« 「おひとりさまの老後」を読んでおります | Main | パパの歌「home」買うぞ~♪ »

2008.02.04

poem(67)

「8番バッターの恋人」

きみには好きな人がたくさんいる

1番目は片思いの誰か
2番目は尊敬する年上の先輩
3番目はお隣の友達
4番目・・・5番目・・・

さて私は何番目かな

そうだな、たとえば8番目くらいだったとしても
それって「好きな順番」ではないでしょう?

お父さんやお母さんを大事にする気持ちと
恋人を大切にする気持ちが違うように

我が子を思う気持ちと
好きな人を想う気持ちが違うように

誰にだって好きな人はたくさんいるけど
誰が1番かなんて決められるわけじゃない
みんな1番

きみにとって私が何の1番かは分からないけど
私は今、私以外の
きみの1番をたくさん知っていることがちょっと嬉しい

これからも誰かを好きになったら
真っ先に私に教えてね
どんなふうにどれだけ好きなのか
できるだけたくさん

私もこれから
たくさん人を好きになったら
その思いを全部持って
またきみに話しにゆくよ
楽しみにしててね

|

« 「おひとりさまの老後」を読んでおります | Main | パパの歌「home」買うぞ~♪ »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/17953528

Listed below are links to weblogs that reference poem(67):

« 「おひとりさまの老後」を読んでおります | Main | パパの歌「home」買うぞ~♪ »