« poem(94) | Main | poem(95) »

2011.02.25

図書館は悪なのだろうか?

図書館貸し出し猶予を…小説家が巻末にお願い

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110225-OYT1T00650.htm

本日の読売新聞のこの記事。図書館を愛する私にとっては、ものすごくショックな記事でした。

みなさんはどう思われるでしょうか?

いえ、見出しはまだ穏やかな表現なんですけど、記事中に書かれた作者の言葉はかなりきついものです。
引用しますね。

「このままでは、皆が卵(本)をただでもらううち、鶏(著者)はやせ細り、死んでしまう」

さしずめ、本は自分では買わない、いつも図書館で借りる私は、卵泥棒といったところでしょう。

私は子供のころから本が大好きで、近所の図書館には通い詰めていました。今まで図書館で借りてたくさんの本を読みました。
図書館に育てられた・・・図書館は私の親、いっても過言ではありますまい。

大人になってからも一人暮らしの狭い部屋、読みたい本を買っていたらあっという間に部屋は本でいっぱいになってしまう。なので、できるだけ本は図書館で借りるようにしています。

最近、さいたま市の図書館はインターネットで本を予約できるようになりましたし、さいたま市中の図書館の本が利用できるようになったこともあり、面白そうな本をネットで探しては、それを予約したりしています。

天童荒太の「悼む人」など、予約したときは1000人待ちくらいでしたが、1年以上も待ってやっと読めたときはうれしかったなぁ。

で。私はそういう自分の行為を恥じたことはありません。
待つことはやぶさかではない。
早く読みたければ本屋で買えばいいけど、「待つ」という負担を負って、1年先に読むのだから、ただのりとはわけが違うと思っていました。

でも作者の人は、こういう読者を「泥棒」だと思っているの?

・・・ちょっと違う話ですが、以前に「黒執事」というコミックの作者が、ネット上で違法に動画配信される自分のコミックを原作としたアニメについて、そういう動画を喜んでみる視聴者は泥棒であり犯罪者だ、というような批判をしたことがありました。

違法な動画配信は当然、許されないし、それを見る行為を堂々と喧伝してまわる輩は馬鹿者です。
しかし、一方で一部では、友人から録画したものを借りてみる行為なども批判されていて、私はそのあたりは微妙だなぁと思いました。

黒執事は深夜のアニメだったので、おそらく見たくてもみられない人も多く。
私は録画して見ていましたし、その録画を何度も自分で再生しました。。
おそらくアニメの制作者は本当はその作品が大好きならばDVDを買ってほしいのだと思います。
でも私はDVDはまったく買う気はありませんでした。

それもただのり?

もう一つ。
私は中島みゆきさんの音楽のファンでしてここ最近のアルバムは自分で購入しています。
しかし、古い時代のCDはもっていません。ほとんどレンタルで借りて聞きました。
夜会のDVDは一本だけ持っていますが、全巻そろえるほどお金も場所もないので、レンタルで借りたり、友人に借りたりしています。

でも・・・CDをレンタルしたり、DVDを借りて見たりすることは作者への冒涜なの?

ここに挙げた3つの例はそれぞれたぶん違う論点をもつものだと思うので、いったん図書館に戻りましょう。

「図書館が本を無料で貸し出す行為が作者の利益を阻害している。」

これをどう思いますか? 皆様。

私は「悼む人」を図書館で借りて読みました。感動しました。でもたぶん、自分で買うのなら・・・・買わなかったし、読まなかっただろうと思います。

私はずっと図書館の本というのは、本屋に並ぶだけでは、手にとることもない人たちに名作を手にとらせる機会を与える存在だと思ってきました。

私が作者だったら、無料でも自分の本がたくさんの人たちに読んでもらえることがうれしいとも思います。

でも、作者はプロなのだから。自分の作品を提供するにあたっては正当な対価を要求する。

これも言われてみれば実はもっともな話。

記事によると作者は自分の本に44人もの予約が入っていることを見て、貸し出し猶予を訴えることにしたのだとか。
44人ねぇ。その人たちがそしたら自分の本を買ってくれると思っているのかしら?

端的に言えば、私は貸し出し猶予はしてもかまわないかと思います。しかし、それが作者の利益につながるとはあまり思えない。逆にいえば図書館の行為が作者の利益を阻害しているとも思えない。

図書館に新作やベストセラーが並ばなくなれば、私はそういうものは読まないだけです。仕方ないです。ないんだもの。だからって、本屋で買おうとは思わない。

図書館にあれば読みたいと思う。それが泥棒なの?

私はもちろん優れた作品を生み出す作者を尊敬しています。
でも、俺が作った作品で楽しむなら対価を払え、と言われると・・・いやもちろんみゆきさんのCDは買いますよ。
本当に欲しければ買いますが。

まあ、図書館は、確かに少し自重すべきかもしれませんね。
新しい本をじゃんじゃん購入して、予算を使い、利用者を増やすことだけが善っていう考え方そのものが、いかにもお役人的という感じがします。
何のための図書館なのか、もう一度、しっかり、考えるべきなのかもしれません。

子供がどっさり絵本を借りていくならまだしも・・・ああ、でも年金暮らしのおじいちゃんに流行のベストセラーを読ませてあげたい気もするし・・・微妙ーーーーーー!!!

こういう話はいろんな論点があってしかるべきだと思います。
作者が一石を投じた行為が、いろいろな議論の始まりになればいいのかもしれませんね。

でも私はこの作者、あまり知らないし、たぶん買って読まないだろうと思います。図書館にあれば・・・読んじゃうかもなぁ(こらこら)。

|

« poem(94) | Main | poem(95) »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

ファンなら買うべきだと思います。
BUBIさんの考えも分かりますが、作者の言い分も分かります。年収100万にも満たないなんてやってられません。
貸し出しに応じて作者の収入も増えるような仕組みが作られるといいですね。

Posted by: ふきれ | 2011.02.25 at 23:35

図書館では、CDやDVDは権利付きで高く購入しているそうです。私がよく利用する豊島区の中央図書館にそう書いてありました。
図書館が、たとえば十倍くらいの価格で書籍も購入してあげればいいと、私は本気でそう思います。
悼む人は、ブックオフで半額で買ったことを思うと、私にも本音と建て前はあるんですが、作家が本を出したくなるくらいの売り上げはどこかで担保しないといけないんだろうな、と思いました。貴重な問題提起、ありがとうございます。

Posted by: 八歩 | 2011.02.26 at 01:00

最初の方もおっしゃられているように、
これは、作者側の収入に響いてきますね。

ちなみに、レンタルショップの場合は、
レンタルショップで、著作権に関する料金を支払っていて、
それらの費用もレンタル料に含まれているので、
これは、なんら、制作者への冒涜ではありません。

さて、図書館ですが…。
図書館は、どうして無料で本を貸せるんだろう?
不思議です。
制作側から考えたら、
安くてもお金とっていいと思うんだけど、
たぶん図書館が「公共施設」だからでしょうね。
なので、図書館が小説とか雑誌を置くからいけないのかも。
高くて手の届かない専門書とか、
絶版しちゃった作品とか、
滅多に売ってないようなそういう本を置いていれば、
問題ないんでしょうけども。

さて。
チェッカーズのメンバーが、
「ファンなら聞かなくてもいい、買ってくれ」
って冗談で言ってたことがあります。
フミヤは別の言い方で、
「僕たちはみんなのヒモだ。食わせてくれてありがとう」
と言ってました。

本や、著作物を買うということは、そういうことです。
なので、最初の方もおっしゃってるように、
やっぱり、ファンなら買うべきです。

Posted by: Maco | 2011.02.26 at 09:01

連投失礼します。
「ただのり」と言う言葉があったので、ちょっと視点を変えて。

私も、
「図書館で借りてなら読むけど、買ってまでは読まない」
そういう本、いっぱいありますよ。
今は近くに図書館がないので、
決まった作家の本しか読まなくなりました。

でも、作者にとっては、
読まれていない本にお金が払われないのは、当然のことです。
問題なのは、
「読まれているのに、お金が払われない」ことですよね。

本に限らず、「無料ならやるけど」って、いっぱいあると思いません?
女性なら、エステとかが代表的かな?
エステは1回無料にしたら、リピーターが生まれる可能性はあります。

本だって、そう。
最初は分からないけど、1冊無料で読んだら、
読む前と、読んだ後で、作家に対する評価が変わることはあります。

でも、エステは、何度も無料で通えないけど、
本は、図書館にある限り、無料で借り続けられます。
作者側が、「最初の1冊だけ」とか、制限できないんですよね。

同じ商売なのに、図書館のせいで売り上げが上がらないなら、
確かに少しは問題点があるのかもしれません。

Posted by: Maco | 2011.02.26 at 09:10

みなさん、コメントありがとうございます~

>ふきれ様

おそらく小説の作者というのは、基本的には小説を書くだけでは生活していけないのだろうなぁと思います。
それを出版社が本にする前に小説誌などに載せて、原稿料を作者に払う。それがメインの収入源なのではないかと。
だから、小説そのものではなく、小説がヒットしたことによって名前が売れれば、エッセイとかを書いて雑誌に載せてその原稿料を収入とする。
または講演会などに呼ばれて講演をすればそれも収入になる。
本の印税なんて、実はあまり・・・いや、そこは作者の人にちゃんと聞かないと分かりませんが。

寡作の人とかはどうなんだろうとちょっと思います。
小野不由美なんか、普段はどうやって食べてるんだろう。屍鬼のコミック化やアニメ化で多少、収入になったかなぁ? 案外、普段は普通に会社勤めしてたりするんじゃないのかなぁ?

>八歩さん

図書館が本を10倍くらいの値段で買うことになったら、さいたま市の財源の内、図書館の予算がものすごい膨大になります。そんなわけにはいかないから図書館には古い本しかなくなるんだろうなぁ。

でもそれならそれでいいのかも。
私が子供のころ、図書館に通い詰めていたときは、新刊を予約するなんていう発想はほとんどありませんでしたし。

一つ、考えたのは、私は新刊を自分で買うと、その後の置き場所に困るので、図書館は、自分で本は買わないで、市民からそういう余った本を譲り受けることで、やっていけばいいのではないかと。
そうすれば予算も少なくて済むしな~

>Macoさん

「聞かなくてもいい、買ってくれ」
って思い切ったフレーズですね~。
でもそれだけに真実をついているような気がします。

たとえば私が中島みゆきさんの夜会のDVDを買わない最大の原因は、買っても置き場所がないからだったりします。
みゆきさんは、私がDVDを買って、置き場所がないから1回見たらすぐに燃えないゴミに出したしてもそれでもDVD、買ってほしいかなぁ・・・

真面目な話、場所がない。
購入したCDだってもう相当の本数になってきて、実際はそれって、ウォークマンに落として聴いているわけですから、めったにCDそのものを聞くこともない。

もし作った人への報酬として、利益を享受している消費者である私が、なにがしかの負担をする必要があるなら、当然、応じたいという思いはあります。
中島みゆきさんにだって、天童荒太さんにだって、小野不由美さんにだって、とっても感謝しています。
でも・・・ごめん、ほんとに場所がないの~
ハードカバーなんて買えないよぉ~

作者の人たちはこれでも勘弁してくれないかなぁ^^;

Posted by: BUBI | 2011.02.26 at 15:10

これって、つまり収入の問題なんですよね。
それならカラオケみたいに、読まれた回数を金銭に変えたらいいんじゃないでしょうか。
それを図書館が負担するのか、それとも利用者が負担するのかは決めなきゃいけないですが。

また、作家さんによっては、それが必要じゃない人もいるでしょうから、無料の本と有料の本ができるかもしれないですね。

わたしは、BUBIさんと同じで本はできるだけ買わないようにしています。置くところがないから。無料という点が重要なのではなく、捨てなくてもいいというところが重要です。だから図書館で有料で借りれるなら、それでもわたしは構いませんけどね。読みたい本なら、有料でも借りると思います。

図書館がなくなればますます活字離れはすすんでしまうと思いますし、それでは元も子もないですね。
レンタルDVDみたいに、新作と旧作の扱いをわけて、新刊は置かないようにするのが妥当な策のように思います。

Posted by: とと | 2011.02.26 at 16:40

ゴミに出さなくても、売れば良いと思いますよ。
ちなみに私もタダなら読むけど、お金出してまでは読まない本はたくさんあります。漫画がそうです。立ち読みはするけど本を買うほどじゃない。外食の時に読むけど、置いてない店には行かない。
それらは私にとって、それなりに好きだけどファンにはなってないってことかな。無くなっても構わないものなので。

その逆もあって、例えば義行先生の格言講座はHPでタダで見ることができるけど、ファンなので本を購入しています。

日本はもっと優秀な人の待遇を手厚くして欲しいと思ってます。働かずに生活保護受けてる方が年収が多いかも。プロなのに副収入を稼がないと生活できないなんて間違ってると思います。

Posted by: ふきれ | 2011.02.26 at 16:51

僕は図書館好きです。心から感謝しています。
図書館がある国、図書館がある町、図書館のある学校。
素敵じゃないですか。
本だけはそれだけ社会的価値が世界中で認められている。お願いですから、図書館は残してください。

でも、図書館におかないことを著者の選択可能な権利として認めることはあってもいいかもしれません。
この本は「買って読むことしかできません。」
「他人に貸してはいけません。」、少し悲しいですが。

Posted by: しぐ | 2011.02.26 at 20:35

>ととさん

そう、捨てなくてもいい、というところが重要ですよね。新作は有料に・・・というのは図書館の見直しとして私もありだと思います。
ところでマンガ喫茶は、購入代金のほかに、漫画を貸し出す際に何かお金を払っているのだろうかとふと思いました。

>ふきれさん
>ゴミに出さなくても、売れば良いと思いますよ。

ブックオフに古本が出回ることの方が以前、問題になっていたような。
中古が出回り、それを買って楽しむ人がいるのでは同じことなのではないでしょうか。

「優秀な人の待遇を手厚くして欲しい。働かずに生活保護受けてる方が年収が多い」
これについては、具体例についての知識がないので、うっかり、うなずくことができません。
個々の事例では確かにそういうことがあるかもしれませんが、一般論として語るのはちょっと危険な気もします。ふきれさんのご意見として受け止めさせていただきます。

>しぐさん

この記事の作者も図書館をなくせと言いたいわけではないでしょうね。

おっしゃるとおり、
「図書館におかないことを著者の選択可能な権利として認める」
これはありだと思います。

「図書館には置かない」

でもあなたの書いたものを読みたい。
そう思わせるだけの作品を世に送り出せるかどうか。
作者の力量が問われることになります。

実際のところ全国の図書館がベストセラー本を大量購入すれば、本の売り上げにはなっているわけで。
図書館が買うことを許さない、ということをやってみて、本当に作者の収入が上がるのかどうか・・・

私は実はそれが一番の疑問なのです。図書館のせいにしているけど、本質的な問題はそこではないのではなかろうか?と。

Posted by: BUBI | 2011.02.27 at 12:55

うちの自治体は一回に15冊借りることができ、おそらく日本一なのでは?おかげで、子供の年間の本を読む冊数が日本一です。以前住んでいたあたりは6冊、4冊でしたし。。。
うちの義父は、昔から「図書館は悪だ」といっており、とはいえ、自分も読書家で図書館で借りてくるものの、ネットが年齢のせいか、使えないので、「ネットで予約するのが悪だ」と言っています。
かくいう私は、子供の本も、新作は図書館でまず借りてみています。あと図鑑なども。みてから購入したいので(本屋でも見本が1冊おいてある場合もありますが)。
読書感想の課題図書も、何冊か子供と読んでみて、書けそうな気にいったのだけ購入です。とはいえ、夏休みの課題図書の順番待ちはハンパないですが(夏休み後に順番がまわってくることもあり)。
最近は小学校と市の図書館が連携している地域もできてきて、市の所蔵図書が、自分の小学校で借りれる自治体も出てきました。
便利な世の中になりつつあるので、私としては、子供のためにも、図書館は今の存在でいてほしいのですが。。。。
もちろん、自分のためにも、です。
「図書館においてほしくない」という著者がたくさんでてきても、それはそれで仕方ないのかもな、とも思いますが。
ちなみに、新作、旧作の案で思い出しましたが、うちの図書館、CDやDVDも借りられますが、発売してから半年後からしか、購入できませんし(そんなルールがあるみたい)、たしか、「図書館で貸出できません」みたいなCDやDVDもあったとおもいます。以前、図書館に問い合わせたところ、「このDVDは無理なんです」といわれたことがあります(すべて子供向けCD,DVDですが)。

Posted by: ちゃい | 2011.02.28 at 21:24

 問題は、「図書館がベストセラーを大量購入して貸し出す現状」にあるのだと思います。僕はそのことを知りませんでしたが、事実なら賛成できません。

 読みたければ買えばいいのです。お金や置き場所がないなら、BUBIさんのように順番を待てばいい。その順番待ちを嫌がる人のために大量購入、というのはどっちもどっちという感じがします。

 図書館は、市民の読書や勉強のための施設で、ベストセラーを無料で読ませるためにあるのではないと思います。また、良書をそろえるのが当然で、ベストセラーが良書とは限りません。

 そんなわけで、細かいことはさておき、基本的にはこの作家を支持します。

Posted by: 春海 | 2011.03.08 at 20:52

>ちゃいさん

お義父さんはなかなか卓見ですね。
図書館は最新刊をそろえておく必要ってないのかもなぁとこの記事を読んで思いました。
最新刊がどれくらいの期間までを想定するかですけどもね・・・

あと子供はどんどん図書館を利用していいと思います。大人にはルールを作る必要があるかもしれませんね。

>春海さん

この作者の行動をきっかけに、図書館がルール作りを検討してもいいのかもしれません。

でも記事でもコメントでも書いたように・・・

図書館が貸し出さなければ、読みたい人は本当にその人の本を買うのだろうか?

そこにこの作者の誤解というか、驕りというか・・・
私はなんとなくそういう見方をしてしまうのですよ。

俺の書いたものを読みたいなら金を払え、か。
もっともな言い分ではありますが、そう言われると意地でも読むもんかとか思っちゃったりして~

Posted by: BUBI | 2011.03.08 at 22:32

図書館で借りられなければ買うかどうかは、まさに作品の質によるでしょう。この作家には自信がありそうですが、それが驕りかどうかは結果でしかわかりません。ただ、本の末尾に書くということは、それなりの覚悟を持っているのだろうと思います。

Posted by: 春海 | 2011.03.09 at 08:40

圖畫館を廃止せよ,といふことになりさうですね。

Posted by: Akio | 2011.03.09 at 14:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/50968684

Listed below are links to weblogs that reference 図書館は悪なのだろうか?:

« poem(94) | Main | poem(95) »