« 「虚構新聞」 | Main | 「貧乏男子」に思うこと。 »

2008.02.19

poem(69)

「シゴフミ」

もし今、私が死んだら
「シゴフミ」の宛名はやはりきみだろう

もし私があと半年の命だったら
その半年間だけずっと側にいてほしいのもやはりきみだろう

それなら
そんな限られた時間じゃなくて
今すぐに会いにいけばいいのに

なぜそれができないのか
私にはよく分からない


※「シゴフミ」についてはこちら

|

« 「虚構新聞」 | Main | 「貧乏男子」に思うこと。 »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/40179615

Listed below are links to weblogs that reference poem(69):

« 「虚構新聞」 | Main | 「貧乏男子」に思うこと。 »