« poem(92) | Main | 貴志祐介「新世界より」 »

2011.02.07

poem(93)

「カメ」

子供の頃から健康だけが取り柄
女性らしいおしゃれや華やかさとは無縁で
その代わりといってはなんだけど
真面目で堅物なことには自信あり

翼はあっても飛ぶことはせずに
地面を地味にとぼとぼ歩く
だからいつも空を飛べる人に憧れた

飛ぶ勇気を持たない自分を
危険ばかりを並べたて
言い訳という理屈で守ってばかり
だから何も起こらない人生
これでいいのかな?

…でもね
飛ぶ前に風向きを読んだり
高さがどれくらいあるのかを考えたり
着地点を想像したりすること

それが足かせにもなるのだけど
「想像力」が私の翼
だからこそここまで歩いてこれたんだ

昔からのたとえをするならば
私はやっぱりウサギじゃなくてカメ

カメも歩き続けてやっと山の中腹
そりゃ空から見るよりは見劣りするんだろうけど
けっこうここからの景色もきれいだよ

いつか山のてっぺんに着いたら
そこでまたきみと会おう

空から見た景色がどんなに素敵か聞かせてよ
きみが力尽きて羽を休めるまでには
あの頂きでちゃんと待っているから


|

« poem(92) | Main | 貴志祐介「新世界より」 »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/50807118

Listed below are links to weblogs that reference poem(93):

« poem(92) | Main | 貴志祐介「新世界より」 »