« 優雅過ぎる休日 | Main | poem(88) »

2010.05.13

♪かっこ悪いのは白髪じゃなくて

以前に、知り合ってから何度か手紙のやりとりがあって(当時はメールがなくて文通でした)気が合ったので、一度直接会いたいなぁと思った男性に、その人の住む町まで会いにいったことがありました。

文章でこう書くとロマンティックに響きますが、本人的にはそんな感じでもなく、知り合いがいるので遊びに行こうという、先日のゴールデンウィークの福井行きみたいな感覚です。
もう10年以上前の話です。

まあでも、当時その男性に好意をもってなかったと言ったら嘘になります。嫌いな人のところに遊びにいくわけないでしょ。その人は駅まで車で迎えにきてくれていっしょにドライブとかお茶とかしました。

そういうことがありながら、それ以上に発展しないのが我ながら甲斐性がないというかなんというか。
その方も私を友達としか見ていなかったのでしょう。それはまぁしょうがない。

しかしふと思い出したことがありました。
二人で入った喫茶店で、その方、向かいの席で足を組み(裸足だった気がします)、足をぽりぽりかいていました。
私、それを見てびっくりしちゃったのですよ。
私は自分なりにおしゃれして、たいしたもんじゃないけど手みやげも持参して、勇気を出して訪ねたのに、目の前で裸足で足ポリポリはないでしょう~
そのあとその方とは自然消滅でした。

今、そのことを思い出したのには理由がありまして。
人のことを言える立場ではない。
私も人から見て「それはないよなぁ」という行動を無意識にしていたのかも、と最近になって思い始めました。
たとえば、ですが・・・

【化粧】
あまり濃い化粧をしないし、そもそもやり方がよく分からない。
マスカラ、アイシャドー、アイライン等つけたことがない。
普段は下地塗ってファンデーションを塗りますが、基本、それだけ^^;
時間をかけて顔を作ったことがない。
口紅もつけますが、飲食をして落ちてしまうとそのままにしちゃったりする^^;

【服装】
メタボなもんで着られる服が少ないため、着たい服より着られる服が基準。
ブランドのスーツもバックも持ってない。
ほとんどがヨーカドーのLサイズ売り場で買ったものばかり。

【アクセサリー】
耳たぶが厚いためピアスの穴を開けるのに抵抗が^^; 
イヤリングは耳が痛くなるので普段はつけてません。誰かの結婚式に行くときくらい。
リングもいくつか持ってるけど、最近はしてないし、マニキュアもしなくなって久しいなぁ。
ペンダントも最近は万歩計を提げてるため、他のペンダントはしなくなりました。

【ヘアスタイル】
髪が多く伸ばすともさっとなるので、基本はショート。
肩よりも長く伸ばしたことは30代以降はありません。
色は真っ黒、一度ヘアダイで茶色にしたことがありましたが誰にも気づかれず。
パーマもかなり前にソバージュにしたことはありましたがそのときだけ。

・・・こうして我が身を振り返れば「おしゃれ」というよりは社会人のマナーとして、元々の顔がどうだろうと、もうちょっと化粧や身だしなみに気をつけないとなぁ。若い頃はともかく年をとったんだし。

私の場合は、そもそもメタボなのが問題なのでそれは引き続きダイエットを努力することとして・・・

人間は見た目じゃないのは言うまでもないのですが、ほら、CMであるでしょう?
「かっこ悪いのは白髪じゃなくて/白髪をほっておくその心」
化粧をしないのも、高い服を着ないのも、ポリシーとしてはあり。
かっこつけても仕方ないというのは確かではあるけれど。

見ていて気持ちがいい程度の身だしなみをする心遣いや配慮は、社会人として必要な「マナー」で、ありのままの自分にこだわる以前に、本当は一番大事なことだったのかもしれませぬ。
・・・って、いい年して今頃気づいたんかい(爆)
いや、昔は若いからで許されていたことが、許されなくなってきたってことか。

今更、目の周りに何かを施してパンダになろうとは思いませんが、周囲の方々に不快を与えないように、ちゃんとダイエットもして、化粧もして、来ている服のグレードも多少上げるよう努力するか。それこそもう20代、30代じゃないのだし。

人から自分がどう見られているかは、昔から気になる方だったんですが、その割によく見せようとする努力をしてこなかった、っていうのは我ながら矛盾してると思います。
でも世の中の男性も女性も、外見にコンプレックスを持っている人ほど、逆にノーメイクだったり、服装に気を遣っていなかったりするんですよね。
美しい人はより美しくなろうと化粧もするし、美しく装いもする。
自分がきれいではないと思っている人ほど、美しくなろうとすること自体をやめてしまう。
両極端にどうも振れてしまうようです

♪かっこわるいのは白髪じゃなくて・・・

うん、まさにそのとおり。結果として美しいかそうでないかはともかくとして「美しくいよう」とする心を忘れてはいけないんだよな。

そういやぁ、冒頭に書いた男性が言ってたなぁ。
「美人は心も美しい。そうでない人は性格もよくないことが多い」
・・・(苦笑)もしかしてそれって当時の私へのあてこすりでした?(全然気づいてなかった)
ウン十年気づくのが遅過ぎましたが、これからは心を入れ替えて、外見も中身もきれいでいるよう努力しよう。
私を振ったことを後悔させてやるぜぃ♪ なんつって~

|

« 優雅過ぎる休日 | Main | poem(88) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/48351020

Listed below are links to weblogs that reference ♪かっこ悪いのは白髪じゃなくて:

« 優雅過ぎる休日 | Main | poem(88) »