« 最近訃報が多い | Main | セルフコーチングをしてみよう »

2007.05.30

血液はA型が足りず、洋服は9号が多く作られる

 友人が、mixiの日記に書いていたのですが、血液型がB型の彼女が献血の呼びかけに気付いて見てみると、なぜかいつもB型の血液は足りていることが多いそうです。
 私はA型ですが、そういえばA型はいつも足りてないな。

 駅ビルのファッションフロアなど、ブティックの多く集まるところにいくと、大体置いてある服というのは9号です。いわゆるMってことですね。
 世の中にはS(7号~8号)の人もいれば、LやLLやそれ以上(11号、13号、15号以上)の人もいるのに、なぜ9号ばかりなのだろう? というか、9号の需要は9号が着られる人に限られているのに、なぜ9号しか置いていないお店がこんなにたくさんあって、みんなやっていけるんだろうか?

 人よりもヒマなのか、たまにふと、こういうどうでもいいことが気になります。

 チカママさんのブログで書いたのですが、私は昔、自分の通信簿に1から5まで全部あったので、通信簿というものはそういうものだと思っていました。
 ところが、普通(?)の子、普通の親ならば、4と5だけしかないくらいが当たり前らしく。

 なんかこう、
「物事というのは、放っておけばみんな均等に分かれる」
 と漠然と思っている私の頭の中に問題があるようです^^;

 たまたま最近、こうした「偏り」に気付かされる話題が多いので、さすがの私も「あれ?」って思ったのですが、この記事を読んでいる人には、
「そんなの当たり前だよ」
 と思われる人の方がもしかしたら多いのかもしれません。

 100点満点のテストを、50人の子供に受けさせた時に、10点が5人、20点が5人、30点が5人・・・になるわけはありません。そのテストが簡単なら、90点が35人いて、100点が10人いて、それ以下は5人しかいない、なんてことだってあり得るわけで。
 その場合は、その子が何点だったかが問題なのではなくて、クラスの平均が何点だったかということでその子の能力を見ることができる。これがいわゆる偏差値の考え方なのか・・・。

 血液型は日本人の場合、A型が明かに多い。だからいざというときの輸血用の血液もA型がたくさんいる。献血する人の比率も当然A型が多いはずですが、献血者全体の数が少ないため、輸血用血液の不足の絶対量は、B型よりもA型の方が、断然多い。
 B型の人が1人献血して充足される率と、A型の人が1人献血して充足される率は、B型の方が高いわけですわ。だから、A型の血液はいつも足りない。

 洋服の9号が多いわけも同じで、9号の需要が絶対的に多ければ、店には、7号や15号を置くよりも9号をいっぱいそろえておく方が「売れる」んですわね。

 むむ・・・つまりこの世界は、基本的に「均等」ではなく「偏り」が存在するのか。そして少数は切り捨てて、「偏り」に合わせた方が「効率」は良い、ということになるわけですわね。
(また当たり前のことを書いてしまった)

 うーむ・・・いや、実は昨日。
「囲碁を義務教育に」
 という新聞記事が日経に載っているというのを知り、日経の記事を読んだのですが、
「何が好きかは人によって違うから『義務』にするのはどうなんだろう?」
 と思ったのです。

 が。それは、「ピアノが好き」「野球が好き」「絵を描くのが好き」etc.いろんな趣味や芸事に対し、それを好きになって取り組もうとする子は、基本的に「均等」である、という考え方に基づいているので、それに「偏り」が存在するのなら・・・何もしなければ、囲碁を嗜む人はやはり減る一方なんでしょう。少数になってしまったら、効率の名の下に切り捨てられていき、あとは衰退の一途・・・だとするならば、義務教育はともかくとして、やっぱり「囲碁」というものを知ってもらう機会は増やしていった方がいいんだろうな。

 でも、私は個人的にはひそかに「分かる人だけが分かる趣味」としての囲碁が気に入っていたりします。
 囲碁が好き、それだけで、ちょっと「ハイソ」な感じよね♪ ・・・すみません、妄想でした^^;

【和漢箋服用は中断中の14週間目】※和漢箋使用開始時を0とする
5月28日 -1.2キロ  10304歩 
5月29日 -1.2キロ  11166歩   
5月30日 -1.4キロ   

|

« 最近訃報が多い | Main | セルフコーチングをしてみよう »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

B型が献血好きなのではないのね~~~~。
うーーむ。(納得できたようなできないような・・・)
9号サイズの話は私もなぞに思っていて、9号サイズが主流だから日本人はダイエット好きなんだあと思っていました。海外行くと、サイズはバラエティーに飛んでいるものねえ。で、ジャストサイズが無かったりする・・・。
私の甥っ子は囲碁に通っているけど、小さい子結構いるみたいですねえ。我が娘も父にスカウトされていますよ^^
碁盤を前にして「お願いします」と挨拶して碁を打っています。わかってるんだかどうだか・・・。
習字と言う文化は、生活には無いですけど、日本人として学ぶことは良いことだ思うので、囲碁も日本人の文化として捉えれば子どもが学ぶのは良い事かなと思います^^
難しいからとっつけないけど・・・。

Posted by: ぐーたん | 2007.05.31 at 09:03

 どもども、ぐーたんさん。
 この話、自分でも分かったような、分からないような感じです^^
 一つだけ分かったのは「偏り」を前提にすると物の見方が変わってくるんだな、ということでした。

 日本のブティックに9号ばかりが置いてあるのは、簡単なテストで90点の子が多いのと同じ理屈のような気がします。
 比率から言って、日本女性の体型は9号サイズに偏っていて、海外ではいろんな人種の人がいるからでしょうが、体格も様々、ということなのでしょう。

 ところで囲碁は、たとえば礼儀作法を教えるならお茶とかの方がいいでしょうし、こんなことを言うと囲碁好きの人から怒られそうなんですが、やってみるとかなりヤクザなゲームですよ(爆)。勝ち負けが運に左右されない分、弱い人は強い人に絶対に勝てないので、基本的に「負けず嫌い」で簡単にへこたれない、強い精神力や向上心が要求されます。
 囲碁をやれば、精神力や向上心が育つのか、そういうのがある人が囲碁をやるのかは分かりませんが、精神力の弱い私は、いつもへこたれそうです^^;

Posted by: BUBI | 2007.05.31 at 13:45

一口に9号サイズって言っても、ブランドによって実はかなり幅があるのです。

 「お客様だったら9号でぴったりですよ。」

なんて言われると、

 「本当にはいるかなあ?(試着後)入った!私でも9号が入った!」

とうれしくなる事うけあい。
さらに、「このブランドなら9号が入る。」と刷り込まれ、そのブランドの顧客となるのです。じつに姑息なマーケティング戦略ですね。

というわけで「あなたは9号サイズですよ。」と言われてうれしい女性が多いから、世の中には9号サイズばかりなのです。ってBUBIさんは「9号です。」って言われてうれしい人かどうかは分かりませんが。

Posted by: ガサツ夫 | 2007.06.02 at 10:29

ガサツ夫さん、いらっしゃいませ。

漫画「ドラえもん」で、体のパーツを交換できる便利道具があるんですが、そのとき、ジャイアンはしずかちゃんと胴体を交換します。

(ちなみにすね夫はしずかちゃんと手を交換します。元々、ノビ太が最初しずかちゃんと頭を交換したんですが、頭は交換してもよくなるわけではなく、頭以外の部分を交換したのと同じことになってしまいました。)

そのときにジャイアンが言うことには、一度でいいから、ほっそりとした胴体になってみたかった、とのこと。体が軽くなったジャイアンは嬉しそうでしたねー。

・・・私もあの便利道具がほしいです。
一度でいいから、ほっそりとした体型を経験してみたひ・・・

ということで、9号なんて夢のまた夢。
そもそもバストが入りませんもん♪
(と、多少は好いように書いてみる(笑))

Posted by: BUBI | 2007.06.02 at 11:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/15254614

Listed below are links to weblogs that reference 血液はA型が足りず、洋服は9号が多く作られる:

« 最近訃報が多い | Main | セルフコーチングをしてみよう »