« poem(84) | Main | 「悼む人」 »

2010.02.03

不思議なツール「ツイッター」

男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。(土佐日記)

巷で評判のツイッターといふものを、我もしてみむとてするなり・・・ってわけで、私もツイッター、やってみています。

とはいえ、なんなんだろう、これ。不思議なツールだなぁ。

ツイッターには二つの機能があります。情報の「発信」と「受信」。

ブログやホームページやmixiなどのSNSがどちらかというと発信側に重きを置いているのと比べ、どうもツイッターは「受信」機能がメインのように感じられます。

使っている人の多くは、広瀬香美さんや鳩山さんなど有名人のつぶやきを読んでみたくて使ってるのかな。
その心理はちょっと分かりますが、私は昔から情報を「読み飛ばす」ということが苦手なので、今のところフォロー(受信する人)は3人しか登録していません。100人も登録したらそのつぶやきを全部なんて読めないもの(いや、読めなきゃ読まなくたってほんとはいいんですが)。

一方、「発信」側の問題としては。
ツイッターは自分のつぶやきを誰に発信するか、制限するようには作られていないようです(アクセスブロックの機能はあるのかな。まだあまり分からないのですが)。

たとえば、mixiでは自分の日記を、自分が「友達」だと登録した、いわゆる『マイミク』だけに公開することが可能です。つまり「発信」機能を制限することができるので、自分の発信を受信できる人が分かっているから安心していろんなことを書くことができます。一般公開のブログじゃ書けない本音の話とかね。

それにmixiは参加者がそれぞれ自分も日記を書いたり、プロフィールを公開してたりしているから「得体の知れない誰か」に日記を見られることはある程度防ぐことができます。

ツイッターのつぶやきはどこで誰が見てるか分からない。これじゃ怖くてたいしたことは書けないな・・・ツイッターを始めて一番最初にそう考えました。
文字制限もあるからどっちみちたいしたことは書けないですけども。

だから「おなかが空いた」とか「今日は雪が降った」とかどうでもいいようなことを書く。
誰が見ても別に問題ないようなことばかり書く。
でもそれって、面白いの???

つい自分のことをつぶやいちゃうからそういうことになるんでしょうか。
これ、「ケータイ小説」とか連載するのにはいいのかも。架空の世界、架空の自分でつぶやけば個人情報垂れ流しの心配もない。
それを面白いと思ってくれる人がいればフォロワー(自分のつぶやきを受信する人)が増える。つまんなきゃ増えない。
有名人でもない一般の人々にとってのツイッターの「発信」機能はそういうことなのかもしれません。

それに、なんなら個人は別に「発信」は使わなくたって「受信」専用でもいいわけで。
「発信」はたまに有名人の発言に返事したいときに使えばいい。相手はそれをフォローしてないかもしれませんが(苦笑)

ツイッターについてはこう言えるかもしれません。
受信は「私」(プライベート)に属し、発信は「公」(パブリック)に属する。

だから、好きな人の好きな情報をいくらでも受信できるけど、自分が発信するときは気をつけないと。
使う人が限られていた今まではたいしたことはなかったんでしょうが、これ、普及すれば、いくらでも個人情報を収集できちゃうし、悪用しようと思う人がいたらけっこう・・・若く美しい女性などは気をつけた方がいいです。ストーカーされちゃうかも。
思えばmixiだって、ユーザーが少なかったときは性善説でいけたんでしょうが、個人情報を利用しようとする業者とか諸々入ってきてから、かなり中身も変わってきたようですし。

いつの時代、いつのツールでも、結局道具をどう使いこなすかは、ヒトしだい。インターネットが世界に誕生してから、見知らぬ誰かとのコミュニケーションというのはいつだってリスクと隣り合わせです。
その中でどんな情報をどう得て、どう発信するのか。ツイッターはこれからどんな方向に成長していくでしょうか・・・

まだ、始めたばかりの私には、有名人でもない一般の人が、どうでもいいつぶやきを公開の場に綴り、それを常に見知らぬ誰かがチェックしているのってなんとなくちょっと不気味な気はしますが・・・。
(それを言ったらブログだって同じでしょうか(笑)。でもブログはまだ少しは人に読ませようと思って書いてるからなぁ~)

なんてことを言いつつ、たとえば中島みゆきさんがツイッターを始めたら、ぜひフォローしたいと思う私です。
でも、きっとみゆきさんはしないだろうな~。

|

« poem(84) | Main | 「悼む人」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不思議なツール「ツイッター」:

« poem(84) | Main | 「悼む人」 »