« 17才バトン | Main | またしても心理テストをやってみた。 »

2007.07.13

年金問題と労働組合

参議院選挙の告示がありましたね。
 テレビでは、各党の党首などが政策について語っております。一番はもちろん年金問題。
 ただちょっとテレビを見ていて、ひっかかりを感じた議論がありました。

 それは・・・「労働組合」批判。

 年金問題では、社保庁が年金の記録を紛失したことが問題となっていますが、その原因が何かというと、ものすごーく単純に

「社保庁の人間が怠慢だったから」

 と片づけられております。そして、その怠慢の原因の一つとして「労働組合の力が強く、あり得ない労働条件を突きつけてきて、使用者側がそれを唯々諾々と飲んでいたからである」とされています。

 ・・・うーん・・・キケンだ。短絡的というか。

 社保庁がいったいどういう仕事ぶりで、何をしてきたか・・・実体を知らないので、いちがいには言えないのですが、一般に労使の関係というのは「使用者」側が圧倒的に強いものです。

 だって馘首をタテにとられたら、労働者側は逆らえませんもの。

 だからこそ、労働者側が物を言う手段として「労働組合」があるわけで。労働三権などもある。

 私は・・・基本的には人間ってのは誰だって、楽な方に流れるものだと思うんですよね。
 それは金持ちだって貧乏人だってみんな同じで。

「貧乏人だったら汗水たらして働け、金持ちだったら楽して構わない、悔しかったらてめぇも金儲けしろ」
っていうのは何か違う気がする。

 労働者にも「楽」をしたい、という気持ちはあったっていい。だから組合がいろいろな要求をするのは当たり前だし、それが多少過剰であろうとも、それは、使用者側との話し合いで、現実的な線に落ち着くのが普通で。

 もしそこに問題があるのなら、責任をとるべきなのは使用者側であろうと私は思います。

 だって・・・もしこれが会社ならば・・・役員なんて自分たちと株主の利益ばかりに目が行ってて、人件費なんてなるべく削減したくてしょうがないんですから。
 それに物言いをつけ、労働者側の権利を主張する「労働組合」が弱気になっては、労働条件が悪化するばかりです。

 もちろん、その労使関係の結果、「本務」がおろそかになり、社保庁を信用して年金を払った人たちに迷惑をかけたのは事実であり、その事実に対し、今後、真摯に再発防止を計ることや、年金の適正な受給を行うべく努力をすることは言うまでもないことですが、だからといって「労働組合」の責任を問うのはどうなんだろう?と個人的には思います。

 テレビの議論を聞いていると、どうも何か、問題のすり替えがあるように思えてなりません。労働組合の問題だからと言って「民主党」や「共産党」に対し、文句を言ったからって何になるんでしょうか^^; 無意味だよなぁ~
 

|

« 17才バトン | Main | またしても心理テストをやってみた。 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

これを読んでも同じことがかけるでしょうか?

http://www.mbs.jp/voice/special/200707/04_8799.shtml

Posted by: 短絡的? | 2007.07.15 at 06:02

コメントありがとうございます。
リンク先、拝見いたしました。

今朝のテレビでも「労働組合」がいけないという論調になっていました。
ニュースを見ていても、首相もそう言って、民主党のイメージダウンを図ろうとしてます。
民主党はそういわれると苦しくて、自分たちも組合批判を始めます。
全ては「労働組合」が悪いと。
労働者が悪い、と。

政治家は、自分たちに矛先が向かないようにスケープゴートを作り上げ、それを選挙に利用しているように思います。

私は、社保庁のことを原因に「労働組合」という制度そのものがイメージダウンして、労働者が物も言えなくなる状況が来るのを懸念しています。

Posted by: BUBI | 2007.07.15 at 12:28

私もそう思います^^
労働組合がどんな要求をしようと、きちんと仕事をしなければ切ればいいのですよ。(もちろん、首にはできないかもしれないけど)言いなりになっていたのは、結局は自分達も言いなりになった方がいい思いができるから。
下の給料を上げれば、自分達も上げられる。そんな構図なんですよね。それを容認していたのは、行政の上であり、政府(自民党)なんですよ。
会社の社長がですよ、「社員が無理な要求ばかりするから、会社が倒産した」なんて言ったら「アホ」と言われるわけで。そうした議論のすり替えはけしからんのですよ。

これって、保育園の民間委託でも言われてるんですよ。自民党の区長が「保育士の労組が強すぎるから、保育園の改善が何もできない、だから、民間委託するんだ」って。確かに、労組は強いらしいのですが、労組曰く「延長保育だって一時保育だって対応するつもりはあるが、区は言ってこない」と言うんですよね。まあ、どっちがどうでもいいんですけど、それで子どもが辛い目に合うのかと思うと、親はやってられないですよ。

Posted by: ぐーたん | 2007.07.17 at 10:20

ぐーたんさん、どもです~。
どこが悪い、あそこが悪いって言い合っても、全く建設的ではないので、ぜひ事態の収拾と今後の防止策を考えて欲しいものです。

保育園の民間委託の件、大変ですね。
子供を辛い目には合わせたくないのは、みんな同じはずなのに、どうしてこう、悪い方にこじれていくのか・・・

Posted by: BUBI | 2007.07.17 at 18:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/15744649

Listed below are links to weblogs that reference 年金問題と労働組合:

« 17才バトン | Main | またしても心理テストをやってみた。 »