« しゃれにならんぞ、「Aroud40」(笑) | Main | 心の病による殺人や傷害事件をどう防止すればよいのだろう »

2008.04.21

「結婚」しないホントの理由

・・・と、いうわけでドラマの「Around40」にちなみ、私も「Around40」について語ってみたいと思います。

 先日の放映では主人公が思い切って結婚紹介所に入会をするくだりをやっていました。

 いや、ここだけの話(ってネットでオープンにして「ここだけ」もないものですが(笑))、私も、今年中、つまり、39歳の内に、結婚紹介所みたいなのに入ってみようかと、思っておりましたのよ。
 
 しかし「Around40」を見ていて、思い出しました。
 自分が人にああいうふうに他人に市場価値を評価されるのがどんなに嫌だったかを。

 「Around30」の頃、何回かお見合いパーティに行ったことがあります^^
 当時はまだテレビで「ねるとん紅鯨団」なんてのがやってた頃です。

 「ねるとん紅鯨団」では、女性に告白する男性はちゃんと映します。そして告白される女性も映す。答えが「ごめんなさい」でもそうでなくても。

 で、ちょっと考えればすぐ分かることなのですが、そのブラウン管(古い表現だなぁ)の向こうには、同じパーティに参加していながら、どの男性にもアプローチされないで、最初しかテレビに映らなかった女性がいるのでした。
 テレビに映らないので、見てる方はそんな女性がいたことも忘れてしまうのですがね^^

 もし、私が男性だったなら。
 そういうパーティに出たら、やっぱりふられたってかまわないから、いちかばちか、その場で一番かわいくて美人な自分の好みの子に告白します♪
 告白する前から、妥協なんて考えない。

 「人は見た目が9割」なんて本もあるんですが、少なくともお見合いパーティの場で判断の基準になるのは、ルックスかもしれません。中味などその時点で分かるわけないし。ぱっと見、かわいい人じゃなきゃうまくいかないのは当然だよなぁ。
 
 ・・・ただ、しかし。

 「お見合いパーティなんてルックスで判断されるのよね。中味で判断して欲しいのよね」
 という自己正当化が、第三者から見ると滑稽であることも、ドラマ「Around40」でやっていました。あはは^^;

 人間が見た目だけじゃないことなんて言うまでもないことで。
 
 「見た目」のせいにして、
 「本当の自分は素晴らしいのにそれを分かってくれないんだよな」
 と自分を正当化したとしても、異性に選ばれない本当の理由は他にちゃんとある。
 
 ドラマ「Around40」を見ているとつくづくそう思います。だって主人公の彼女なんてきれいだし^^
 じゃ、何が本当の「結婚していない理由」かというと。
 
 「女性が結婚しない理由」。
 それは「Around40」にすでに答えがありました。
 
 先週の回で、主人公の彼女は、ルックスもばっちりで非の打ち所のないような男性を友人に紹介されます。素敵な人だったので、彼女としても一瞬、前向きになる。けれど・・・

 相手の男性が「女性の幸せってのは・・・」みたいなことを言う。仕事もいいけれど、女性は結婚しないと本当に幸せにはなれない、なんてね。

 彼女はそれを聞いて、自分の考えとは違う、と思う。
 結婚してなかった自分を彼女は後悔していない。不幸せだったと思ってもいない。だから「女性は結婚が幸せだ」と思っている男性とはお付き合いできない。そう言って、その男性とのお付き合いをお断りしてしまうわけです。

 男性と女性とで考え方は違うし、同じ女性同士、男性同士だって人が違えば、考え方は違います。それは当たり前。

 でも・・・もっと昔は、女性はそんなふうに「自分はこう思う」とか言わなかったんでしょう。言わずに男性に合わせていた。

 女性が「自分の考え」を発言し始めた時に男性と女性の関係というのは、それ以前よりもかなり変わりました。違う意見を持つ人同士がお互いを認め合い、いっしょに暮らしていければ、結婚は成立するんでしょうが、それって言うほど簡単ではない、ということかもしれません。

 男性も女性も、一人の人間として考えを持つ。それはとてもいいことだと私は思います。
 そこで、互いの思いを理解しあったり、歩み寄ったり、できればね。他人同士がいっしょに暮らし、家庭を築くことだって不可能ではないはず、と思うのですが。
 多分、それって、誰にでもできることじゃないんだろうなぁ~~~。

 理想が高いと言われても、自分の考えを押し殺してまで結婚することに何の価値があろうか。

「39歳だからこそ譲れないこともあるのよ」(by 「Around40」)

 私も、そう思います。
 
 だから・・・今までも結婚しなかったし、これからも結婚しない可能性がかなり高いんでしょうなぁ。

|

« しゃれにならんぞ、「Aroud40」(笑) | Main | 心の病による殺人や傷害事件をどう防止すればよいのだろう »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

私も、見てます。で、この台詞の気持ちもとってもわかります。
お見合いパーティも、実は終わった後に、全然話さなかった人から「また会いませんか?」といわれたり、本スジとは別のところに出会いがあったりするものなので、まあ、エネルギーさえあれば、行って見るのもいいのかもしれませんね。結婚紹介所でもコンパみたいなものもあるみたいですから。ただ、入会した友人達に聞けば、「でも、人間不信になるから」と辞めてしまった人が多いので、正直あまりおすすめできないところもあります。
ただ、「譲れないもの」があることは悪い事だとは思わないんですが、あれもこれも。。。とあまりに多すぎると、それはどうなんだろう?と思う気持ちもあります。人が一緒に暮らすには妥協点も必要なわけですから。
私はあのドラマでは、松下由紀の気持ちもよーくわかってしまいます。

Posted by: ちゃい | 2008.04.21 at 23:42

私も観てます。身につまされるというかなんというか。年齢が近いので非常によくわかる話が多いですよね~(汗)。

結婚観については、ひとりの時期が長くなればなるほど、他人と相容れない部分が堅固になっていくという話があります。自分の中に、他人に譲れない考え方が年を追うごとに大きくなっていくのだと、昔付き合ってた女の子が言ってました(笑)。
まぁ考え方なんてほんとは人それぞれで、譲り合うものでも意地を張り合うものでもないんですが、いざ結婚しようとすると、自分と違う考え方の部分が気になってしまうものなんですよね(汗)。
そこがどこまで妥協できるかと見ることもできますし、実は考え方が違っても別に何の問題もないのだと気づくことができれば、ハードルは低くなるのかもしれないなぁと、最近では思ってます。うちなんて考え方が180度違うことも多いですが、それでいてまったく問題もなくやってきています、たぶん(笑)。逆に意外性が未だにあって楽しいですよ♪

Posted by: くわっち | 2008.04.22 at 04:13

私の通う手話教室の先生も、
人並みに奇麗な女性ですが、
結婚を考え始めたのは40になってからだそうです。
仕事一筋で、
それを理解してくれる男性が見つかるまでに、
時間がかかってしまった、
って言ってましたね。

ただ、結婚後の先生の考えでは、
独身の時は「そんな男性はいない」と思っていて、
だからこそ自分は結婚に向かない、
って結論づけてたみたいですが、
実際結婚してみると、
ちゃんと理解を示してくれる男性はいたし、
結婚後は自然に仕事のやり方が変わって来て、
自分にも家庭的な一面ができた、
って言ってました。

恋とは不思議なもので、
自分の理論を少しくらい覆しても、
相手を理解したい、という気持ちを生みます。

BUBIさんだって、
「恋する気持ち」はよくご存知と思いますが、
ちゃんと相手に気持ちがあれば、
お互いを認め合って幸せになる事は、
それほど難しい事でもないように思えます。

だから、単純に、
そういう人と出会ってないだけじゃないかな〜??

ちなみに私、結婚願望は強いけど、
結婚が必ずしも幸せに結びつくとは思ってなくて、
相手との相性だったり、
自分の努力次第では、
結婚生活が変わってくると思っています。
だから、結婚はしたいけど、
結果的に離婚したり、冷めきったりしてしまうなら、
独身の方がマシって思ってます。

結果的に独身でも、
人生幸せに終われたらいいと思うのですが、
「結婚したい」なら、
結婚して人生を全うするのがベストですよね♪
だって、それは夢を叶える事と同じですもの。

Posted by: あきら | 2008.04.22 at 10:03

いらっしゃいませ、ちゃいさん。
「Around40」を見ていると、私にも、結婚していて子供もいて、という友人がいるので、松下由樹と主人公のやりとりで、身につまされることが多いのですよ。

・・・私も知らずに、主婦の友人を傷つけるような発言を・・・しているんだろうなぁ^^;
結婚して、子供がいて、ちゃんと家庭を持っている友人を尊敬しているだけに、
「あなたには家庭があるんだからいいじゃない」
みたいな物言いをしている心当たりがあって、反省しきりです^^;;;;

結婚についての「譲れないもの」については、自分ではそれほどぜいたくなことを思っているつもりはありません。

前にやったことがあるのですが、まず3つ条件を言って、4つ目が本当の条件なんですって。

私の場合

1 暴力を振るわない
2 ギャンブルをしない
3 安易な借金をしない

これが最初の3つで、4つめが・・・

4 私を好きになってくれる人

でした(笑)。

>くわっちさん

くわっちさんみたいな男性、他にいないかなぁ~(笑)
いや、たくさんいると思いますが、そういう人はもう結婚してそう^^

>あきらちゃん

あきらちゃんにはぜひぜひ、夢を叶えて欲しいです!!
私は・・・ま、独身なら独身でもいっか、と思っているわけですが、さて「Around40」はどういう展開になるでしょうね^^

Posted by: BUBI | 2008.04.22 at 13:56

勘違いさせちゃったかも。。。「譲れないもの」が多いのは、ドラマの聡子のことなんですよ。
彼女、仕事は譲れないとしても、一人温泉旅行など、なんだか譲れないものがいっぱいありそうな気がして。。。
ちなみに私も独身時代に、4つめが本当に望む条件っていうやつ、やりました。忘れられないのですが、
1運動神経が良い人
2私を好きになってくれる人
3経済的に自立している人(ヒモにならない人)

で、肝心の4番目は
4ちょっとだけ、みてくれが良い人

ってことでした。望んだ条件の人と結婚しなかった(できなかった?)ことは、幸か不幸か?
ちなみに実際に満たしている条件は3のみです(2は既にオット本人も認めている通り、当時はあったと信じたいですが、現在はそんな気持ちもなさそうです。私のことが嫌いとかじゃなくて、ナルシストな人なので)。

Posted by: ちゃい | 2008.04.22 at 22:18

似たようなヤツを知ってます。

やっぱり最初に3つの条件を挙げるのですが、
その後、こう続きます。
「その3つの条件を満たした人が二人いました。
どっちかを決める決め手としてもう1つは?」

その時、
「それなら、カッコいい方を選ぶ!」
って答えた気がします…。

そして、その「決めて」こそが、
一番望む条件だ、と言われて、ショック…。
(ちなみに、3つは、
1穏やかな人
2一緒にいて安心する人
3専業主婦になってもいいよって言ってくれる人
でした)

Posted by: あきら | 2008.04.23 at 00:09

>ちゃいさん

譲れないものが多いとちゃいさんが思われたのはドラマの聡子のことでしたか^^
私から見ると、ドラマの聡子さんも、それほどぜいたくな感じはしないのですよ。

一人で温泉にいくのは、いっしょに行く人がいないからでは^^

40にもなると、友人達はみな結婚してたり、仕事に忙しかったりするので、
「あー、つかれた。明日、温泉いきたい」
と思っても、道連れはなかなか見つからない。
だったら、一人で行っちゃえ、と。

「一人だからできる」ことで今、現在一人だからしているだけで、そのために結婚も控える、ほどの条件ではないはず。

 まあ、中には・・・結婚してたって、ある日思い立って、
「私、明日から温泉いってきます!! あとよろしく♪」
 って出てきちゃう主婦も知っていますので、他の方も書いていますが、その辺は譲れても譲れなくても「本当の条件」ではないような気が致します^^

>あきらちゃん

やっぱりルックスって重要なのかもしれませんね^^
これ、女性がどう答えるかはいくつか知ってるんですが、男性はどうなのだろう。
やはりルックスなのかな><

Posted by: BUBI | 2008.04.23 at 11:39

僕の場合、「とりあえずルックス」でしたね^^
 それからつきあってみて、色々な面をみて・・・・・で結婚しました。でもたまたまそうだったわけで、ルックスが絶対条件ではないです。ブサイクで性格のいい人と、美人で性格の悪い人、という「究極の選択」なら後者です。

 男性一般がそう考えているかどうかは知りません。

Posted by: 春海 | 2008.04.23 at 18:15

おおっ♪ 春海さん、正直な回答をありがとうございます。

女性も男性もやっぱルックスかぁ~(笑)

もちろん、それで性格や価値観等で、全く相容れない相手だったらダメでしょうが、まずルックスで選んで、あとは性格や相性を見る、のが自然でしょうね^^
「絶対条件」ではないけれど、入り口はやはりそこなのかも~

・・・いや、私は違いますけどね^^
人にルックスのことなど言えませんもの。
逆にかっこよすぎる男性は苦手です。

Posted by: BUBI | 2008.04.24 at 10:36

ドラマ見ました。面白かった。以前「離婚弁護士」を見たことがありますが、天海祐希っていう女優は、独身で専門職の役柄が似合うんでしょうかね。
 今日の内容では、中間管理職としての聡子がよかったですね。6歳年上でも、好きになる確率高いです。
 それに関連して、松下由樹とのやりとりが面白かったですね。先行きを暗示してます。

Posted by: 春海 | 2008.04.26 at 00:33

私が、うつ病、ニヒリズムをほとんど
克服し、結婚しようかと思ったが、
やめた。その理由は、私の通ってた
高校の男性教師が、女子生徒に手をつけて、結婚した人がいっぱいいたし、
私の友人が、通ってた高校の男性教師、多くの人が、が、女子生徒の胸を触った
という。結婚して女の子が、生まれたとして、学校に通わすにしても、そういう
トラブルに巻き込まれるのは、ものすごく不愉快だ。学校の側としても、学校に
監視カメラでも設置して、そういう不愉快な犯罪を防ぐように、するように、すればいいのに、やろうとしない。
だから、私は、学校側が、監視カメラを
ちゃんと設置する、と約束しないかぎり
結婚しようとは、思わない。

Posted by: 西 信博 | 2009.02.02 at 02:34

西さん、いらっしゃいませ。
なるほど・・・そういう考えもありますね。

Posted by: BUBI | 2009.02.02 at 21:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/40950116

Listed below are links to weblogs that reference 「結婚」しないホントの理由:

« しゃれにならんぞ、「Aroud40」(笑) | Main | 心の病による殺人や傷害事件をどう防止すればよいのだろう »