« poem(75) | Main | 野菜炒めライス »

2008.10.27

シリーズものはシリーズものという明記をしていただきたい。

 東直己(あずま・なおみ)という人の「疾走」という本を読みました。

 いやぁ、間違えちゃいましたよ。重松清の「疾走」を読もうと思っていたのに><

 でも、読み始めは面白そうな感じ。

 北海道の核廃棄物処理場で苛酷な労働就役に耐え切れなくなった外国人労働者が反乱を起こし、施設側は銃器を用いて暴力的にこれを鎮圧しようとするのですが、その時、施設を見学にきていた小学生達にその現場を見られてしまう。そこで施設側は、この小学生達をバス事故を装って全員殺そうとします。
 たまたま、難を逃れた二人の小学生を、主人公の男性が、二人を抹殺しようと執拗に追いかけてくる追っ手から守る・・・というストーリー。
 主人公がまた、めちゃめちゃ強い。元殺し屋とかいう噂。

 面白いんですけど・・・主人公が何者か、なぜ彼が子供を守るのか、そのへんの話が・・・いや、いつか明らかになるだろうと読んでいたら、これ、シリーズものだったのです^^; そのへんの経緯は、前の本を読んでないとわからないんですよ~

 シリーズものならシリーズものとどっかに書いてほしいんだよなぁ。
 書かないなら、1冊で物語を完結させるのが、読者に対する最低限の配慮ではないかと。

 出だしがおもしろかっただけに、ちょっとがっかりです。
 図書館でただで借りた本だからいいんですけど~

|

« poem(75) | Main | 野菜炒めライス »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/42922795

Listed below are links to weblogs that reference シリーズものはシリーズものという明記をしていただきたい。:

« poem(75) | Main | 野菜炒めライス »