« 雨の六義園 | Main | のんびり小町、デビュー♪ »

2009.08.11

poem(81)

水が透明なら透明なほど
底に沈むものはよく見えるのか

風一つなく周りに木々もなく
夜も来なければ明るい昼もない
何もない世界なら
確かにそのとおりだろう

だからこの現界で
水を透かしその淵をのぞき込んでも
想いはあの頃と同じには見えない

あの水底に沈めたのは確かに私
想いはその折々に見え方を変える
強い日差しの夏には緑の木陰で涼やかに
冷たい冬には雪と氷の下でひっそりと
そして春には桜を浮かべた水面の向こうに

それもまた一つの在り方
拾い上げるまでもなく
それは確かにそこにあり
時はそのそばを流れゆく

もしも私が滅びても
そこで輝きを失わないで と

祈りを風に乗せても
水の底へはその願いさえ届かない

|

« 雨の六義園 | Main | のんびり小町、デビュー♪ »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
みゆきさんが大好きで、BUBIさんのブログにたどりつきました。東京在住の30歳、女でございます。

素敵な詩ですね。
みゆきさんのファン友達になっていただけたら、嬉しいなぁと思い、コメントしました。
よろしかったらメール下さい。
それでは。

Posted by: FW | 2009.08.23 at 05:49

詩をほめていただいて、うれしいです。
ありがとうございます♪
みゆきさんと言えば、また今期は夜会の上演がありますね。FWさんは行かれますか?
私は12月に行く予定です。楽しみです。

Posted by: BUBI | 2009.08.23 at 11:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/45893047

Listed below are links to weblogs that reference poem(81):

« 雨の六義園 | Main | のんびり小町、デビュー♪ »