…こんな人に少子化問題を担当させるのは正直どうかと思う訳で。

…。
……。
………。

「車椅子の人では階段を登れない(這いつくばって登れるかもしれないが、普通の人がエベレストに登るぐらい困難だと思う)から、エレベーターを設置しよう、階段の横にスロープを設置しよう」

ではなく、

「頑張れ、頑張れ、這いつくばってでもとにかく登れ」

というような発想しか頭にない時点で「あー、この人駄目だわ」…と思う自分がいます。

Posted by: 都筑てんが | 2007.02.02 at 21:58

お久しぶりです.

私はこの発言,翌日の日経の小さい記事で知ったんだけど,読んだ瞬間にムカつきましたね.でまぁ,時間が経つにつれて,この世代の人には言ったってわかんないだろうと思い,次に,じゃぁこのまま女は産まなきゃいいさと思った次第です.
どんなに女を蔑もうと,どんなに男が偉そうに振舞おうと,彼らには産めないわけだから.頭下げて「産んでちょうだい.お願い」って言うまで,ほっとこうか・・・なんてね.(笑)

遅ればせながら,感想を書きましたのでTBさせてください.

Posted by: とと | 2007.02.03 at 23:08

>てんがさん
 分かりやすくまとめていただいてありがとうございます。産んだら育てなきゃいけない。産めばいいってもんじゃない。まったくです。

 なんだか、この記事を書いた後から、この発言に対する議論がマスメディアなどでヒートアップしてきた気がします。

 大臣が、自分の考え方が古いということや、少子化の何が問題なのか、この数日で気付いてくれたならいいなぁと私は思います。
 もともと経済や財務関係がご専門だった方のようなので、「厚生労働」が畑違いだったんですが、こういう畑違いの人が、
「あ、俺の考え、古かったんだ・・・今ってこれが問題なのか・・・じゃ、どうするべきか」
 って考えてくれれば、何か、今までにない効果的な施策を考えてくれるかもしれない、とも思うんですよ。でもやっぱ辞任かなぁ・・・


>ととさん

 どもども♪ この発言、当初はそんなに騒がれてもいなかったんですけど、一体どうしちゃったんだろうとちょっとびっくりしています。でもテレビで、いろんな人が少子化について議論されているのは、ちょっと嬉しいです。いろんな考えがあるけど、そういう議論の中で「産めばいい」だけじゃだめなんだ、ということが浸透していくことが、少子化対策の第一歩だろうと。
 トラックバック先、拝見しにいきまーす♪

Posted by: BUBI | 2007.02.04 at 12:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/13742349

Listed below are links to weblogs that reference 「子供を産む機械」:

» お偉いさんの「女性=産む機械・装置」発言について [ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜]
■「少子化は女性のせいだ」という考え  あのお偉いさんの「女性=産む機械」発言だけど、女性をモノ扱いしてる…という以前に、「少子化なのは女性のせいだ」っていう考えが根底にあるんだろうなぁ…と。  現実は、そんな簡単な問題ではないと思うんだが…。 ●男も女も、子供を育てるだけの「カネ」を稼げない人が増えた事。 (自分達が食べていくだけでも精一杯な状態で、子供なんて育てられる訳が無い…他) ●今の世で子をしっかりと育てられる自信が無い事。 (我が子をいじめっ子に、少年Aに、D... [Read More]

Tracked on 2007.02.02 at 06:55

» 「産む機械発言」だけが問題じゃないんだよ、柳沢さん…。 [ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜]
■なんか、この言葉ばかりが先行してますが  柳沢厚生労働大臣の問題ですが、今は「女性=産む機械・装置」という言葉ばかりが先行してるように見えますが、この発言の問題はそれだけで済む事じゃないんですよね…。 ... [Read More]

Tracked on 2007.02.03 at 11:24

» 厚生労働大臣風に言うならば [元気に愚痴る♪]
私は立派なJISマーク付の女だ. なにせ出生率以上の子どもを産み(ふたりも産んだ [Read More]

Tracked on 2007.02.03 at 23:09

» <柳沢厚労相>の 「産む機械」発言 について [試稿錯誤]
朝日新聞、1/30/2007夕刊 柳沢の発言はわたしも最初不審におもった。しかし、TBSラジオでその発言現場をラジオで聞いたが(おそらく怒っている女性たちはこの現場を知らないはずである)怒るような文脈で発言されてはいない。ラジオでは発言の現れたところしか放送しなかったがおそらく少子化問題について論じていたのである。しかも 機械、といってしまった、その瞬間にそのコトバの問題を自分で悟り、謝って、こういう趣旨だと解説している。発言してしまったあと、開き直っているのではない。 (注)本記事... [Read More]

Tracked on 2007.02.07 at 10:29

« 「恋人のことホントに好き!?」診断 | Main | バブルの頃って楽しかった? »