« 昇級しました♪ | Main | 「人生の楽園」 »

2008.03.21

斉藤さん

 昼休み、友人と近くのファミレスで昼食をとった時のこと。
 友人は和風ハンバーグで、私はサラダとパンのセット。友人のハンバーグの方が早く出てきました。

 ハンバーグを食べようとした友人が言います。
 「このハンバーグ、温かくない!」
 
 友人が、お店の人に「このハンバーグ、なんか冷たいんですけど」と言いましたら、そのハンバーグは提げられて、ちゃんと別のが出てきました。めでたし、めでたし・・・なんですけど。

 そういえばこの友人と食事をするシーンではそういうことが何度もあるな・・・と思いました。
 ちらし寿司に髪の毛が入っていたとか、サラダに虫がいたとか、ハンバーグが生焼けだったとか・・・

 私は何かあるかしら・・・嫌なことはすぐ忘れるので、あまり覚えていないのですが、もちろん自分にもあるような気がします。
 確率的には多分、そういうことが起こる可能性は同じなのに、なぜか友人の食べるものに何か不都合があった時のことはよく覚えている。なぜなんだろう?

・・・そうか。自分だったら、言わないから、ですわ^^

 何か変なものが入っていたら、食べるのをやめて、その店にはもういかないだけで。
 店の人にクレームをつけることはまずしない。お金もとりあえず払う。

 みなさんだったら、やっぱりお店の人を呼んで取り替えさせますか?
 
 気が弱いのもあるんでしょうが、基本的に面倒だというのがあります。店の人に「すみません」と言われるのもなんだか煩わしい。

 嫌なことや不愉快なこととはなるべく縁遠くいたい。それが自分のことならば、忘れてしまえばそれで済むので・・・

 ちゃんと言える人は、えらいなぁと思います。でも大変だろうなぁとも。
 
 先日「斉藤さん」というドラマの最終回を見たのですが・・・私は絶対「斉藤さん」にはなれんなぁ~

|

« 昇級しました♪ | Main | 「人生の楽園」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

BUBIさん、おはようございます。

私は間違いなく斉藤さんですね~(笑)
あのドラマの番宣を読んだ時、これって私のこと?って思いましたし(^^ゞ
でも、見たくないって思いました(見てないです)。

性格的なものだと思うのですが、文句ではなく不都合は、お店のためにも言った方がいいと、私は思っています。
でも、文句ではなくても、周りから見たら「あの人イチャモンつけてる!」って思われることもあるだろうし、人に意見するということは自分もちゃんとしていないといけないし、大変です^^。
家族はいつも「言わなくても」って言いますが、私の場合家族を説得して(笑)ちゃんとお店の人には言います。
なので、家族は理解してくれているようです。

たまにしか出かけないので、出かけると、色々なことが目について、気になって、すごく疲れます(-_-;)
電車の中での化粧、子どもが靴のまま座席にあがったり、等等。
やんわりと注意することもあるのですが、自分だってたまたまやってしまうよくないことってあると思うので、お店に言うのと違って、言うべきではないかなって思うようになりました。
言ったあとって落ち込むので、最近はなるべく見ないようにしています。
いいのか悪いのかわかりませんが。

色々な人がいるので、対応もそれぞれでいいのではないかと思います。
精神衛生上はスルーできる性格の方がいいような気がしますが、私はやっぱり斉藤さんですね~(笑)

Posted by: チカママ | 2008.03.22 at 09:12

書き忘れました。

私の場合、大抵「これ冷めてましたが、これはこれでいいです」と言って食べます。
今後そういうことがないようにという気持ちからです。
新しいのを出してもらうことはしないですね。
もちろん、相当冷めていたら出してもらうこともあるかもしれませんが^^。

Posted by: チカママ | 2008.03.22 at 09:20

チカママさん、いらっしゃい♪

ドラマの斉藤さんは、最初はみんなから「うるさい人」と思われているのですが、最後は、みんなから信頼されるようになっていくんですよ♪

結局、どういう人が必要とされ、人との信頼を勝ち得ていけるのかというと、そういうことなのだと思います。だからチカママさんはそれでよいのですよ~


お店と客の関係については、私はこう考えています。
お店のためには言うべきなんでしょう。
でも、人を叱るということはそれなりにエネルギーのいることです。
私は、そのお店の客であって、その店の経営者ではないので、そのお店のためによくなることを、いやな思いまでしてする義理はない、と思ってしまうんですよ^^;

「叱る」というのは何かを愛すればこそできること。このままじゃいけない、こうなって欲しいという思いがあるからできるんですよね。親が子供を叱るように。

 ・・・だから、私は斉藤さんのことも、チカママさんのことも、えらいなぁ~と思います。そんなふうに全てに愛情を持ち、自分が傷ついても、言うべきことはきちんと言える人を、私は尊敬します。

Posted by: BUBI | 2008.03.22 at 09:26

私もちゃんと言います。
だって、サービスを受ける側としては、当然の主張です。
でも、人のミスにつけ込んで横柄な態度に出るのは、
ちょっと違うかな、と。

「クレーム」の定義にもよるけど、
「髪の毛が入っているので取り替えてください」
と言うのは客側の「要望」だと思うんですよ。
私の中では好きなものを注文するのと同じです。
その要望を受けて、
どういう対応をするかでお店の品格が決まりますね。
取り替えるだけか、加えてお詫びの気持ちを表すか…。

でも、
「料理に髪の毛が入ってるなんてどういう事?!」
ってなったら、完全にクレームでしょうね。
もちろん、万全の注意を払う必要があるから、
そういわれるのは仕方のない事ですが、
何の解決にもなってないと思うのは私だけかなあ??

Posted by: あきら | 2008.03.22 at 11:06

あきらちゃん、いらっしゃい。

>サービスを受ける側としては、当然の主張

そうですね。おそらく世の中の大半の人はそう考えるだろうな・・・

実は私は^^;

人に食べ物を作ってもらう限り・・・というか、学生とかがバイトで入っているファミレスに、失敗は必ずあると思ってしまいます。

もちろん、失敗したんだから、謝って取り替えるのは店としては当然なんですが、私は、そういうよくあることにいちいちこちらの意見を主張してもしょうがない、と思っちゃうんですよね。

たとえば記事の例のケース。
食べようとしたら冷たかった、場合。

異物が入っていたらさすがに食べられないですが、冷たいくらいならまあ・・・
ちょうどランチタイムで忙しそうだったんですよね、そのファミレス。
たまたま、出来上がったけどもっていくのが遅れて、冷めちゃった、みたいなことはあるのかなと。

・・・いや。例としては、全く違うかもしれませんが。

もし自分に夫がいて。
夜、帰ってきて、食事を出して、
「冷めてるから作り直せ」
なんていわれたら、一発で切れてしまうでしょう^^;
「あったかいのが食べたいんなら、自分で作れ!!」

ファミレスに対しては、確かにお金も払うわけですが、そのファミレスで食事せざるを得ない、自分の事情もあって。
安全で、おいしいものを食べたいなら、自分で弁当を作ってランチするしかない。
(弁当は温かくないですが^^;)

お金を払っているんだから、ベストなサービスを受けるのは当然で、そうでない場合に、意見を言うのも当たり前のことだと思います。
そういう時に自己主張できないのは、日本人の悪いくせだとも思う。

思うので、言える人はえらいと思うのですけど・・・私はだめだ^^;
やっぱり言えないし、もし自分が言われる側だったらとってもへこむ・・・あきらちゃんと同じお仕事はできないなぁと思います^^;;;;

Posted by: BUBI | 2008.03.23 at 12:53

こんにちは!お久しぶりです^^

この話題に飛びついてしましました。
もちろん私は「言う派」でええす。
だって、冷めたハンバーグは美味しくないもの。
もちろん、冷めても食べられるぐらいなら言わないですけど・・・。怒る必要はないわけで、「すみません、冷たいので暖かくしてもらえますか?」とか。チンしてもらえれば暖かく食べれるわけですしねえ。
私の場合はお店のためにというのはなくて、そのクレームをどう処理するかはお店次第であると思っています。言いたいから言うって感じでしょうか。はは。

海外に行った時にクレームをいう場合も、代案を考えて言うことが大事であるとわかったので、日本でもだからどうして欲しいというのを考えるようになりました。

斎藤さん、はじめは辛かったです。今の自分と重なって。言う事は言わないとと思っていても、相手に通じる事って本当に少ない。ほとほと疲れましたですよ。

Posted by: ぐーたん | 2008.03.26 at 17:15

ぐーたんさん、いらっしゃい。

なるほど。
「○○だからこうして欲しい」
まで言えば、クレームではないですね。
そういえばコミュニケーションスキルでもそういう話があったな・・・
自分の感情が害された話ばかりをして、対案を出さなければ、ただの文句になっちゃいますもの。

よいことを聞いたな・・・
お店のためだとか、サービスは本来~とか余計なことを思う前に、店と客だけど、ちゃんとコミュニケーションをとらなけりゃキカイに食事作ってもらってるのと変わらない。

黙ってしまうのでもなく、文句を言って自分で自分が嫌になるのでもなく、まさに第三の方法です。一人で暮らすのが長くなってこういうことが必要なことを忘れていました。

これ、目からうろこかも~。
ありがと、ぐーたんさん。

Posted by: BUBI | 2008.03.26 at 18:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/40586505

Listed below are links to weblogs that reference 斉藤さん:

« 昇級しました♪ | Main | 「人生の楽園」 »