« お弁当を食べながら | Main | あなたは望んで大人になりましたか ~「図書室のネヴァジスタ」(ネタバレあり)~ »

2013.12.22

poem(102)

「0(ゼロ)」

この世界に永遠に壊れないものなんてない
生きている限り 私たちは
何かを得たら それを失うことを繰り返す

でも それをどうか恐れないで

もともと私たちは何も持たずに生まれた
そこから一つ一つ 自分の力で
知恵も 思い出も 友人も 暮らしも
いろいろなものを
積み上げてきたんでしょう?

壊れたらまた作ればいいよ

失うことを恐れたらそこから前に進めなくなる
生きていくことがつらくなる

また0から始めよう
新しい場所で
新しい時代へ
新しい出会いと
大切な友とともに

|

« お弁当を食べながら | Main | あなたは望んで大人になりましたか ~「図書室のネヴァジスタ」(ネタバレあり)~ »

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/58800937

Listed below are links to weblogs that reference poem(102):

« お弁当を食べながら | Main | あなたは望んで大人になりましたか ~「図書室のネヴァジスタ」(ネタバレあり)~ »