« また風邪ひいた(>_<) | Main | 図書館は悪なのだろうか? »

2011.02.21

poem(94)

「カラゲンキ」

だってさ
落ち込んでいたって状況は変わらないし
物事なんて見ようによってどうにだってなるんだから
いいも悪いも一つのことの裏表
いい方だけ見ていればいいじゃないの

自分より恵まれた人をうらやんでも仕方ないし
自分より恵まれてない人を蔑むのはもっと最悪だし
自分は自分 人は人
好きなように生きていて
それに文句を言われることもないんだしね

毎日健康で
毎日元気で
毎日仕事があって
たまには友達とあっておしゃべり
それでなんの不足があるっていうの
(きみも元気でやっているんだし)

なのに世界中で自分が一番不幸だなんて
思っちゃうわけは分かってる
がんばってる私を
きみに見てもらえない、から

世界中で一番
ぜいたくな悩みだ

だけど
それが足りないだけで
毎日息が止まりそうで

何もかもが空っぽ
だからカラゲンキ


|

« また風邪ひいた(>_<) | Main | 図書館は悪なのだろうか? »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/50935959

Listed below are links to weblogs that reference poem(94):

« また風邪ひいた(>_<) | Main | 図書館は悪なのだろうか? »