« 2011GW5日目~7日目 | Main | 自分の中の他人~ブラック・スワン~ »

2011.05.15

さよなら、東京 さらば、遠き日

4月いっぱいで、二年の都内勤務を終え、元々の所属のさいたまに戻ることとなりました。

通勤時間は1時間から30分に変わるのですが、たかが30分、たいしたことないと思っていました。

が。

やっぱり全然違うな^^;

まったく時間のロスがない感じです。都内から帰ってくるときは1万歩歩くのもあっていろいろ寄り道もしていたし。
ちょっと人生が長くなった気分です。

都内で勤務していたところは何千人という人が働いている本社。さいたまは支局、なので400人くらいしか人がいません。1/10の規模なんですよね。

廊下を歩くと知ってる人ばかりなのがさいたま。
知らない人ばかりなのが都内。

この違いも心理的にかなり大きいです。不思議だなぁ。


2年前、さいたまを出て、いわば初めての転勤。
誰も知らないところに一人で向かうのは、未知の不安と緊張の中でどきどきしていました。自分がそこで何ができるのだろうと。

そして2年間、どうにかやってきて・・・少しは役に立ったのかなぁ、私。いろんな人と出会い、いろんな人にお世話になり、ついでに都内、いろんなところを歩いて周りました。

もともとが千葉や埼玉の出身で、東京の憧れはほとんどなかったんですけど、日比谷公園をウォーキングして、皇居のお堀端を通り、丸の内を東京駅方面に歩いていると、なんとなく・・・笑わないでくださいね。

「もしかしたら、私の人生って今がピークかもなぁ」

なーんて思いましたよ(苦笑)。

もともとちょっぴり人付き合いが苦手な私にとって、知らない人がたくさんいて、だからこそ私でも存在が許されて、ほどほどの緑があり、ちょっぴりの水辺があり、ふとみると歴史的な建物とおしゃれなビルが同居していて、歩き疲れてもすぐに電車の駅があるような、東京という場所は、意外に性に合った場所だったような気がします。

ま、もちろんさいたまも好きですけどね。
そしてこの先、どこへ流れていくことがあっても、それはそれで好きになれる自信はあるのですが。

さよなら、東京。

そして・・・

うん、なんとなく、さいたまに戻ってきて連休を挟んで1週間ほど働いてみると、なんだか、ほけっとしてしまう私です。
これから、またどうしようかな。

折も折、湯山玲子さんの「四十路越え!」などを読んでいます。

(引用開始)
40歳からの毎年の方が、このときはこれをやった、というような自覚的な行動が多いのです。たとえて言うならば、20、30代は同じように忙しかったのですが、ひとつひとつがバラバラで中心に自分がいない感じ。対して、40代のそれらは、すべてに自分の刻印が押され、成し遂げたものや経験に自分の心が入っている、という感じでしょうか。
(引用終わり)

40代からが自分の人生の本番なのだな~と思ったりしました。
どう選び、どう動くか。すべては自分の選択にある。その自由こそ、長いこと、私の核にあったものでした。

どこにいこうと、誰と出会おうと、この心と体一つを持って、歩いていく。

またこれからもがんばります。・・・さらば、遠き日。

|

« 2011GW5日目~7日目 | Main | 自分の中の他人~ブラック・スワン~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/51680750

Listed below are links to weblogs that reference さよなら、東京 さらば、遠き日:

« 2011GW5日目~7日目 | Main | 自分の中の他人~ブラック・スワン~ »