« 「普通の家族がいちばん怖い」 | Main | こういう映画が好き~「魔法使いの弟子」~ »

2012.02.10

poem(99)

「タミフル」

その薬を飲むと不思議な夢を見るという

もうとうの昔に亡くなった母が当たり前にいて
昔飼っていた猫が一緒の布団で丸くなる

誰も訪れる予定はないのに
インターホンが何度も鳴った気がしたし
誰も番号を知らないはずの電話も鳴っていた

キッチンの蛇口からは水がぽたぽた垂れて
何度締めに行っても
締めた途端に
自分の体が布団から1mmも出ていないのに気付く

・・・
そんな日々を何日か経て
熱はやがて下がる
おやおや
この部屋にいるのは私だけ

不思議だね
夢の中の方が
私は一人じゃない、なんて

|

« 「普通の家族がいちばん怖い」 | Main | こういう映画が好き~「魔法使いの弟子」~ »

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/53950147

Listed below are links to weblogs that reference poem(99):

« 「普通の家族がいちばん怖い」 | Main | こういう映画が好き~「魔法使いの弟子」~ »