« 「食べる」ことに対する意識が変わってきた | Main | 早くここまでおいで ~「おやすみプンプン」~ »

2009.09.25

poem(82)

旅をしている間は
残りの人生で自分が何をしなくちゃいけないか
何のために生きるのかなんてことを
一人でいるときに幾度も考えた

でも家へ戻ってくると不思議なもので
朝起きて
布団を干して
洗濯したり
掃除したりしていると
「生きる」ってことは
それだけで喜びなんだって思えてくる

どこへもいかない
ただここに在るということ

それだけでいいんじゃないかって

たとえば私はきみを愛していて
それがどこへ行くわけじゃなくても

何かをしなくちゃいけないって
ずっと焦っていても
それで何かができるわけじゃないんだし

もしかしたらこれが
「今を生きる」
ってことなのかもね
今この瞬間を・・・
未来のためではなく
損なわれた過去のためでもなく

私はきみが大好きだ

その思いをもう一度抱きしめて
私は今を生きていく

|

« 「食べる」ことに対する意識が変わってきた | Main | 早くここまでおいで ~「おやすみプンプン」~ »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/46307164

Listed below are links to weblogs that reference poem(82):

« 「食べる」ことに対する意識が変わってきた | Main | 早くここまでおいで ~「おやすみプンプン」~ »