« ♪かっこ悪いのは白髪じゃなくて | Main | 恋人?それとも・・・? »

2010.05.20

poem(88)

「五月の刃」

日差しが新緑を鋭く照らす
地には影が黒く落ちる

私は白茶けた古い建物の中にいて
その日差しに身をさらしてはいないのに
ヒリヒリと肌が焼けるのを感じる

人以外のものたちは
「今ここにある」ことが全てだろう
人だけが
過去や未来をその身の内に抱えている

けれど強い日差しに
過去や未来をかき消され
私もまた
ここにあるだけの存在となる
この圧倒的な光の前で
記憶や知識がどれほどの意味を持とうか

誰を愛し
誰に愛され
どうして生まれ
何を糧にして育ったのか

ああ私は
どこへ行こうとしているのだ

5月の光が刃となって
全てを薙ぎ払うと
あとには何も残らない
熱のない白い光に思わず目を閉じ

気がつけば
またそこは新緑

|

« ♪かっこ悪いのは白髪じゃなくて | Main | 恋人?それとも・・・? »

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/48412437

Listed below are links to weblogs that reference poem(88):

« ♪かっこ悪いのは白髪じゃなくて | Main | 恋人?それとも・・・? »