« エリカの花言葉 | Main | Toshi Yoroizuka2013 »

2013.06.10

poem(101)

「もう一度」

この夜空をきみも見上げているだろうか
それとももう夢の中だろうか

生きることが苦しくなるほど人生が長くないことが
救いだと思える日が自分に来るとは思わなかった
この苦しみは長くは続かないだろう

息が止まりそうな昼も
眠れない夜も
きみを思うことでもうしばらくは元気でいられる
いつだってあの日に還れる
そうやって最期の日まで
私は生きていく

願わくはきみの眠りが
この夜も安らかでありますように

そしていつかもう一度
夢の中でいい
きみに会えますように

|

« エリカの花言葉 | Main | Toshi Yoroizuka2013 »

「恋愛」カテゴリの記事

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/57566295

Listed below are links to weblogs that reference poem(101):

« エリカの花言葉 | Main | Toshi Yoroizuka2013 »