« 私も囲碁では「バンビ~ノ!」でした | Main | poem(58) »

2007.04.27

生き方に「マニュアル」はない

 チカママさんがご自分のブログで「親学」に関してコメントされている記事を読みました。

 「親学」というのは、政府の教育再生会議の有識者がまとめた子育てに関するマニュアルなんだそうです。親も子育て学習が必要である、という認識から提唱されている考え方だとか。

 確かに昨今、子供の育て方について一人で悩んでいるお母さんがたくさんいそうですものね。そういうお母さんに対して何か助言ができないか、何かと忙しいお父さんにどう子育てに参加してもらうか、そういう意味での「マニュアル」というのは必要なのかもしれません。

 ・・・どんなことでもそうなんですが・・・

 大人になってしまえば、どこでのたれ死にしようと、遊んで暮らそうと、それは個人の選択の自由ということでもあります。自分の行動の結果に責任をとれさえすれば。自由と責任というのは、セットですから。

 しかし、子供はそうはいきません。どんな環境に生まれるかは選べない。

 生まれてくる子供達が、等しく、幸せになれるように。
 自分で自分の人生を選べるように歩き出すまでは、平等でいられるように。
 社会全体で手を差し伸べていかなければいけないのだと、私などは自分の子供はいませんが、そう思います。だから余計なお世話な気もしますが「親学」は必要なんだろうな~と。 多くの親に「それはこうすべきなんじゃないかな」っていう指針を示してあげること。何もないと、子育てが初めての親は迷うばかりです。

 ・・・しかしながら・・・

(引用開始)

(1)子守歌を聞かせ、母乳で育児
(2)授乳中はテレビをつけない。5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない
(3)早寝早起き朝ごはんの励行
(4)PTAに父親も参加。子どもと対話し教科書にも目を通す
(5)インターネットや携帯電話で有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」の実施
(6)企業は授乳休憩で母親を守る
(7)親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞
(8)乳幼児健診などに合わせて自治体が「親学」講座を実施
(9)遊び場確保に道路を一時開放
(10)幼児段階であいさつなど基本の徳目、思春期前までに社会性を持つ徳目を習得させる
(11)思春期からは自尊心が低下しないよう努める

(引用終わり) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000005-mai-pol

 この11個の項目は、今一つ、そういう本来の目的から逸脱しているような気が・・・なんかそれに古い。時代にそぐわない気がします。

 まず(1)からして、変。
 そりゃ母乳が出れば母乳の方がいいかもしれませんが、チカママさんが書かれていたように、がんばっても母乳が出ないお母さんもいるわけで。母乳じゃなきゃだめだからって、痛くて苦しい思いをして必死でマッサージをしているお母さんだっていて、そういう人を救うために、そういう人の子供を救うためにミルクがある、と私は思います。聞かせるのだって、子守歌だって、CDだって、なんだっていい。

 大事なのは・・・子供を慈しむ心でしょ。育てる手段なんて、死ななきゃなんでもいいんです(こらこらこら)。
 母乳じゃなくて、ミルクだって元気な子に育てばそれでいいじゃない。

 なんか、大事なことを見落として、どうでもいいことばかりが提言されている気がするなぁ。ちゃんと話し合ったのかなぁ、教育再生会議の有識者さん達。

 この11項目だって「親学」とか言いながら、企業が主体となってるのもあるし、趣旨が分かんない。
 演劇だって、子供は1時間も2時間も我慢できないんだから、実態を分かっていない、としか私には見えない。
 大体何歳の子供を対象にしているのか分かんないし。発達段階によって課題は当然違うでしょう。

 ・・・うーん、これは・・・あまりにもひどいので、もしかすると、提言そのものが変なんじゃなくて、この、報道する上での要約の仕方がなにかものすごく間違ってるのかもなぁ。
 いや、私は逆にそう思いたいです。ちゃんと話し合ったのに、こんな提言の内容なんじゃ、こんな有識者会議ない方がましだもの。

 最後にチカママさんや、他に母乳が出ないことで悩まれた経験を持つお母さん方へ。

 こんなろくでもない提言は、適当に聞き流してしまっていいと思います^^
 「マニュアル」なんて所詮「マニュアル」。旅行ガイドがあるからって必ずそのガイドのとおり、旅行をしなきゃいけないわけじゃないのと同じです。
 
 人間が生きるのに、本来「マニュアル」なんかありません。

 恋に落ちて、男性に愛されて、結婚して、子供を産んで、子供を育てるいう、最も基本的な「女性の生き方マニュアル」どおりにも生きてない私は、胸を張ってそう断言します。
 え? 説得力ないですか?(笑)
 
【和漢箋服用後9週間目】※和漢箋使用開始時を0とする
 日曜日 -1.2キロ  1755歩
 月曜日 -1.4キロ 13031歩
 火曜日 -1.2キロ 12806歩
 水曜日 -1.4キロ 12260歩
 木曜日 -1.0キロ 10357歩
 金曜日 -1.0キロ 

|

« 私も囲碁では「バンビ~ノ!」でした | Main | poem(58) »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

BUBIさん、こんばんは。

>・・・うーん、これは・・・あまりにもひどいので、もしかすると、提言そのものが変なんじゃなくて、この、報道する上での要約の仕方がなにかものすごく間違ってるのかもなぁ。

同じです~!
私も、何か自分の解釈の仕方が違っているのではないか、とか、ただ新聞の記事を読んだだけでは本当のことは分からないのか!?
って、思いました。

演劇鑑賞の費用は誰が出してくれるのかしら?とか、思ってしまいましたし。

確かに、今ってとんでもない人はたくさんいるし、とんでもない事件も多発しているから、言わんとしていることは分からないではないのですが、何だか変ですよね~。

母乳で育てたくないお母さんっているのかしら。
もしかして、そういう人がいるから、こういう提言になったのかなあ。
確かに女優さんで胸の形が悪くなるからってあげないっていう話をずいぶん前に聞いたことがありますが、普通のお母さんだったらあげると思うのだけど。
違うのかしら??

ああ~段々分からなくなって来ました~^_^;

Posted by: チカママ | 2007.04.27 at 18:41

 どもども、チカママさん。

 そう、以前は「そんなの当たり前じゃない」ということが当たり前じゃなくなってるのが今の世の中。「親学」っていうのが必要だということの出発点は多分そこなんだと思います。
 でも、どうもそういう趣旨から違う方向に議論がいっちゃってますね、この「教育再生会議」というのは。(あくまでもこのニュースを読んだ限り、ですが)

 こういうことってありがちなんですよ。
 最初の趣旨は正しいのに、会議のメンバーの中に、一人だけ古くさい常識を持ち出したり、普遍的に物事を見られないような「ヘンな人」が混ざってると、提言全体がおかしな方向に行ってしまいます。

 3人よれば文殊の知恵・・・の場合もあるのですが、たくさんいると責任が分散してしまったり、特定の人の突出した意見を牽制できる人がいなかったりして、ろくでもないことになりかねない。
 
 議長がちゃんとそこでの意見をまとめて責任を持たないとだめだし、会議のメンバーの選定も慎重にやらないといけません。
 一人一人は素晴らしい有識者だったとしても、全体を調整する力を持った人が、しっかりと提言をまとめていかないから、こういうとんでもないことになる・・・という気が私はします。

 ま、あんまり気にしない方がいいですよ。
 チカママさんの意見の方が世間の大多数だと思います。

 しかし・・・大丈夫なのかなぁ、今の政府ったら。

Posted by: BUBI | 2007.04.27 at 19:59

BUBIさん、おはようございます。

そうですね。
忌憚のないご意見をって言われても、上の立場の人に睨まれたら、もしかしたら言いたいことも言えないかもしれない。
それに、何かで聞いたのですが、有識者の集まりといっても、政府とかにとって、その議題の進むべき方向がすでに決められていて、そういう考えの有識者を選んでいるのではないか?って。

何だかそう考えて行くと、清く正しく美しく生きて行くことなんて出来ないのじゃないかって思えてきます。
そして、それを受け入れてそれなりに生きて行ける人はいいですが、疑問に思い、反発し、結果良くない方向に進んで行ってしまう、そういう人も多いのではないかって、そんな感じがしてしまいました。

さて、GWですね。
楽しい時間を過ごしてくださいね。

Posted by: チカママ | 2007.04.28 at 09:04

こんにちは、チカママさん♪

>有識者の集まりといっても、政府とかにとって、その議題の進むべき方向がすでに決められていて、そういう考えの有識者を選んでいるのではないか?

こういうメンバーの選び方って難しいですよね。

私が上に書いたように
「あまり過激な意見を出す人がいては議論にならないから」
といっておだやかな人だけを集めれば、それも偏ってると言われればそうですし。

でも、極端に物の見方が偏ってて、自分だけが正しいと思っているような人とは話し合いにならない。

・・・自分が年をとってくるにつれ、「中庸」って大事だな、と最近は思います。清く正しくといっても、全てそれでは息がつまるわけで、何が清く正しいのかも人によってズレがある。

けれどその中で、多くの人が納得できるような「正しさ」はやはり「ひとそれぞれ」なんて言わないで、ちゃんと伝えていく必要もあって。

要はバランス、なんだと思います。なんて、若い人達から見るとそういうのって「ズルイ」と見えてしまうのかもしれませんけれど。

たとえば「子育てマニュアル」に関しても、
「全てをそのとおりになんてできるわけはないけど、参考程度に考えればいいかな」
という受け止め方ができればいいんだと思うのですよね。

思うのですが・・・

たとえば「結婚できない」ということに後ろめたさを感じていると「結婚して1人前」と言われると反発を感じる。

「子供ができない」ということに後ろめたさを感じていると「女性は子供を産んで1人前」と言われると反発を感じる。

なんというか「マニュアル」の存在自体は、物事の参考として、特に責められるべきものではないのかもしれませんが、その「マニュアル」に必要以上にしばられて、マニュアルに書いてあるからそうしなきゃいけないんだ、と思いこんで、そうできない自分を責めて・・・その結果、反発しなくてはいられなくなることが問題なのだと私は思います。

もちろん、なんにでも疑問を持つことは必要ですけれどもね~

いやー、なんだか。
チカママさんとこは思春期のお子さん二人でしょう?^^
いろんなこと話してるとお子さんに
「お母さん、それはずるい」
とか言われることとかないかなぁ。
チカママさんならないかな^^

Posted by: BUBI | 2007.05.01 at 10:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/14862776

Listed below are links to weblogs that reference 生き方に「マニュアル」はない:

« 私も囲碁では「バンビ~ノ!」でした | Main | poem(58) »