« 昭和30年代、40年代がこの国を滅ぼす!? | Main | 「ずっと彼氏がいないあなたへ」 »

2009.09.01

「グローバリズム」って何だろう?

ニュースによると、鳩山さんが反グローバリズムだってことでアメリカときなくさい雰囲気になっているそうです。

「反グローバリズム」? 「グローバリズム」って何? それがなぜアメリカともめるネタになるんだろう?

というわけで、今日の記事は、それについての覚え書き。

グローバリズムとは、簡単に言うと「世界は一つなんだよ」という考え方のようです。
どこの国が金持ちだの、どこの国が一番だのと言ってないで、世界は一つなんだから自分の国の利益ばかり考えるな、と。

環境対策なんかまさに全地球規模で考えなくちゃいけない問題ですし、日本は、海外との貿易で利益を上げていて、海外へ進出する企業も多いですから、まさにグローバリズム。
これでいうと、食料自給率の議論はナンセンスということになりますねぇ。全世界規模で、食料の効率的な調達を考える必要があるわけで、自分の国だけで自給自足っていうのはちっちゃな話。
エネルギー問題も、最近の経済問題もグローバリズム。自分の国だけでなく世界で果たす日本の役割、みたいなことが重要です。
ヨーロッパで通貨統合があったのも、グローバリズムです。ユーロができて、海外旅行する場合はかなり便利になりました。

ただ一方で、グローバリズムを考えると、アメリカという、軍事的にも経済的にも突出して発達した国があったので、どうしてもアメリカがリーダーで、
「アメリカの言うとおりにしようぜ、みんな」
が、グローバリズムだということになっていた側面もあるようで。それでグローバリズム=アメリカ、みたいなことになっていたようです。

じゃあ反グローバリズムがどういうことかというと・・・

全世界を一つとして考えると、たとえば、「愛国心」だとか「日本の伝統」だとかにこだわるのってどうよ?という話になってきます。

世界は一つ・・・確かに世界規模で取り組まなくてはいけない課題もあるんですが、それはそれとしてやっぱり「日本人であることの誇り」とか、それこそ食料自給率や雇用の問題もそうなんですけど、海外にばかり頼って、自分の国の力で一人で立てないなんてよくない、と。

防衛問題などがまさにそうですね。仮に、どこかの国から日本が攻撃されたときに、どこが守ってくれるのか。
自分の国くらい自分で守れなくてどうする。アメリカは日本を守ってくれるのか。
アメリカに頼ってばかりで自分で自分を守れない国なんてよくない。         
日本人が日本人であることに誇りを持ち、自国のために・・・おやおや、なんか書いていて「富国強兵」のイメージが強くなってきてしまいました。
 
でも、たとえば中国と台湾、中国と新疆ウイグル、などの問題を見ても・・・いや、もっと小さく市町村合併の話でもいいのですが、いっしょになって大きくなれば、いいことばかりでもなくて。
自分たちが自分たちであること。アイデンティティはやっぱり大事です。

鳩山さんがどう考えているかは分かりませんが、もしかすると一番言いたかったのは、他人まかせではなくて、日本が自立するためにどうすべきか、そういう感じだったんじゃなかろうかと思います。

私は、憲法のこのフレーズがけっこう好きなんですよ。

「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」

かっこいいです。
憲法はこう続きます。

「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。」

政治道徳を守り、他国を尊重することで、自国の主権を維持し、他国と対等の関係に立つ。
ちょっと矛盾してるような気もしますが、これがやっぱり理想、でしょうね。

他国と協調し、尊重し、互いに助け合い、人類規模の問題について国境関係なく取り組むこと。
それでいて、自らのアイデンティティを失わないこと。
これは両立すると思うし、両立させなきゃいけないよな。

日本にいる私たちが、オバマさんが日本についてどう考えているのか知りたいと思うように、アメリカの人々が、鳩山さんの考え方を知りたいと思うのは自然な話。知らないものに警戒心を抱くのもお互い様のように思います。

日本のマスコミの取り上げ方は、なんかちょっといやらしい感じがします。
まるで上司の機嫌を損ねた部下の失態をなじるよう。
何にしても、鳩山政権はこれから。
こういうバッシングはこれからもいくらでもあるでしょうけど、オロオロせずに、新政権らしさを目指してほしいな。

|

« 昭和30年代、40年代がこの国を滅ぼす!? | Main | 「ずっと彼氏がいないあなたへ」 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/46093405

Listed below are links to weblogs that reference 「グローバリズム」って何だろう?:

« 昭和30年代、40年代がこの国を滅ぼす!? | Main | 「ずっと彼氏がいないあなたへ」 »