« 自分と「同じ」相手としか友情って成立しないのか? | Main | タイムスリップ・桜木町 »

2007.03.04

The Hungry Gene(後編)

体重の減る週末です。和漢箋服用後の結果、最初の1週間の結果。
【和漢箋服用後の推移】
 金曜日 0      12498歩
 土曜日 -1.0キロ  2047歩
 日曜日 -1.0キロ  3783歩
 月曜日 -1.2キロ 10206歩 
 火曜日 -0.4キロ 12405歩 
 水曜日 +0.2キロ 10022歩
 木曜日 +0.4キロ 11789歩
 金曜日 -0.4キロ  8016歩
 土曜日 0      13187歩

 ご覧のとおりプラスマイナス0。体重は変わりませんでした。でも、体脂肪率は昨日はかなり減っていたので、また1週間やってみたいと思います。今週は土曜を基準にこの記録をつけていきますので、和漢箋に興味のある方は、服用の一例として参考にしていただければ、と。

 土曜日 0   キロ 13187歩
 日曜日 -1.0キロ 

 今朝の体重は昨日と比べて1キロ減っていました。体重が減る時って理由は実はよく分かりません。
 昨日は、午前中に囲碁サロン、午後はオルセー美術館展にでかけました。朝は食パンとコーヒー、昼はパスタとサラダとアイスカフェラテ、夜は大根と鳥肉の煮物とごはん、上野で友達と抹茶クリームぜんざいをいただいております。
 美術館からの帰りに万歩計を見ると7000歩。抹茶クリームぜんざいを食べたのと、友人も同じくダイエット中でしたが目に見えてやせたのが分かったのでうらやましくなり、家に帰るのに一駅歩きました。

 帰ってから、「The Hungry Gene」、邦題「太りゆく人類-肥満遺伝子と過食社会」(エレン・ラペル・シェル (著), 栗木 さつき (翻訳)) の後編を読みました。

 書いてあることは、映画「スーパーサイズ・ミー」で見たメッセージとほぼ同じです。要は、薬品会社もマックのようなファーストフード会社も、自分が社会に提供しようとするものが、もうかるかどうかでしか考えてなくて、人間の体にどういう悪影響があるかを考えていない、ということです。

 彼らの理屈は一つ。「消費者には選択肢がある。我々が顧客の口を無理やり空けて、ハンバーガーを詰め込んでいるわけじゃない」。薬害のある薬だって「使用法を守れば、安全だ」。

 うーむ・・・

 私がこの本を読んで一番思うのは・・・「肥満」というものが「企業がもうけること」に利用されているんだなぁということです。太らせたのも企業なら、やせる薬を売るのも企業。脂肪分、糖分たっぷりの食べものは売れる。売れるから作る。選択肢とは言っても・・・実際にそうして世界的に肥満者が増えているのならやはり「個人」の問題じゃなくなっているような。
・・・これってどっかで聞いたフレーズだなぁ。ああ、少子化と同じですね。問題の根本を「個人」に押し込めることで、大きな問題が矮小化されている。そんな気がしました。

 でも企業が「売れるから作る」のはまさにそれが「資本主義」というものでして。「もうけ」が優先され、非効率だけど人間の体にいいものが駆逐されていくなら、社会制度そのものの問題だなぁ。戦争の前に「肥満」で人類が滅びるかも!?

 まあ、人類よりも先に、自分だなぁ・・・
 本を読んでいると、やはり、高カロリー高脂肪の食事がダメだというのがひしひしと伝わってきました。
 昨日食べた大根と鳥肉の煮物は、鳥肉70円、大根1本99円の1/2。とっても経済的かつ実際に体重も減ってるので、マックに行くんじゃなくて、自分で大根買ってきて煮る、やはりこういう食事が大事なのかもしれません。

 先日、スタバでホワイトチョコレートモカを飲んだら、めっちゃおいしくって感動してしまったのですけど、この本に600キロカロリーと書いてあるのを読んで、もう二度と飲むまい、と決意した今日でした^^;

|

« 自分と「同じ」相手としか友情って成立しないのか? | Main | タイムスリップ・桜木町 »

「ダイエット」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。こんばんは。
私も和漢箋を飲んでいるのですが、
全く効いている気配がありません(><)
どうやって飲んで寸ですか??
飲むときに気をつけていることは
ありますか??

Posted by: ぶーたん | 2007.03.04 at 23:11

ぶーたんさん、初めまして。
私も体重はごらんのとおり変化なしです。
「効いてるかな」
と思うのは、とりあえず体脂肪率の数値が下がってる気がするんですが、もう少し推移をみないと、これも今のところ「気がする」程度でして。

でも、どうでしょう、毎日のお通じに変化はありますか?
体重や体脂肪率にすぐに変化がなくてもお通じがよくなっていれば、それは和漢箋が効いている証拠です。

お通じにもまったく変化が見られない場合は服用をやめたほうがいいかも^^;
(1週間で変化がない場合は服用中止とパッケージ裏の説明にもあるので)

飲むのは普通に水で食前に飲んでいます。
気をつけているのは、飲むのを忘れて食事しちゃった時は、食後2時間で「食間」になるので、そのときに忘れずに飲むようにしています。
要は「おなか空いたなー」と思ったら、まず和漢箋と。

お互いがんばりましょうー

Posted by: BUBI | 2007.03.05 at 01:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/14127092

Listed below are links to weblogs that reference The Hungry Gene(後編):

« 自分と「同じ」相手としか友情って成立しないのか? | Main | タイムスリップ・桜木町 »