« 「最高の離婚」最終話~結局のところ~ | Main | 売春はなぜいけないか? »

2013.04.21

ランチ革命

Dcim0016_2 皆様、お久しぶりです。久々のブログ更新です。
 ツイッターやダイエットダイアリーやmixi、goxiなどには、いつも顔を出しているのですが、最近、ブログは、あまり更新しなくなってしまってすみません。でもここも私の大事な記録場所の一つです。また旅行に行ったとき、面白いドラマや映画を見て、どうしても語りたくなってしまったときは、ここにいろいろと綴りますので、たまに覗いてくださいね。

 実は4月から、一つ新しく始めたことがあります。それが「弁当女子」。

 きっかけは3月31日に立花岳志さんという方のセミナーを聞きにいったこと、なんですが、この方、「iPhoneダイエット」という本を出されていて、自ら105キロから80キロへ減量されました。
 セミナーで「使用前」「使用後」ではないですが、ダイエット前後の写真を見せてもらうと別人のようです。
 ダイエットにチャレンジする男性って、スイッチが入ると劇的に変わる人が多いのですが、この方もすごい・・・

 一般に女性の方がダイエットには失敗する確率が高い。
 女性の場合は、ホルモンの関係で、男性のようにスルスルと体重が落ちてくれず、停滞期などがあるので、それでくじけてしまうことが多いと言われています。

 まあ、そうは言ってもね。

 女性だからしょうがないんだ、という言うには、私はかなり体重が多めの上、コレステロールも高いし、最近は血 圧も心配なので、このブログでも何度もダイエットにはいろいろと挑戦してきました。万年ダイエッターです。しかしなかなか成功はしません。

 立花さんのセミナーは、「ダイエット」のセミナーではありません。変わりたいのに変われない人に贈るセミナー。 なぜ人は変われないのか、どうしたら変われるのか?というセミナーで、もちろんダイエットに限った話では、ありませんでした。

 私はおおむね、自分の生きたいように自由に生きていて、人生のほとんどを自分の選択で、歩いてきていて後悔はないのでその点はよいのですけど、ダイエットだけはね。自分の思うとおりになれてないんだよなぁ。

 いくつか思い当たる原因はあるのですが、変わりたいのに変われないのは心理的な要因も強く。
 まずは、自分は変われるのだと信じないことには始まりません。

 今までも何度もダイエットに失敗してきた・・・だから今回も失敗するだろう、ではだめ。
 過去の失敗と、今の自分とは分けて考える。

 そういう考え方のこつ、発想の転換・・・それが本当に「変わる」ための鍵なのだと、立花さんは言うわけです。

 ということで、始めました。私の場合は、まず立花さんの本で一番、私にできることから。
 それが「ランチ革命」です。ランチでの外食を断ちお弁当をもっていくこと。

 これねぇ、たがかお弁当なんですけど、されど、お弁当なんです。
 私にとって「お弁当」って、トラウマの一つだったんですよね。

 このブログには何回か書いたことがあるのですが、私が中学生の頃、私の母は躁鬱病を患っておりまして、うつの時はまったく家事ができない状況でした。
 今は中学も給食のところが多いようですが、当時は中学はお弁当だったので、しょうがなく、私は自分でお弁当を作っていました。

 しかし、これがもう面倒でねーーーーーーーー。

 5日間の内、3日持っていければいい方で。あとは、当時、やっと普及し始めたコンビニエンスストアでおにぎりを買っていく日々。
 ついでにいえば、高校の時も給食じゃなかったので、同じようにパンやおにぎりを買って食べていたんだと思います。もうほとんど覚えていないけど。

 覚えていないけれど、トラウマだけは残っているわけですよ。「私はお弁当を作ってもらえなかった」ということが。

 立花さんのセミナーでも、そういう・・・
「私は○○したかったのに、周囲の人たち(親の場合が多いですな)にそれを許してもらえずやむなく××だった」
 みたいなことが、いかに人生に影を落としているか、という話が出てきていました。
 私のお弁当の例に限らず、一つ一つはトラウマと騒ぎ立てるほどたいしたことじゃないはずなのに、です。
 人間って不思議なものですね。

 目的はダイエットのためですが、私は、自分を変える証明のために、3月31日にセミナーを聴いて、その日に新しいお弁当箱を買って、翌日からお弁当生活を始めました。

 心がけたのは、なるべく、楽をすること。継続第一。ノン調理、です。
 今はお弁当のおかずなんて、いくらでも簡単なものが出ています。詰めるだけ。それだけでいいものもたくさんあります。

 そうして、始まった弁当女子生活。月~金までの5日間のうち、1日だけは外食デーを作って、あとはお弁当持参。
 とりあえず三週間、無事に続いています。

 意外だったのは、中学時代にあんなにつらかったのに、今はとても楽なこと。明日は何にしようか、考えるのが面白いくらい。
 そして、お弁当を持っていくと余ったおかずやごはんが夕飯にまわっていくので、夕飯も外食や出来合いのお弁当を買ってきてしまうことがなくなる。自炊率が増える。
 そのせいで、1日の摂取カロリーが激減し、ダイエットもうまく回りそうな感じになってきました。

 何より・・・「お弁当を作ってもらえなかった」トラウマが克服できたみたい。私は私にちゃんと作れるようになったのだから、もう恨みっこなしですよ。うん。

 毎日、お弁当を作ると必ずツイッターには写真を載せています。ツイッターの名前は「BUBI_SAN」ですので、もし、見てみたい方はのぞいてみてください。
 明日からもがんばります♪

・・・トラウマか・・・

 人はいくつになっても変われる。そう信じましょう。

|

« 「最高の離婚」最終話~結局のところ~ | Main | 売春はなぜいけないか? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/57219308

Listed below are links to weblogs that reference ランチ革命:

« 「最高の離婚」最終話~結局のところ~ | Main | 売春はなぜいけないか? »