« モノと思い出 | Main | そして何も変わらない。変わるのは・・・自分~ブレイブ・ストーリー~ »

2008.06.22

面白かった!「ナルニア国物語/第二章・カスピアン王子の角笛」

「ナルニア国物語」は第一章の「ライオンと魔女」を最初に見たときも、面白くてびっくりしました。見る前は実は、
「たいしたことないんじゃないか」
と思っていたのですよ。
でも見てみたら予想以上にどきどきしてとても面白くて。(当時の感想はこちら

ところが、先日テレビでやっていたのを見てみたら、なぜかテレビで見直した時は、映画館で見たときの感動が全くなかったんですよねー
なぜだろう?

そんな疑問を抱えつつ、なので、第二章もあまり期待を持たずに今日は映画館に向かいました。そしたら・・・

うわーーーーー♪ めっちゃ面白いやん、この映画。

・・・なんでですかね^^; その理由を考えてちょっと「こういうことなんじゃないか」と推測できることが一つ。

私は「ナルニア国物語」がまったくどういう話なのか、事前情報を知らないままに映画館に行きました。だからこのお話がどうなるか、先の展開を知らないです。

だから・・・度重なるピンチに何度も「もうだめなんじゃないか」と手に汗を握りました。敵に追われて矢を射掛けられるシーンでも、剣をとって戦うシーンでも。何度
『アスラン、お願いだから彼らを守って・・・』
と願ったことか。

先日「ライラの冒険~黄金の羅針盤~」という映画も見たのですが、その映画にはこれほど、ドキドキしたり、ハラハラしたり、登場人物が心配で祈ったりなんかはしなかったんですよね・・・

いっしょに見にいった友人と帰りに話していたのですが、ライラは物語の中の運命の子ですけど、ナルニアに出てくる4人の主人公達は、私たちのいるこの世界ではごく普通の男の子、女の子。その普通の子がナルニアでの戦いに巻き込まれていきます。
難しいことは分かりませんが、おそらく「ナルニア」は、その導入がとてもうまく作られているために、見ている私も思わず物語の世界に引きずり込まれて、彼らに感情移入したまま、いっしょに困難に立ち向かい、敵と戦っている気分になってしまうのかもしれません。

テレビで二度目に見たときにさほど感動がなかったのは、もう先を知っているから。どうなるか展開が分かっていればそれをなぞるだけですし、先を知っている自分がいる以上、彼らといっしょに冒険しているわけじゃないからなぁ。
テレビで見てつまらない、ということは、つまり、この映画を面白いと感じるポイントが、まさにそこにある、からなのでしょう。

自分が書く小説もそうなのですが、私は、普通の人の話が好きです。
普通の人間が最強だと思っております。

「ナルニア国物語/第二章・カスピアン王子の角笛」では、4人の子供たちが、現世からナルニア国へ、今回はカスピアン王子の呼びかけに応える形でいきなり引き戻されます。洋服ダンスからじゃなくてね・・・ま、どこから行くかは、見てのお楽しみ。

ナルニア国での日々を思い返しながら、それでも現実の世界で日々の日常を暮らし始めていた主人公達、4人の兄弟姉妹は、ナルニアに戻れたことを喜ぶのですが、今回のストーリーは彼らにとって前回と比較にならないほど、過酷極まりないものでした。

だって、基本、4人とも普通の子供だもの。

第二章は第一章の設定を受け継いでいるため、4人は、氷の女王を倒しナルニアに平和をもたらした伝説の王と女王、ということになっているのですが、別に奇跡を起す魔法の力が備わっているわけでもなく。でも、当然ながら、いやがうえにも人望は高まるわけですよ。それに応えようとして一の王、ピーター王も頑張るのですがね・・・。
第二章のストーリーでは、その相克をうまく描きだしています。

自分の力の無さへの絶望やそして憎しみの強さ故に、カスピアン王子もピーター王も、過去に封印したはずの氷の女王の手さえ借りたくなってしまう一瞬などもありまして。

そういう彼らの悩みや、悩みながらも立ち向かわなくてはならない現実や、そういうものが一つ一つ胸に迫ってくるるようでした。

映画が終わり、最後、エンドクレジットを見ながら、さっきまで見ていた夢を思い返そうとするような感じで、いろんなことを思いました。
4人の今回の旅を。二度と会えないナルニアの人々のことを。
ナルニア国が、かつて現実の世界の4人の子供たちによって救われ、再び危機に陥った時に角笛で呼び戻される・・・その世界の設定事態もなんだか不思議だなぁと思います。なぜそういうことになってるんだろう。ナルニアとは一体なんなんだろう?

いや、実は、ちょうど今、宮部みゆきの「ブレイブ・ストーリー」を後編まで読み終わったせいもありまして・・・そちらの感想もいずれ。

ともあれ「ナルニア国物語」の映画は第二章も素晴らしい出来だったと思います。
面白かったなー。いやぁ、映画ってほんとにいいもんですね♪

|

« モノと思い出 | Main | そして何も変わらない。変わるのは・・・自分~ブレイブ・ストーリー~ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

そんな面白いなんて・・・見に行かなきゃ!!

Posted by: 金角 | 2008.06.22 at 22:10

金角さん、いらっしゃい。
「ナルニア国物語」…好きなんですよ~。ぜひ見に行ってね^^

Posted by: BUBI | 2008.06.23 at 11:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/41612982

Listed below are links to weblogs that reference 面白かった!「ナルニア国物語/第二章・カスピアン王子の角笛」:

« モノと思い出 | Main | そして何も変わらない。変わるのは・・・自分~ブレイブ・ストーリー~ »